ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第31回:その1)
 実は本日は「のらりくらり」さんとの合同ゲーム会だったりします。具体的な時間とかを告知するのをすっかり忘れてました。主要メンバーにはメールを昨晩出した(遅っ! のですが、誰も来ないだろうなぁ(滝汗

 さて、プレイレポートは連続して続きますが、前回のプレイから1ヶ月ぶりだったりします。この時期は自分に農作業があるため、なかなか開催することができないんですよねぇ……(涙 とにかく残った2つのクエスト5、9をクリアできるか? ということで集まった人たちは以下の通りです。

香川ディセント友の会 第31回遊会
OL:kita
英雄:グレイ・カー(Golemさん)、剣客ナノック(瑞兆さん)、ブラッドウッドのローレル(お手玉ピエロさん)、影のボグラン(しばちゅーさん)
クエスト:JitD#5『最後の望み』

 お久しぶりのしばちゅーさんの参戦です。春から秋にかけてなかなか友の会に参加できない、何かとお忙しい方なので貴重な遊会になりました。しかし英雄を選んでみたら(毎度のごとくGolemさん以外はランダム)魔法系が1人もいません。

Golem「こんな時に限ってスタッフやルーンばっかり(宝を)引くんだよな」
しば「俺魔法系や」
瑞兆「ボグラン魔法系っすよね?」
しば「うん……ナノック魔法系やん」
瑞兆「ナノック魔法系っすよね?」
Golem「普通に殴れよ!」
しば「問題は(ボグランもナノックも)魔法スキルが1枚も引けないだけや」

 と言いながら引いたスキルカードは以下の通りです。

グレイ・カー、Ambidextrous、Cautious、Bardic Lore

Golem「(Cautiousあるから)ノルマは果たしたということで」
しば「盾2枚持って、構えていればいいんじゃないでしょうか? その人」
Golem「仕事は果たしたって感じやな。いるだけで良い、みたいな」

剣客ナノック:Bear Tattoo、Tiger Tattoo、Skilled

kita「何このタトゥ野郎」
Golem「Bear TattooとTiger Tattooやろ? 最強やん」
瑞兆「面白いなぁ、これ」
Golem「Ox Tattoo引かないあたりがクオリティ高いなぁ」
瑞兆(策略カードを引いて)「うん、Skilled」
kita「何この最強ナノック!」
瑞兆「おっけ~、面白い面白い」
Golem「パワー(疲労のこと)7?」
瑞兆「7あるねぇ」
Golem「スピード5、でライフが18。なんか全部底上げされたね」
--------------------------------------------------------------
 いきなりOLにとって涙目な感じのスキルカード選択です。残り2人ははたしてどうでしょうか? というところで以下次回以降に~

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第30回:その6)
 第30回の活動報告も今回で最後です。皆さんの想像通りの結末が待っています。では行ってみましょう~
--------------------------------------------------------------------------------
12ラウンド目
英雄側
アスタラ:戦う宣言。グレイ・カーからマスターレザーウィングを攻撃。1回目は距離が足りずに失敗。2回目は×。
ナノック:Shadow Soulと入れ替わった後、移動して終了。
グレイ・カー:疲労でお金を取り、活力ポーションを飲んだ後ラスボスに攻撃するも×。

OL側
Black Orderをプレイ。グレイ・カーを攻撃するも失敗。アスタラにマスターダークプリーストで攻撃。ラスボスの活性化でRageをプレイしグレイ・カーとアスタラに1回ずつ攻撃。アスタラを殺すことに成功。

せっかく英雄側が攻撃に失敗してるのに、この隙にたたみかけることができなかった(グレイ・カーが生き残った)。
--------------------------------------------------------------------------------
13ラウンド目
英雄側
グレイ・カー:ラスボスに攻撃し1撃で倒す。マスターレザーウィングも攻撃して倒す。
ナノック:構える宣言、Leadership起動。マスターダークプリースト、ダークプリーストを倒してポーションを拾って飲む。Dodgeをグレイ・カーに乗せて終了。
アスタラ:構える宣言、買い物してRestを乗せて終了。

