ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



コメントから情報をいただきました
6月中のFFGの公式HPの記事はありませんでした(5ヶ月連続)。
もうネタ切れなんでしょうねぇ……

さて、先月の記事にコメントをいただきました。
> (勝利条件の)井戸ってどれ?
---------------------------------------------
伍楽さんより
「水面マーカーの場所で~」と書いているので水区画で良いと思います。(実際は水区画で移動を終了~と書かれてるけど入れないから隣接する区画が正解ですね。)
---------------------------------------------

日本語版だとそう書いてあるんですね。英語だと
If the hero with Soulbiter ends his movement adjacento to the Well and Misrael is dead:
(もしSoulbiterを持った英雄が井戸に隣接して彼の移動を終了し、ミズラエルが死んでいる場合:)
なんですが。

これは日本語訳を作られた方(アークライト? FFG?)が意訳したのか英語版を作られた方に問い合わせたのか……まあ前回のプレイで水区画に隣接、にして良かったということで、安心しました。

あとアイザックさんより
---------------------------------------------
https://twitter.com/eKAZU/status/878773911256616961
最近になって初版を遊んだという人のツイートです。
今でもそういう方がいるんだね。
---------------------------------------------

いやぁ、非常に嬉しいですね。こうやって楽しんでくださっている方が自分以外にいる、というのは本当にありがたいことです。

eKAZUさんのツイートにあった写真を拝見すると、クエストはJitD#1(ナルサクですね)。
英雄は3人(死せるヴァリカス、賢者ランドレック、世界を駆けるアーベル)
アーベルが入ってるということはToIを拡張として入れてる、ということでかなり珍しいと思います。
しかもフィギュアに色まで塗って。手間かけてますね。

あとこの方(たぶんeKAZUさんと一緒に遊ばれた方)のツイートがなるほど、と思いました。
https://twitter.com/gumto/status/878634257450651649
射線判定ツール。赤、という色が重要かな、と。

ディセント初版を今も遊んでいる方、というのは本当に少なくて、twitterでも以前掲示板の方に書きましたが、札幌(friendsjp)の方でディセント初版が遊ばれている
https://twitter.com/friendsjp22061/status/851771110072868865
のを見つけたくらいです(日本語版だけかもしれません)。
拡張が入っているディセント初版を遊べる、というのは本当に貴重だな、と思います。

ところでこのeKAZUさんって、私宛に以前(1月に)メールを送ってくださった方、ですよね?
そうだと思うんだけどなぁ……


で、kitaの予定ですが
7/22 21:00~遊会(kitaの家)
8/13~8/15:ゲーム会in善通寺(今回は3日間!)
になります。お時間ある方はお付き合いいただければ、と思いますのでよろしくお願いいたします。

そしたら!

つらつらと雑感
4月中のFFGの公式HPの記事はありませんでした(3ヶ月連続)。

ゴールデンウィーク中はちょっと私事でばたばたしており、ディセントを遊ぶ余裕がありませんでした。
実家の農作業とかログハウスの壁塗りとか用水路の清掃作業とか……
唯一遊んだといえば、5/6に「マチ★アソビ」に行ったくらい。
春に開催された「ぷち★アソビ」にもあった「おへんろ。八十八ヶ所スタンプラリー」が今回もあったので、春とは逆に
順打ちで結願させていただきました。のんびり歩いて(休憩時間を考えなければ)だいたい4時間くらいで終わります。
残念ながら春とは異なり人出が多いので、スタンプを置いていただいているお店の方との
交流(お接待を受ける)はかなり少なめでしたが、個人的に春にスタンプを押せなかった唯一の箇所
(36番)も廻ることができて、春に使用したスタンプラリーの用紙にもそのスタンプを押せたので満足です。
徳島のお土産を買ったのに廻ってる途中で無くしてしまったのが心残りですが(涙

あと「ぷち★アソビ」にはあった「囲碁将棋コーナー」は無かったようでした。
まあ「マチ★アソビ」は県外からのアニメに情熱を注いでいる方々がすさまじく多くいらっしゃるイベントですので、
「ぷち★アソビ」ほどの「のんびり感」が無く、遊んでいただけるかどうか微妙だったのかもしれず、
出展しなかったのではないか、と私は思っています。「徳島囲碁」さんがこの時期忙しいだけだったのかもしれませんが。
ボードゲームコーナーをこういうイベントに出す、というのは運営がなかなか大変なような気がするので、
ボランティア精神あふれる徳島の方の出展を期待するのは難しいだろうなぁ、と思ったり。
ただ今回スタンプラリーをやっている親子連れとかちっちゃな子とかもいらっしゃったので、アニメに情熱を注いでいる方々向け
だけではなく、地元の方々が楽しく遊べるイベントも商店街とかで増えると良いなぁ、と私は思います。

