FC2ブログ




ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2日連続で遊びました(2日目)
相変わらずの放置状態で申し訳ありません。
Descent第2版の公式HP(FFG)の8、9月の更新はありませんでした。
9/28に更新されてる! と思ってよく見たら1年前の記事(涙
RtLアプリによる新しいクエストももう出ない、ということでしょうかね。

さて、ずいぶん間が空いてしまいましたが、さる7月に2日連続でディセント初版を遊んだ、その第2日目です。
名古屋から朝出発して香川県にとんぼ返りし、自宅にてGolemさん、バくさん親子です。
久々にGolemさんがオーバーロードをプレイされましたので、kitaは英雄をプレイ。
クエストはToI#4 The Castle of Dragons(ドラゴンたちの城)です。
2018/07/14_遊会01

四角く囲われたダンジョンのどこかにドラゴンたち(正確にはIce Wyrm)がいて、そいつらを倒せば英雄勝利です。
まあダンジョンマップ見れば中央のでかいエリアか、とわかりますよね。

今回は英雄3人で挑みます。
2018/07/14_遊会02
2018/07/14_遊会03
2018/07/14_遊会04
モルドログ:負傷するごとに、1疲労回復
Bear Tattoo(わしづかみ能力&負傷値上限+2)
Leadership(1疲労消費で、1回攻撃+速度までの移動+命令を乗せる←他の英雄に乗せても可)
Tiger Tattoo(疲労上限+1&速度上限+1&穴ダメージ無し)
ブラッドウッドのローレル:1疲労消費すると、攻撃時に余ったn距離をnダメージに変換できる
Taunt(他の英雄が攻撃されそうなとき自分が身代わりになることが可能)
Cautious(オーバーロードが毎ターン受け取る脅威トークンが1少なくなる)
Marksman(攻撃時の射程+3)
賢者ランドレック:攻撃時に波動+2
Crack Shot(隣接する空の区画から攻撃可能)
Prodigy(魔法攻撃時に波動+2)
Spiritwalker(10区画以内の味方から攻撃可能)

kitaはモルドログ担当なので、バくさん担当の2キャラのフォローをするようなプレイを心がけました。

さて開始エリア。ビーストマンやらなにやらいましたが撃破。ところが
2018/07/14_遊会05
Gust of Windをプレイされスケルトンが増えます。
これを迎え撃つのはランドレック。モルドログに突っ込んでもらったその位置からのBattle宣言による2回攻撃。Sunburst(波動3でBlast1攻撃)に適した攻撃時に波動4能力が今こそ生かされる時!
2018/07/14_遊会06
まあ2回とも失敗するんですけどね(涙

それはともかく、スケルトンを倒してその目の前の赤ルーン扉を開き、そのエリア(エリア5)内のモンスターも制圧。
そして安全地帯となったエリア5で一息いれます。
2018/07/14_遊会07
ほら、疲労回復とかアイテムのパス回しとか必要ですから。

準備を整えて次のエリア4からエリア6へ。そこには
2018/07/14_遊会08
おっと! いきなりのネームドモンスター。ラスボス(ドラゴン)のうちの1体です。
しかもBrilliant Commanderで本来ノーマルモンスターのはずが、マスターモンスターに変わってます。
ところがここで大活躍したのがローレル。ショップ武器のBowにもかかわらず
偉業カード Shooting for Distance(+8距離)も加えた攻撃によりダメージ18点Pierce1をたたき出します。
さらにランドレックの一撃により、このドラゴンは攻撃する間もなく倒れました。

この勢いで次のエリアにも進軍します。
2018/07/14_遊会09
写真でおわかりかと思いますが、モルドログが先に突っ込みランドレックの範囲攻撃やローレルの攻撃でモンスターを蹴散らす、という作戦で今回進軍していきました。

2018/07/14_遊会10
さらに奥のエリアにはメデューサが3体。なにやら怪しげな儀式をしているらしいのですが、あっさり倒されてしまい謎は謎のままに。

銀の宝も得て装備を整えた英雄たちは、その間に湧き出たソーサラーとダークプリーストを無視して開始エリアから進軍することを選択します。しかしオーバーロードもコボルドやらビーストマンで邪魔をし、さらに岩を落として射線をふさぎにかかります。
2018/07/14_遊会11

なんとか倒し、最終エリアへ。そこにいたのは!
2018/07/14_遊会12
ラスボス(ドラゴン)が2体も!