OL側
Bane Spider Swarmをプレイし、マスターベインスパイダーでグレイ・カーを攻撃するも、失敗。
--------------------------------------------------------------------------------
14ラウンド目
英雄側
グレイ・カー:マスターベインスパイダーを殺し、ルーン鍵を取り魔法陣を解放して街に戻る。
アスタラ:構える宣言。エリア7の魔法陣から出てDodgeを乗せて終了。
ナノック:構える宣言、Leadership起動。Guardをナノックとグレイ・カーに乗せて扉を開く。Paralyzing Gasを喰らって麻痺。

OL側
あまり意味はないもののElite Beastman War Partyをプレイし、エリア5に発生。ここのモンスターでナノックをたこ殴りにし、殺す。

エリア7の魔法陣のそばから、アスタラの能力でエリア5の魔法陣が活性化できることに気づいた瑞兆さんはさすが。次のラウンドでクエストが終了することはわかっていたので一矢報いる形でナノックを殺すのが関の山。
--------------------------------------------------------------------------------
15ラウンド目
英雄側
ナノック:構える宣言、Leadership起動。ヘルハウンド&マスタービーストマンを1体倒し、グレイ・カーにRestを乗せて終了。
アスタラ:戦う宣言。2回攻撃でレザーウィングを全滅させる。
グレイ・カー:エリア5の魔法陣の上に移動して終了。

英雄側の勝利
--------------------------------------------------------------------------------
 ということで自分は惨敗してしまいました(涙 とりあえず英雄たちをそれぞれ1回ずつは殺せたのが救いでしょうか? いやぁ、まさかここまでとは思いませんでしたね。「Danger」3枚入ってたのに1枚しか出てこないわ「Dark Charm」2枚入れていたのに1枚しか出てこないわ……
 ま、ということで最難関かと思われたクエスト7が終わりました。この時点で英雄が勝利していないクエストは5と9です。それが終わるのはいつの日か!

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!


活動報告(第30回:その5)
 不運続きのOLのプレイに、思い返しても涙が出そうな感じですが続きです~。
--------------------------------------------------------------------------------
8ラウンド目
英雄側
ナノック:構える宣言。移動した後、Rest(ナノック)を乗せて終了。
グレイ・カー:移動し、Guardを乗せて終了。
アスタラ:構える宣言、買い物してヒーリングポーションを飲み、Restを乗せて終了。

OL側
Beastmen War Partyをプレイ。マンティコアでグレイ・カーを攻撃する時にGuardが発動し、マンティコア死亡(この時点で封印は残り1つ)。しかしビーストマンでグレイ・カーを攻撃し、1stKill達成(感涙 さらにナノックに攻撃し、ダメージを与えてRestを消すことに成功。
--------------------------------------------------------------------------------
9ラウンド目
英雄側
ナノック:構える宣言。ナーガを攻撃して倒し、Dodgeを乗せて終了。
アスタラ:戦う宣言、ビーストマンを倒す。2撃目はマンティコアを狙うも、疲労1までしても出目は7波動。疲労の回復に回すことに。残り1疲労で封印の上に乗って終了。
グレイ・カー:買い物(Ghost Armor)してRestを乗せて終了。

OL側
ナーガでアスタラに攻撃(残り1負傷値)。

またも落としきれない結果になる。ただここで倒して次のラウンドで全快するよりも時間をかけて回復させた方が得、という判断もあり。
--------------------------------------------------------------------------------
10ラウンド目
英雄側
ナノック:走る宣言。街に移動して終了。
アスタラ:進む宣言。1回攻撃し、街に移動して終了。
グレイ・カー:マスタージャイアントに1回攻撃し倒す。Guardを乗せて終了。

