ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ミラクルが起こった?
5月中のFFGの公式HPの記事はありませんでした(4ヶ月連続)。
さすがの公式といえども、もう5年近く前に発売されたゲームに関して、あらたなネタを投下することは難しいんでしょうね……(遠い目)

ところで、
ボドゲーマ
というサイトをみかけました。
いろいろなボードゲームのレビューとかが載ってるようです。
で、私は当然「ディセント」で検索をかけるわけですよ………所有者少ないなぁ。

ディセント初版で15人(★印の数)。初版の拡張なんて4人くらいしか持ってません。
第2版になるとぐっと増えて52人。それでも第2版の拡張になると14人とか7人になり、コンバージョンキットになるとたったの2人。
まあ実際には登録してない人(含むkita)もいるから、実際にディセント初版を持ってる日本人全員ではないのでしょうけれど、やはり少ないなぁ、という感じがします。

ちなみに私の記憶している範囲で(以前blogに書いたような気がしますが)、ディセント初版と拡張(暗黒の深淵、絶望の祭壇、氷の墓地)を持っている香川県の人間は3人(kita、伍楽さん、Golemさん)で4セット(私が2セット持ってます)。香川県内でディセント初版を遊んだ人、となると、弊サークルの遊会に参加してくださった方や、E.G.G.やSGWで私が立卓した際に遊んでくださった方になりますので、10人以上はいるかな~。20人もはいない気がしますね。リピーターは数が少ない(数人)です。皆さん1回参加したらお腹いっぱいなんでしょうか?(涙

とはいえ弊サークルはディセント(初版)を遊ぶ会ですので、その活動がメインです。もう10年以上になります。
今後も(頻度はともかく)引き続き遊んでいきたいと思いますので、お付き合いいただける方、よろしくお願いいたします。

で、最近遊んだ中で見つけたネタ。死せるヴァリカス(?)です。
死せるヴァリカス?

JitD#7を英雄2人で勝利するにはどのくらい頑張れば良いか、という命題に対し、
・英雄を選択(ランダムではなく)
・スキルを選択(ランダムではなく)
ということで今回、
シルエット:Eagle Eye、Rapid Fire、Skilled
魔法戦士イェーズ:Leadership、Boggs the rat、Sharr the Brightwing
クエストの攻略順は以前に書いたとおり、Area1→6→3→4→7→5。
たまたま偉業カードの引きが良かったということもあって、なんとか英雄側が勝利しました。
いやぁ、やっぱりCarried By Airは強いわ。あそこで一気の突破が無いとキツかった気がします。



ん? ということはこちらでは禁止カード(スキルカードとして採用しないカード)にしている
Acrobatを入れれば英雄側は勝利しやすい、ということですか?
Zyla(ザイラ)最強ということですね。

う~む……複雑な心境ですね。

ところで
これ、JitD#7のエリア5なんですが、
JitD#7_Area5

ノーマルレイザーウィングって6体もいましたっけ?
(私は4体しか持って無いんです。皆さんはいかがですか?)

あと

(勝利条件の)井戸ってどれ?

っていうのがちょっと引っかかりました。英雄が勝利するためには、エリア5内の井戸に隣接する必要があるのですが、穴区画2つとその後ろの水区画のどれが井戸(Well)だ? という話がちょっとでました。とりあえず今回は水区画にしました。

こんどは私がオーバーロードでやってみたいですね。いつになるか(農作業が本番を迎えるので)わかりませんが。
また掲示板にて告知しますので、できましたらお付き合いいただけますようお願いいたします(ぺこ)

そしたら!

つらつらと雑感
4月中のFFGの公式HPの記事はありませんでした(3ヶ月連続)。

ゴールデンウィーク中はちょっと私事でばたばたしており、ディセントを遊ぶ余裕がありませんでした。
実家の農作業とかログハウスの壁塗りとか用水路の清掃作業とか……
唯一遊んだといえば、5/6に「マチ★アソビ」に行ったくらい。
春に開催された「ぷち★アソビ」にもあった「おへんろ。八十八ヶ所スタンプラリー」が今回もあったので、春とは逆に
順打ちで結願させていただきました。のんびり歩いて(休憩時間を考えなければ)だいたい4時間くらいで終わります。
残念ながら春とは異なり人出が多いので、スタンプを置いていただいているお店の方との
交流(お接待を受ける)はかなり少なめでしたが、個人的に春にスタンプを押せなかった唯一の箇所
(36番)も廻ることができて、春に使用したスタンプラリーの用紙にもそのスタンプを押せたので満足です。
徳島のお土産を買ったのに廻ってる途中で無くしてしまったのが心残りですが(涙