ここにいたってもやはりローレルの攻撃力は半端無かったです。マスターアイスウィルム(ラスボスドラゴンの赤いほう)に近づき攻撃することで、最大限に近い火力をたたき出し、倒すことに成功したのですが
2018/07/14_遊会13
後ろからビーストマンを呼ばれ、タコ殴りにされてあえなく英雄敗北となってしまいました。良いところまではいったと思ったんですけどねぇ。
オーバーロードのGolemさん、おめでとうございます。

もしよければ、またディセント初版のプレイにお付き合いください。
何かありましたらコメント等よろしくです。
そしたら!
スポンサーサイト

2日連続で遊びました(1日目)
ずいぶん間が空いて申し訳ありません。
Descent第2版の公式HP(FFG)の4~7月の更新はありませんでした。

さて本題。7/13、各方面との調整がついたので急ではありますが名古屋は大須のボードゲームカフェ、ボードボードさんに
行ってきました。ボードボードさんは2018/6/2にオープンしたばかりのボードゲームカフェさんです。

よく自分はtwitterでディセント初版に関するつぶやきがないかを探しているのですが、その中で、ボードボードさんがディセント初版(完全日本語版)を購入した、というつぶやきを見つけたため、いろいろお聞きしたところ『私(店長)の趣味で購入したが、まだ遊んだことは無い』とのこと。
またボードボードさんは後に『今夜もアナログゲームナイト』というwebラジオの番組(?)にゲスト出演されるのですが、その番組の中でもディセントをプレイしたい、とはっきりおっしゃっていました。
この心意気! なんとか遊んでもらいたいと思うのは当然じゃないですか!

ということで行ってきました、平日(13日の金曜日)に。
店長さんにディセント初版をプレイしてもらう(インストする)のが目的なので、失礼かもしれないのですが客が少ないであろう平日の方が都合が良かったんですね。

で、店長さんともう1人、嶺美(れみ)さんという方のお2人に体験していただきました。
クエストは基本中の基本、JitD#1、みんな大好きナルサク退治クエストですね。

まずはお2人に、英雄キャラクターシートを見てもらいながら、各パラメータを説明します。
初心者の方には、英雄の特殊能力がある程度理解しやすく、さらに特性やスキルが集中している(攻撃時に振る黒ダイスがとある攻撃のときに3個振れる&スキルが同一種類で3枚)のをお勧めしています。
で、選ばれたのが
店長さん:スチールホーン(Battle Cry、Tough、Unmovable)
嶺美さん:ルーンの手のアンディラ(Inner Fire、Quick Casting、Mata and Kata)
スキルが英語かつうろ覚えで申し訳ありません。

Battle Cry:戦う宣言で自分&隣接の英雄の疲労が1回復
Tough:負傷値が4上昇
Unmovable:戦う宣言するとアーマー1上昇&援護命令が乗る
Inner Fire:+2射程&+1ダメージ
Quick Casting:攻撃直後に、2疲労すればもう1回攻撃できる(1ラウンドに1回のみ)
Mata and Kata:ものを拾ったり渡したりできるファミリア(使い魔)2体

これで伝わるかな?