OL側
Evil Geniusをプレイし、モンスターをグレイ・カーから遠ざけて終了。
--------------------------------------------------------------------------------
11ラウンド目
英雄側
ナノック:走る宣言。買い物してヒーリングポーションを飲み、街から出てエリア7への扉を開いて終了。Paralyzing Gasを喰らって麻痺。
アスタラ:進む宣言。街から出てスケルトン2体を落として終了。
グレイ・カー:オーガとマスターレザーウィングを落とし、金の宝箱を開く。

OL側
マスターレザーウィングでグレイ・カーに攻撃し麻痺させる。ラスボス(マスターデーモン)にEnragedをプレイし、ナノックを攻撃するものの2回×

ナノックを殺したかったのだが、あまりにも不運。英雄側に向いている流れがますます加速した感じ。
--------------------------------------------------------------------------------
 英雄側から見て、今までで一番順調に進んでいる今回のプレイ。OLの辛い状況は次回も続くのか? というところで以下次回以降に~。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第30回:その4)
 さらに続きます。
--------------------------------------------------------------------------------
5ラウンド目
英雄側
ナノック:走る宣言。街に帰って買い物(Ghost Armorを売って特訓)。
アスタラ:進む宣言。1区画下がってコボルドに攻撃。Blastを狙うも疲労2でパワーダイスを2個追加しても波動が出ずコボルド1体のみ殺し(オーバーキル5点)、移動して終了。
グレイ・カー:移動してナーガに攻撃(ダメージ3点)。

OL側
Ferrox Tribeをプレイし、グレイ・カーに攻撃。Bleedを与える。マスターフェロックスは×を振ったので逃げる。

アスタラがパワーダイスを5個振っても波動が1個も出ないという奇跡を見せてくれた
ラウンド。さすがは「2個はブランク」と言い切る瑞兆さんです。
--------------------------------------------------------------------------------
6ラウンド目
英雄側
アスタラ:戦う宣言。1疲労して移動したところで、「Spiked Pit」で4ダメージ。しかし「Spiritwalker」で攻撃してコボルドたちを殺す。フェロックスは2ダメージ。2撃目はマスターフェロックスに2ダメージ。
ナノック:構える宣言、Leadership起動。ジャイアントに2撃して8ダメージ。アスタラにGuardを乗せて終了。
グレイ・カー:Bleedダメージは無し。マスターフェロックス、ノーマルフェロックスを倒して終了。

OL側
「Dark Servant」をプレイし、ジャイアントをマスターに変換するところで「Guard」を発動され、ジャイアントにアスタラが攻撃。ダメージ6点(1点足りず)。マスタージャイアントがナノックに4ダメージ&麻痺。コボルドでアスタラに1ダメージ。

実は「Spiked Pit」で4ダメージはプレイミス(コボルドのTricksterとTrapmasterを間違えた)。
--------------------------------------------------------------------------------
7ラウンド目
英雄側
ナノック:Shadow Soulと入れ替わりコボルドを倒す。
グレイ・カー:アスタラに活力ポーションを渡してRestを構える。
アスタラ:走る宣言。疲労まで使い切ってエリア1からエリア6へ走り、金貨、ルーン鍵(黄色)を取り、魔法陣から街に戻る。

OL側
マンティコアでナノックに攻撃。合計6ダメージを与える。

アスタラが残り3負傷値なのに罠で殺せなかった自分の不運が痛い(涙
--------------------------------------------------------------------------------
 前回といい今回といい、英雄を殺しきれない状況が続いています。徐々に英雄側に運が向いてるような気がするのですが……この続きはまた次回以降に。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第30回:その3)
 どんどん行きましょう。前回の続きから~
--------------------------------------------------------------------------------
2ラウンド目
英雄側
グレイ・カー:買い物して街から出てきてスケルトンに攻撃して(出目は×)終了。
アスタラ:戦う宣言。スケルトンとヘルハウンドを倒して終了。
ナノック:構える宣言、Leadership起動。Rest(グレイ・カー)&Guard(アスタラ)を乗せ、移動して終了(封印を1つ解放)。