って、ディセント全然関係無いですね。失礼しました。
実は4月中には何回かGolemさん親子とプレイさせていただいたのですが、相変わらずJitD#7を英雄2人で
どうすればクリアできるのか、をいろいろ試していたため、記事にするほどのことでもなく。

JitD#7「The Black Blade」では
『本当はこうするつもりじゃなかったんだけど、もうこのままいっちゃえ、で押し切った、本当は間違ってる部分』が
2つはあるのではないかと思っています。でないとホント英雄側にとっては難しい。

・Soulbiterの能力(封印が全く壊されていない場合):近接→遠距離
・エリア4:なし→銀の宝あり

英雄側から見た攻略としては、
開始エリア→エリア1→エリア6→エリア3→エリア7→エリア5
の順で進軍していくのが良いのではないかと。
いかに素早くSoulbiterの封印4つを解除するかが攻略の鍵となるのではないかと思っています。

また話を変えますが、Twitterで「ディセント」で検索をかけているのですが、困っています。
すべてのツイートで検索した時に
英単語の「descent」が本文中にあるツイートがひっかかるのはまだ許しますが、ユーザー名に
英単語の「descent」を含んでいるツイートが全て表示されてしますのです。これ、なんとかなりませんかね。
高度な検索、でもユーザー名を排除するような検索は出来ないようですし……
本当に欲しい情報(ツイート)が得られなくなるのはちと辛いものがあります。
Yahooのリアルタイム検索では、最近1ヶ月のツイートのみなので、昔のツイートを見返すことができないんです。
Twitterの検索なんだから最近のだけでええやん、と言われたらそれまでですが(汗

さて、そんななか、【friendsjp】(@friendsjp22061)さんというアカウントでディセント初版が遊ばれているのを
見つけました。これとかこれですね。
写真を拝見するにクエストはJitD#1。完全日本語版だけで、拡張は入れていないように見受けられます。
5/2のクエストマップがちょっと違いますが(汗

で、このアカウントを見ると……さ、札幌ですが(滝汗 香川からはなかなかに遠いですね。
飛行機でも直行便はありません。ジェットスターの高松-成田ー札幌で早めに予約して行くのが
金銭的にお得なのではないかと思いますが、それでもなかなかのお値段。少なくとも1泊は札幌で
しなきゃいけないし、拡張全部入りのセットを持って行くのは大変だし……先に郵送か?



って、つい行くこと前提で考えてしまった(汗 行っても相手にされない(立卓しない)とかあるのに。
きっと掲示板に札幌の方(かずひさん)がいろいろ書き込んでくださったからその影響ですね。

さて、雑記で長々書いてしまった(しかも1/3以上ディセントに関係の無い話)のでこの辺で。
そしたら!

初版を入手することはできるか?
公式HPの記事は1つ。アプリの新しいキャンペーンがリリースされました、というものです。
アメリカとかではこれがどんどん遊ばれて(ダウンロードされて)いるんでしょうかねぇ……
日本語版が出たら第2版のプレイ回数がもう少し増えるかもしれませんが、はたしてそこまで
FFG(アークライトさん?)が力を入れるかどうか……MoM第2版では日本語版も出たので
期待したいところです。

さて、メールで久々にWoDに関するお問い合わせをいただいて、それに関してちょっと考えたことがありました。
今の時点で、ディセント初版を手に入れるのはかなり難しいものがあります。
すでに廃版になっていますから、ボードゲームショップとかの在庫になっているものしかありません。
第2版が発売されている現在、ショップさんにはもう無いと考えるのが普通でしょう。
とすると、今から初版で遊びたい、と考えてもどうしようもないわけです。

弊サークルで頒布しましたルールサマリとデータ集で、基本的な情報は得られます。
しかしここには大きな問題がいくつも立ちはだかっています。
ざっと考えて
・フィギュア
・カード
・マップ
・その他
に分類できるでしょうか。