あと「ぷち★アソビ」にはあった「囲碁将棋コーナー」は無かったようでした。
まあ「マチ★アソビ」は県外からのアニメに情熱を注いでいる方々がすさまじく多くいらっしゃるイベントですので、
「ぷち★アソビ」ほどの「のんびり感」が無く、遊んでいただけるかどうか微妙だったのかもしれず、
出展しなかったのではないか、と私は思っています。「徳島囲碁」さんがこの時期忙しいだけだったのかもしれませんが。
ボードゲームコーナーをこういうイベントに出す、というのは運営がなかなか大変なような気がするので、
ボランティア精神あふれる徳島の方の出展を期待するのは難しいだろうなぁ、と思ったり。
ただ今回スタンプラリーをやっている親子連れとかちっちゃな子とかもいらっしゃったので、アニメに情熱を注いでいる方々向け
だけではなく、地元の方々が楽しく遊べるイベントも商店街とかで増えると良いなぁ、と私は思います。

って、ディセント全然関係無いですね。失礼しました。
実は4月中には何回かGolemさん親子とプレイさせていただいたのですが、相変わらずJitD#7を英雄2人で
どうすればクリアできるのか、をいろいろ試していたため、記事にするほどのことでもなく。

JitD#7「The Black Blade」では
『本当はこうするつもりじゃなかったんだけど、もうこのままいっちゃえ、で押し切った、本当は間違ってる部分』が
2つはあるのではないかと思っています。でないとホント英雄側にとっては難しい。

・Soulbiterの能力(封印が全く壊されていない場合):近接→遠距離
・エリア4:なし→銀の宝あり

英雄側から見た攻略としては、
開始エリア→エリア1→エリア6→エリア3→エリア7→エリア5
の順で進軍していくのが良いのではないかと。
いかに素早くSoulbiterの封印4つを解除するかが攻略の鍵となるのではないかと思っています。

また話を変えますが、Twitterで「ディセント」で検索をかけているのですが、困っています。
すべてのツイートで検索した時に
英単語の「descent」が本文中にあるツイートがひっかかるのはまだ許しますが、ユーザー名に
英単語の「descent」を含んでいるツイートが全て表示されてしますのです。これ、なんとかなりませんかね。
高度な検索、でもユーザー名を排除するような検索は出来ないようですし……
本当に欲しい情報(ツイート)が得られなくなるのはちと辛いものがあります。
Yahooのリアルタイム検索では、最近1ヶ月のツイートのみなので、昔のツイートを見返すことができないんです。
Twitterの検索なんだから最近のだけでええやん、と言われたらそれまでですが(汗

さて、そんななか、【friendsjp】(@friendsjp22061)さんというアカウントでディセント初版が遊ばれているのを
見つけました。これとかこれですね。
写真を拝見するにクエストはJitD#1。完全日本語版だけで、拡張は入れていないように見受けられます。
5/2のクエストマップがちょっと違いますが(汗

で、このアカウントを見ると……さ、札幌ですが(滝汗 香川からはなかなかに遠いですね。
飛行機でも直行便はありません。ジェットスターの高松-成田ー札幌で早めに予約して行くのが
金銭的にお得なのではないかと思いますが、それでもなかなかのお値段。少なくとも1泊は札幌で
しなきゃいけないし、拡張全部入りのセットを持って行くのは大変だし……先に郵送か?



って、つい行くこと前提で考えてしまった(汗 行っても相手にされない(立卓しない)とかあるのに。
きっと掲示板に札幌の方(かずひさん)がいろいろ書き込んでくださったからその影響ですね。

さて、雑記で長々書いてしまった(しかも1/3以上ディセントに関係の無い話)のでこの辺で。
そしたら!