OL側
何もせずに終了
--------------------------------------------------------------------------------
3ラウンド目
英雄側
グレイ・カー:エリア3への扉を開き、マスターベインスパイダーに攻撃。ダメージ5点(あと1点)に疲労で1ダメージ追加で倒す。マスターソーサラーに攻撃しダメージ7点(あと1点)。
アスタラ:戦う宣言。マスターソーサラーに攻撃して倒して終了。
ナノック:構える宣言、Leadership起動。Rest(グレイ・カー&アスタラ)を乗せ移動。

OL側
Beastmen War Partyをプレイし、グレイ・カーに集中攻撃(1体はAim)し、残り負傷値1まで削って終了。殺しきれなかったことが悔やまれる(涙
--------------------------------------------------------------------------------
4ラウンド目
英雄側
アスタラ:戦う宣言。ビーストマンを起点にBlast攻撃して殲滅。オーガに攻撃。
ナノック:戦う宣言。オーガに攻撃し倒す。
グレイ・カー:宝箱を開いたところでExplosive Runeだが、この宝箱で引いたSkull Shieldとパワーダイスの波動でダメージをキャンセル。

OL側
Kobold Swarmをプレイした後、ナノックをDark Charm。成功するも、グレイ・カーへの攻撃は×で失敗。コボルドでアスタラに攻撃(合計3ダメージ)

Dark Charmでグレイ・カーを落とせなかったのが痛い。せっかくの達成トークン4があっっ(涙 あとSkull Shieldで4点キャンセルしてた。実際は2点だと思う。

質問:Explosive Runeでダメージを適用するのは宝箱の中身が分配される前か後か?
回答:公式FAQによると『宝箱の中身の残りは(もしあれば)罠カードが解決した後にのみ分配されます』とあるため、ダメージの適用は宝箱の中身が分配される前。つまりこのラウンドでグレイ・カーは殺せてた可能性が高い、と(涙
--------------------------------------------------------------------------------
 公式FAQのVer1.2でこの質問の回答があることをすっかり忘れてました。このプレイをした時にはすでにUPされていたのですから、きちんと記憶しておかなかった自分が悪い、ということで(涙

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第30回:その2)
 それでは前回の続き~
--------------------------------------------------------------
 次に武器・防具の選択です。当然このメンツなら「Soulbiter(魂喰らい)」はグレイ・カーが持ちます。武器を買わない分、そのお金がポーションに回せることになります。

瑞兆「Sunburstってダメージ増加あったっけ?」
Golem「ないんじゃ……」
瑞兆「なかったよね?」
Golem「3SurgeでBlast1」
瑞兆「だよねぇ?」
kita「いや、もひとつ3Surgeでダメージ+1がある」
瑞兆「6Surgeか~」
kita「それはキツイやろ?」
瑞兆「まぁ……うん。私がSunburstを選ぶということは、(パワーダイス)3個振るうちの2個はブランクなんで」
kita「2個ブランクを確定させないでください!」
瑞兆「世の中そんなものです」

 自分がOLカードのカスタマイズの間に英雄プレーヤーたちは作戦会議。どうせネタバレだしモンスターの配置まで皆さんにお願いしました。さらに数分かかってようやくカスタマイズも終了。こちらとしては英雄を殺す気満々です。

kita「さ~て、準備完了? 命乞いの準備完了?」
瑞兆「おっけ~」
kita「ホンマに命乞いしたんか!」
瑞兆(棒読み)「ゆるしてくださいおねがいします」
kita「くそぉ」
瑞兆「口約束なんていくらでもできます」

 今回英雄側の持ち時間を決めて(100均でキッチンタイマーを購入)、ある程度プレイ時間の短縮化を図ってみました。ということでプレイレポートも短縮化(汗
--------------------------------------------------------------------------------
1ラウンド目
英雄側
ナノック:構える宣言、Leadership起動。疲労で扉を開き、英雄3人にRest。
アスタラ:戦う宣言+Rest前の疲労コンバートで5MP。1疲労でグレイ・カーにシールドを渡し4疲労で前進。1撃目は1射程足りず、疲労でパワーダイスを追加し、スケルトン2体を倒して終了。
グレイ・カー:Rest前の疲労コンバートで7MP+疲労移動(活力ポーション)で宝箱を開き、残り疲労+走る行動でお金を取って街に移動。