フィギュアはこのさい、第2版で販売されている、『Hero and Monster Collection』を購入すれば
とりあえずそれっぽいのは入手できます。数が足りてない、というのがあるかもしれませんが。
あと、JitD~ToIの全ての英雄&モンスターが(おそらく)出ていません。
ちょっとこの辺は後で確認します。

カードのデータは、データ集にありますが、カードそのものはありません。自作するしかありませんが
自作用のアプリが(以前にもちらっと書きましたが)今のOSに対応していない可能性があります。

マップは……これは困りましたね。弊サークルで過去に頒布しましたコピー本には、いくつかの
クエスト(マップ)が記載されています。クエストは限られているので、遊べるかと言われれば難しい
かもしれません。
マップ自作用のアプリがありますが、それでJitD~ToIまで清書してデータとしては弊サークルでは
作ってないので、すぐには出せません。(過去いくつかは作成しましたが)

さらに困ったのが魔法陣やら宝箱やらポーションやらのその他のアイテムです。
何も持っていない状態ではどうしようもありません。ポーションとかはマップデータがあれば
自作できるかもしれませんが……かなり大変ですね。

とにもかくにも、クエストガイド(マップデータ)が無いとおそらく遊べません。
FFGさん、ここを見ているわけないのはわかっていますが、pdfで初版のクエストガイドの
公開をしていただけますようお願いいたします(拡張を含む)。
廃版になってからかなり経ちますので、今なら公開しても大丈夫だと思うんですけど
やっぱり難しいですかねぇ……(遠い目)

そしたら!

なんとかなりました
公式HPより9月の更新は3回。
最新の拡張『The Chains That Rust』が発売になった、という記事
アプリ『Road to Legend』の新クエストのお知らせの記事が2つ。こちらこちら(ランダムダンジョンっぽい?)。
英語がさっぱりなのと第2版の(特にアプリの)内容もさっぱりなので、何がなにやらよくわからず。
やはりおっさんな私は初版が良いですね。初版もだれかアプリにしてくれないかなぁ(遠い目

さて、去る9/18に、第7回 四国ゲームワンダーランド(SGW)が終了しました
弊サークルは相変わらずディセント初版で参加し、前回と同様のメンツ(汗 でプレイさせていただきました。
参加者はGolemさん親子とじろうさん
クエストはオリジナル(JitD#7改)。じろうさんが何枚か写真をUPされています

今回のクエストは、調整中に「こうしたら良いのでは」と考えた案をもりこんでみました。
結果、じろうさんも記載されていますが、英雄勝利!(しかも残り達成トークン1で)という
まさに私の狙ったとおりの結果となり、個人的には非常によかったと考えています。
3人ともある程度慣れたプレーヤーということもあり、初心者の方に説明する時間を
省くことになり、プレイ時間4時間ほどで終了。いやぁ、短いながらも濃いプレイになったの
ではないかと満足しています。このクエストなら他のコンベンションとかに持って行っても
問題無い気がします。遊んでみたい、という方はkitaまでご連絡を。
(メールとか、ほとんど動いていない掲示板への書き込みでどうぞ)

とはいえ、残念ながら10月半ばからが私の農作業の一番の繁忙期。年内はちょっと
ばたばたするかもしれません。目標は11月中の終了なのですが……頑張ります。

そしたら!

まだまだばたばた
公式HPの8月の更新は1つのみ。ボードゲームのデジタル化に関する記事のようです。

 さて、アイザックさんより、コメントで情報をいただきました。
TRPG関係で活躍されている作家さん(ですよね?)方がディセントを遊ばれた、というものです。
こちら、とかこちらこれもそうかな? オーバーロードはこの方が担当されました。

 田中天さんがUPされている画像を見る限り、遊ばれたのはディセント第2版ですね。
まあ今ディセントのオーバーロードをされている方の大半がそうでしょう。
弊サークル(というかkita)のように、初版を未だに遊んでいる方はめったにいないと思います。
第2版の方が、一般的には遊びやすいですしね。
第2版を経験されている方が面白いと感じているからこそ、いろんな方がプレイされているのでしょう。
まあkitaは別の感想を持ってたりしますが。

 ということで、そんなディセント初版が遊べるチャンスが
9/18に高松であります。
四国ゲームワンダーランドですね。

このお盆休みで、小さめのオリジナルクエストのプレイも何度か行い、kitaの方は
準備は万端です(ほんとか?)。ご興味のある方はご参加いただければ幸いです。

そしたら!