プレイ中は、ルールの説明は当然ですが、いろいろと英雄側の立場でのアドバイスもさせていただいてます。
この位置で終了した方が射線がここまで通るから良い、とか
この位置だとここからビーストマン(獣人)が出てきたときに攻撃される、とか
ここで活力ポーションを疲労して飲むと良い、とか
ルーン扉を閉めると普通のモンスターは開けられないから挟み撃ちないですよ、とかですね。

プレイの内容については、ボードボードさんの7/13のツイートや、嶺美さんのブログ記事をご覧ください。特にブログ記事のほうは、さすがはいろんなボードゲームを紹介する記事を書かれている方だ、と納得する、素晴らしい出来だと思います。

久々にディセント初版のみの(拡張を入れない)プレイをしましたが、それでもお2人にプレイしていただき楽しんでいただけたようで本当に良かったです。自分の心の中では「ここでフェロックスを出したい!」とか「なんで発生カード出んのや!」とか「英雄の宝箱の引き良すぎ!(涙)」(Dragontooth HammerとStaff of Punishmentとを引いてるんです)とか思ってました。

ベテランオーバーロードとして(?)最後まで抵抗はしましたよ、もちろん。オーバーロードカードを出すタイミングとかも十分に考え、ナルサクの部屋に入ったときにはParalyzing Gasをプレイ&ビーストマン召還。これにより2人をきっちり1回ずつは倒してますし、それ以外にもいろいろやっちゃってます。とはいえ最後に金の宝でまたしても良い武器(Curse of Rot:相手のアーマーを4削る&波動1でダメージ&距離が1伸びる&緑ダイス2個振る)を引いたアンディラに、あっさりナルサクは倒されてしまいました。まあ残り達成トークン2まで追い込んだのでよしとしましょう。
(当然ですが? ここで倒さないと負けちゃいますよ、とプレッシャーかけたりもしてます)

ということで、午後1時過ぎから休憩ほぼ無しで6時間、ぶっつづけでお付き合いいただきありがとうございました。
こんな感じで重いゲームではありますが、今後ボードボードさんでディセント初版(完全日本語版)が遊ばれることがあると良いな~、と思っています。

終わったあとは、店長さんと雑談とか2人用ボードゲームを3種類やったりとかしました(何だったかは覚えてない(汗
拡張3種の説明をさせていただいたり、初版用のダイスを4つ押し付けたり(汗 過去幣サークルで頒布した同人誌も全部押し付けたり(滝汗 店長さんは早速拡張をアメリカAmazonで検索してました(もう発注したのかな?)。
誰もいないお隣のメイドカフェも見せてもらいました。お客様の需要に合わせたテーブルの配置がなかなかに興味深かったです。午後11時までいて、自分はお店を後にしました。

今後ともディセント初版をごひいきに、よろしくお願いいたします。
そしたら!

対抗してToIを遊びました
Descent第2版の公式HP(FFG)の2、3月の更新はありませんでした。

さて、2月下旬にディセント初版をプレイしているツイートがありました。見るとクエストはToI#6。eKAZUさん川柳さん以外に、Tomb of Ice拡張をお持ちの方が関東にいらっしゃるとは思わず、嬉しくなりました。また、しばらくプレイしていなかったこともあり、うずうずしていたのですが、3月上旬にプレイすることができたので良かったです。

クエストは対抗して(?)ToIより『The Manticore's Maze』(マンティコアの迷路)です。
2018/03/03_遊会01

いつものkita&Golemさん親子(息子さんはカービィさん改め林獏さん)でプレイ。当然オーバーロードはkitaです。
英雄は2人。
Golemさんはいつものグレイ・カー(Ranger、Shadow Soul、Boggs the rat)
林獏さんは賢者ランドレック(Pickpocket、Necromancy、Spiritwalker)です。
2018/03/03_遊会02
2018/03/03_遊会03

まずは開始エリア。いきなりビーストマンが3体いますが、英雄側はあっさり倒します。
2018/03/03_遊会04

エリア1も一気に突破。苦労するかと思ったマスターウェンディゴ(特殊能力ステルス有り)も撃破し、快調に冒険は続きます。
2018/03/03_遊会05

英雄の作戦は、グレイ・カーが単騎で突入し、Spiritwalkerを持ったランドレックが、グレイ・カーだけでは倒しきれなかった敵を殲滅する、というものです。
2018/03/03_遊会06