OL側
ヘルハウンドでアスタラに1ダメージ。
--------------------------------------------------------------------------------
 最初から攻めている英雄側なので、OLはあまりすることがありません。まあ1stラウンドなのでこんなもの。後半に挽回するとしましょう。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第30回:その1)
 22日から24日まで、JGCが開催されていました。自分が一番気にしていたのは23日の『ディセント完全日本語版体験会』。これ、開催されたのでしょうか? 何回も発売延期ですからねぇ……(汗
 アークライトさんのHPでは、8/21の時点で9月上旬中国から香港に向けて発送、だそうなので、実際に日本に「日本語版」がサンプルとかで入ってるかどうかが疑問なのですが……

 Descentの公式HPに、OLへのアドバイス的なページができたようです。ようです、というのは英語だから自分には何が書かれているかすぐには把握できないから(滝汗 ま、そのうち訳してみましょう。

 さて、話変わって久々にプレイレポートです。もはやいつプレイしたのかも忘れていたのですが(汗 そろそろ書いておかないとマズイかなぁ、と。
#実際にはちゃんとプレイ日時とかわかってますよ~

 今回はクエスト7。あの「The Black Blade」です。今回英雄は3人ですが、英雄選択もスキル選択も英雄プレーヤーに好きに選ばせます。あと、自分がOLなのでターンの開始時に疲労を消費して移動ポイントに変えておくのは当然OK。さらに「Soulbiter」の「呪い」は封印が完全解放された後にのみ発動、というルール。ここまで譲歩したのだから、それでもクリアできないようならもうこのクエストは封印しようか、くらいの勢いです。というか今までの経験上、そのくらい譲歩してもOLは勝てるんじゃないかと思っていました。唯一の不安点は、拡張(WoD&AoD)有りでクエスト7をプレイした経験が無いことですが、まあ大丈夫でしょう。

橋架「Leadership使うの初めてかもしれん」
kita「あ、そうなんだ?」
橋架「なんやかんやで、自分自身が使ったことはなかった」
kita「大丈夫大丈夫、LeadershipはたいていGolemさんにRestを乗せるっていう役割しかないから」
Golem「ひどいこと言うな、この人は」
橋架「あながち間違いじゃない」
Golem「どうして本当のことしか言わないの? この人は。もうちょっとオブラートに包んで」

瑞兆「あぁ、魔法系ってなんでこんなに悩ましいんだろう?」
Golem「Inner Fireいる? Inner Fireも候補に入れたいんだったら持ってって」
瑞兆「また悩ましいことを……うん、そうねぇ。ああ、悩ましいわ」
kita「悩め悩め~」

ということでいろいろ悩んだ英雄側の選択は以下の通り。
Golemさん:グレイ・カー(Master Archer、Skilled、Bardic Lore)
橋架さん :剣客ナノック(Tiger Tattoo、Leadership、Shadow Soul)
瑞兆さん :ルーンの魔女アスタラ(Blessing、Prodigy、Spilitwalker)
--------------------------------------------------------------
 さて、この組み合わせが吉とでるか凶とでるか。それは次回以降のプレイレポートをお楽しみに~

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

2日間ほど
 東京まで行ってきたのですが……手元に何故かこんなものが(滝汗
大丈夫かな?


 『Descent Only』って需要あるのかしらん?
 現在絶賛悩み中。

#出すとしたら、の今のところの案
#コピー本
# Descentの紹介文
# 香川ディセント友の会の紹介文(会員の紹介など)
# プレイレポート2本(公式クエスト)
# オリジナルクエスト
# ルール考察集
# 他
#ちらし
# 香川ディセント友の会の紹介文(コピー本と同じ)
# 「香川ディセント友の会」関係サイトの紹介文

 ま、受かるなんて思ってませんが(汗
もしまかり間違って、受かったらの話ですが
原稿の一部を引き受けてやろうじゃないか、という勇者募集中。

 何かご意見がございましたらコメントよろしくです。
そしたら!