ディセント第2版(英語版)の公式FAQを更新しました
公式HP(FFG)の記事は、最新は1月のままで、今月も新しいニュースはありませんでした。

kitaの方では、ぼちぼちとディセント(初版)をプレイしています。まあメンツはほぼ固定ですが(汗
この間なんて、12時間ほどたっぷりとプレイさせていただきました(途中休憩入れてます)。
いやぁ、やっぱり楽しいですね。同じクエストでもいろいろ英雄を変えたりスキルを変えたりして試せるのが良いです。
直前(数日前)の案内にはなることが多いのですが、掲示板の方に遊会を行う場合には記載してますので、興味のある方はkitaまでご連絡いただければ幸いです。

さて、表題の件。すさまじく久々にD2E(ディセント第2版英語版)の公式FAQを最新版に更新しました
こちらをご確認ください。
このFAQが出たのが2016/1/18。そこから1年以上経ってしまって申し訳ありません。
しかもVer1.0から今まで全く更新してなくて、それも申し訳ありません。
だって、うちでは初版しかプレイしないもん……

同じページの中に全ての拡張のFAQとかエラッタが全部入ってるので見づらいとは思いますが、第2版を遊んでる方はご確認されるのが良いのではないかと思います。カード名などは英語のままなのですが、そこは雰囲気で察していただければと(汗
COOPERATIVE ADVENTURESとかHero and Monster collectionsのエラッタ、FAQも入ってますよ。
もし訳の間違いとかありましたらkitaまでご指摘ください。

そしたら!

空の区画とは
まずはいつもどおり公式HPの確認……今回は新しい記事はありませんでした。

では連絡事項を。
今のところ、次の遊会(ディセント初版をkitaの家で遊ぶ会)は3/11夜(おそらく20:00開始予定)に
なります。ご希望される方は掲示板に書き込みしていただけると幸いです。
25、26日はまだkitaのスケジュールが未確定なので、もう少しお待ちください。

もう1つ、ディセントに関係無い連絡事項を。
某ルールブックの訳、終わりました。プレイに関係なさそうなところは英語のままですが、
なんとかなるレベルだとは思います。とはいえこれ、私がGMするのは無理っぽいような……
これ、「どうすれば面白くなるか」を追求するようにって書かれているんですよねぇ。
kitaがそんなことできるわけないじゃないですか。第一GMなんて10年来やってないわけで。
ということで、訳を見てみたい方はどうにかしてkitaに連絡してください。
あるかも知れない? 毛深い!

さてここからが本題(表題)です。
先日(2/18夜)に、Golemさん&カービィさん親子とピエ、じゃなくて伍楽さんを交えて
ディセント初版をプレイしました。クエストは伍楽さんのリクエストでJitD#6:永遠の守護者です。
オーバーロードは伍楽さん、
英雄は
Golem:グレイ・カー
カービィ:ルーンマスターソーン
kita:リサ

1人だけ要らない子が混ざってますね(涙 おまけに引いたスキルがLeadership、Tough、Lucky。
策略スキルは違うかもしれませんが、なにせ近接戦闘系としては全く使えないスキル。
これは後方支援しかやることないな、と考え、事実そのように途中まではプレイをしました。

このクエスト、簡単に言うと、永遠の守護者よりも先にエリア○の○の方にある
○○○ー○ーの上に英雄が行かないとOL勝利確定、という初心者殺しのクエストで、
逆に言えばネタさえ知っていればOLには非常に厳しいクエストだとkitaは思っています。

で、その○○○ー○ーの上に行けるかどうか、というところで何故かリサの手番となり
活力ポーションとLeadershipでなんとかなるか、というところでOL伍楽さん渾身の
Spiked Pit&Crushing Blockプレイ。罠回避の偉業カードDisarmで1つは回避できたのですが
当然偉業カードはターン中1回しか使用できず、これはやられた、と思ったわけです。
ところが伍楽さんは岩を落とした後のリサの配置を間違え、疲労をすべて使い切ってなんとか
○○○ー○ーの上にたどり着き、そこからリサ無双が始まってしまい、結果的に英雄勝利と
なりました。

さてここで問題にするべきはCrushing Blockの処理です。
ルール上では
--------------------------------------------------------
英雄が任意の障害物に接していない何もない区画に移動した時に
このカードをプレイしてください。1区画分の瓦礫トークンをその区画に
置いてください。英雄は(アーマー無効)4ダメージを受け、彼が4つの
パワーダイスをふって1つの波動に対して1つの傷を低減します。
その後、あなたの選択した隣接する区画にその英雄を移動してください。
--------------------------------------------------------
英雄を移動させる「隣接した区画」に特に制限は無いので、○○○ー○ーから
一番遠いところ、今回でいえば活性化した魔法陣の上に英雄を移動させれば、
オーバーロード勝利の結果になったのではないか、と思います。

ひょっとしたら伍楽さんは「移動させる先は空の区画」じゃないといけない、と
思ったのかもしれません。だとしても、この場合の「空の区画」は英雄の移動に
関する部分ですので、魔法陣の上は空の区画とはみなされません。