Necromancy(1区画の大きさのノーマル(白い)モンスターを倒した際に、それを操ることができる)とSpiritwalkerの相性はそれほど良くない、むしろ逆方向ではないかと思ったのですが、これがうまくかみ合っていました。どんどん敵を倒して射線をきちんと確保して前にすすむ英雄たち。しかたないのでオーバーロードとしては罠カードで邪魔するくらいしかできません。
2018/03/03_遊会07

時間はかかっても前に進まなければいけません。エリア3突入。
2018/03/03_遊会08

まずは宝を取りに来たグレイ・カーを罠カード「Curse of the monkey God」で猿に変身させます。
しかしそのままでは猿を攻撃するモンスターがいません。そこで援護を構えていた英雄にマスターベインスパイダーを倒させます。これでエリア5に通じる扉のまえにスペースが出来ました。
当然英雄も可能な限りマップ全体に射線を通そうと頑張りますので、それを「Crushing Block」でできるだけ邪魔し、3区画を確保します。
そして猿を倒すためのモンスターを発生。「Elite Beastman War Party」をプレイです。
しかしこのままではモンスターを近づけることしかできません。そのため最後に「Ambush」をプレイし、3体で猿に一斉攻撃。これでようやくグレイ・カーを1回倒すことができました。
2018/03/03_遊会09

エリア2から出てこなければならない英雄は、グレイ・カーが「Shadow Soul」の能力で飛び出してきますが、1人ではやはり射線の確保が難しく、死角からまたしてもビーストマンが!
2018/03/03_遊会10

なんとか偉業カードをプレイし、マスタービーストマンだけは倒して生き残ります。
2018/03/03_遊会11

そして次のエリア。エリア4と5のどちらを選択するのか? 選んだのはエリア4。別名モンスターハウスです。
Battle宣言でエリア4への扉を開いたのですが、当然待ち構えるのは「Paralyzing Gas」。麻痺したグレイ・カーを砲台にランドレックの攻撃で2体を倒しますが、やっかいなのが残ってしまいました。
2018/03/03_遊会12

しかも扉を閉めた先(エリア4)からまたしてもビーストマンを発生させられ、グレイ・カーは倒れてしまいます。
2018/03/03_遊会13

エリア3側からエリア5に入るのは危険と判断し、魔法陣を用いて開始エリアからエリア5に突入しようとした矢先、「Poltergeist」をプレイされ、エリア1に追い出されるグレイ・カー。さらに開始エリアに通じる扉を閉められ(これもPoltergeistの効果)、またしても「Elite Beastman War Party」をプレイされます。
2018/03/03_遊会14

マスタービーストマン1体は偉業カード「Backstab」で倒しますが、もう1体に「Rage」をプレイされ、2回攻撃を浴びたグレイ・カー。
これで達成トークンが0以下となり、オーバーロード勝利となりました。

正直、エリア3に入ってしばらくするまで、勝てる気が全くしませんでした。SpiritwalkerとNecromancyのコンビは強いですね。さらにランドレックなので波動2が元々付いてます。かなりの攻撃力で通常のモンスターは常にあっさり倒されていきました。英雄を最初に倒すのも相当カードのプレイを組み合わせないといけなくて、その分驚異コストも必要で、これは大変だと思っていました。

エリア4でグレイ・カーを倒し、さらに魔法陣を開かせなかったのが勝因かな、と。運が良かったです。
よければまたお付き合いください。

そしたら!

昨年の話ですが
FFGのディセント第2版公式HPの2017/12、2018/01の更新はありませんでした。

相変わらずバタバタしていて、正月(1/2、1/3)以来ディセント初版がプレイできていないkitaです。
ということで今回は昨年の12月上旬のGolemさんとのタイマンプレイの模様でも。
2017/12/02_遊会01
クエストはToI#1「Cauldron of Tears」(涙の大釜)
2017/12/02_遊会02
2017/12/02_遊会03
英雄は2人(Golemさんプレイ)。
ホーソーン卿:Knight、Tough、Unmovable
グレイ・カー:Eagle Eye、Shadow Soul、Boggs the rat

ちなみに我々のプレイの中では、英雄2人の場合にねずみのボグは入れるというレギュレーションにしています。

2017/12/02_遊会04
意気揚々とエリア1に乗り込んできた英雄2人ですが、射線の確認を忘れBeastmen War Partyをプレイされ、宝箱を取ったグレイ・カーを倒されてしまいます。

2017/12/02_遊会05
なんとかエリア1を突破し、エリア2に突入。やっかいなマスターシェイドは撃破。
そしてエリア2を制圧してほっと一息の(ダメージを喰っている)ホーソーン卿にオーバーロード渾身のDark Charm!