現在の「空の区画」(Empty Spaces)はFAQに以下の記載があります。
----------------------------------------------
Chests, Glyphs, Potions, Coin Piles, and Rune Keys do
not count as empty spaces for the purposes of playing
traps. They do not block line of sight, and figures may
move through as normal.
----------------------------------------------
宝箱、魔法陣、ポーション、金塊およびルーン鍵は罠をプレイ
するための空の区画とはみなされません。それらは射線を妨げず、
フィギュアは通常通り通り抜けてもかまいません。

となっています。魔法陣などはあくまでも
「オーバーロードが罠カードをプレイする」
時だけ空の区画じゃない、ということなんですね。

え? Crushing Blockは罠カードじゃないか、って?

ちっちっちっ(指ワイパー)。罠カードをプレイする時、が問題なので
あって、プレイ後(岩を落とした後)の英雄の移動に関して言っている
わけじゃないんですよねぇ、これが。

ということで、今後は気を付けましょう。
なお、ルーンマスターソーンも
----------------------------------------------
Once per turn, Runemaster Thorn may spend 5 movement
points to move to any empty space in his line of sight.
----------------------------------------------
1ターンに一度、ルーンマスターソーンは彼の射線が通っている
任意の空の区画に移動するために5移動ポイントを消費しても
かまいません。

とあります。この「空の区画」は英雄の移動の場合ですので、当然
宝箱、魔法陣、ポーション、金塊およびルーン鍵のある区画を
含むことになります。覚えておきたいところですね。ね、カービィさん(にっこり)

ということで久々にルール考察でした。
何かご意見等ありましたらコメント等よろしくお願いいたします。
そしたら!


初版を入手することはできるか?
公式HPの記事は1つ。アプリの新しいキャンペーンがリリースされました、というものです。
アメリカとかではこれがどんどん遊ばれて(ダウンロードされて)いるんでしょうかねぇ……
日本語版が出たら第2版のプレイ回数がもう少し増えるかもしれませんが、はたしてそこまで
FFG(アークライトさん?)が力を入れるかどうか……MoM第2版では日本語版も出たので
期待したいところです。

さて、メールで久々にWoDに関するお問い合わせをいただいて、それに関してちょっと考えたことがありました。
今の時点で、ディセント初版を手に入れるのはかなり難しいものがあります。
すでに廃版になっていますから、ボードゲームショップとかの在庫になっているものしかありません。
第2版が発売されている現在、ショップさんにはもう無いと考えるのが普通でしょう。
とすると、今から初版で遊びたい、と考えてもどうしようもないわけです。

弊サークルで頒布しましたルールサマリとデータ集で、基本的な情報は得られます。
しかしここには大きな問題がいくつも立ちはだかっています。
ざっと考えて
・フィギュア
・カード
・マップ
・その他
に分類できるでしょうか。

フィギュアはこのさい、第2版で販売されている、『Hero and Monster Collection』を購入すれば
とりあえずそれっぽいのは入手できます。数が足りてない、というのがあるかもしれませんが。
あと、JitD~ToIの全ての英雄&モンスターが(おそらく)出ていません。
ちょっとこの辺は後で確認します。

カードのデータは、データ集にありますが、カードそのものはありません。自作するしかありませんが
自作用のアプリが(以前にもちらっと書きましたが)今のOSに対応していない可能性があります。

マップは……これは困りましたね。弊サークルで過去に頒布しましたコピー本には、いくつかの
クエスト(マップ)が記載されています。クエストは限られているので、遊べるかと言われれば難しい
かもしれません。
マップ自作用のアプリがありますが、それでJitD~ToIまで清書してデータとしては弊サークルでは
作ってないので、すぐには出せません。(過去いくつかは作成しましたが)

さらに困ったのが魔法陣やら宝箱やらポーションやらのその他のアイテムです。
何も持っていない状態ではどうしようもありません。ポーションとかはマップデータがあれば
自作できるかもしれませんが……かなり大変ですね。

とにもかくにも、クエストガイド(マップデータ)が無いとおそらく遊べません。
FFGさん、ここを見ているわけないのはわかっていますが、pdfで初版のクエストガイドの
公開をしていただけますようお願いいたします(拡張を含む)。
廃版になってからかなり経ちますので、今なら公開しても大丈夫だと思うんですけど
やっぱり難しいですかねぇ……(遠い目)

そしたら!