2017/12/02_遊会06
それを×で回避するホーソーン卿! まだなんとかなる!

2017/12/02_遊会07
その勢いでエリア3に突入。Explosive DoorもDisarmで回避。エリア3にいたマスターオーガも突破。街に戻ってほっと一息。と思いきやPrideをプレイされているため、Restトークンによる休息もできない状況。

2017/12/02_遊会08
そして街から出てエリア3へ突入しようとした矢先、穴に落とされ、射線が塞がれ、Elite Beastman War Partyでたこ殴りされたホーソーン卿が、ついに倒されてしまいます。

2017/12/02_遊会09
一気にけりをつけようと、Chargeをプレイしてマスタービーストマンをグレイ・カーへ強襲させるも、出目は×で残念ながら失敗。

2017/12/02_遊会10
エリア3に突入し、モンスター発生を避けるためにきちんと赤いルーン扉を閉めた英雄たちであったが、魔法陣を開く前にエリア3の中にいたマスターシェイドにグレイ・カーが攻撃され、倒されてしまいます。これで達成トークンが0以下になり、オーバーロードの勝利となりました。

今回で特にわかりましたが、最初でつまずいてしまうと、後からのリカバリーが難しいですね。負傷値を回復するために時間をかければオーバーロードも強化されるわけですし、最初の段階こそ慎重になるべき、そんなプレイでした。

何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

10月に遊んだ分逆に
11月、12月はバタバタしてるんです(涙
いわゆるしわ寄せってヤツですわ。

11月の公式HP(FFG)の更新はありませんでした(2ヶ月連続)

ということで10月の遊会第2回でも。
2017/10/28_遊会01
久々にkitaが英雄で遊会をプレイ。
今回はJitD#3(生と死の問題)。オーバーロードはカービィさん(Golemさんの息子さん)

2017/10/28_遊会02
2017/10/28_遊会03
2017/10/28_遊会04
英雄は3人。
ターリア:Battle Cry、Berserker、Brawler  (担当:kita)
サーラ:Inner Fire、Prodigy、Spiritwalker  (担当:kita)
影のボグラン:Weapon Mastery、Born to the Bow、Eagle Eye (担当:Golemさん)

ボグランのWeapon Masteryは使えないスキルになってしまうのであえて(Golemさんが)裏向きに伏せました。
ターリアのスキルが全てアルファベットBで始まるのが面白いですね。
サーラのスキルが割と強いので一安心です。

開始エリアは簡単にサーラ1人で倒し、エリア1に突入。
2017/10/28_遊会05

ところが、エリア1ではダイス運が悪く、ビーストマンを割と残してしまうことに。
その結果サーラが倒されてしまいました。
2017/10/28_遊会06

とはいえそれを気にやんではいけません。頑張ってエリア2に突入。
2017/10/28_遊会07
目の前にいたオーガをボグランが一撃で倒し、順調に進むかとかと思いきや、
エリア3に入るまでにボグランが何回も倒されてしまいます。
2017/10/28_遊会09

サーラによる判定でなんとかナーガ(彫像)を消去し続け、
ようやく銀の宝をサーラが開いたとたん、猿に変身させられ、ジャイアントの一撃で倒されてしまいます。
2017/10/28_遊会11

さらには今まで倒されていなかったターリアが岩の罠に引っかかり、モンスターに倒されてオーバーロード勝利。
2017/10/28_遊会12

20時過ぎ始まった遊会は、午前3時すぎに終了。
久々の長時間プレイはさすがにしんどかったですが、非常に楽しかったです。
またお付き合いいただければ幸いです。

そしたら!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。