FAQ Ver1.4より(その3)
 FAQに関する記事は今日でおしまいです。実際には最新のFAQの部分はもう少しあるのですが、あとはRtLに関するものばかりなので、今回の一連の記事にはあえて載せてませんし、まだ翻訳もしてません(汗 まだRtLは手に入れていないので、入手した時にでも訳してみることにしましょう。

 ということで前回の続きから~。
--------------------------------------------------------------
Q:もし英雄またはモンスターが穴にいる場合、巨大なモンスターはそのフィギュアの上を無害に歩くでしょうか? それとも回転する巨石が行うように、穴の中にそれらを密封するでしょうか?
A:いいえ。

Q:正確には、空の区画とは何ですか?
A:空の区画は全ての障害物および全てのフィギュアがない区画です。それはポーション、宝箱、ファミリアまたは他の非障害物トークンを含んでもかまいません。唯一の例外は崩壊した土地が、それ自体で、空ではない区画にしないということです。

Q:シールドのようなアイテムが消費された場合、(もしあれば)その受動的な能力は無効になりますか?
A:いいえ。ただ1つの制限は、アイテムが回復されるまで消耗することをそれに要求する任意の能力を使うことができないということです。

Q:影のマントは爆炎とどのように対応しますか? 攻撃の源は攻撃者と考えられますか? または爆炎の出所の区画であると考えられますか?
A:攻撃の源はまだ攻撃者であると考えられます。もし爆炎攻撃を備えた英雄が彼自身に当てることなく影のマントのモンスターに当てることを望む場合、彼はモンスターの隣接に移動し、英雄ではなくモンスターに命中するような(潜在的に空の)区画を攻撃の目標とするべきです。

Q:攻撃のためにSpiritwalkerを用いる英雄は、彼の実際の区画がCommanderの範囲にいる場合にCommandから恩恵を受けますか? または彼がSpiritwalkしている人がCommanderの範囲にいる場合ですか?
A:攻撃はあたかも攻撃者が彼の味方によって占められた区画にいるかのように行われます。したがって、もし味方の区画がCommandや同様の効果の範囲にいる場合に、それらからの恩恵を受けます。しかしながら、もし英雄がCommand能力を持つ場合、彼は常に彼自身の範囲にいます。

Q:英雄は彼の影の魂ファミリアとの交換能力を、彼が街にいる間に使うことができますか?
A:いいえ。
--------------------------------------------------------------
 Spiritwalker&Commandは、ちょっと今まで別のプレイをしていたかもしれないなぁ、とか思ってます。あまりCommand持ちとSpiritwalkerを使う人が同じパーティに別のキャラでいた、ということが無かったような気がするので、記憶があいまいですが(汗

 あと、本当はAoDの宝箱の中身についての記事がないかなぁ、とちょっとだけ期待していたのですが、今回には無かったのでちょっと残念だったり。というかアメリカではAoDの公式クエストをプレイしている人はいないのか? と疑問に思ってみたり。公式BBSに書き込んでみた方がいいのかなぁ?

 何かご意見、誤訳の指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

FAQ Ver1.4より(その2)
 某芝のDVDレコーダ「VAR○IA」を見て、「ヴァラディアか?」と思ってしまった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 それでは昨日の続きです。
--------------------------------------------------------------
Q:英雄たちは積極的に他の英雄を目標にするおよび攻撃することができますか?
A:はい、彼らの十分な賛辞のダイスを振らなければなりませんが。これらの場合で、英雄プレーヤーは彼らが扱うダメージを制限するために、全ての彼らの波動を費やさないことを選んでもかまいません、しかし英雄たちはまだこの戦術を使うことを決定する前にとても注意深く考慮しなければなりません!

Q:英雄たちは空の区画を攻撃することができますか? 例えば、爆炎はある空の区画を中心に影響することができますか? また英雄は彼のStaff of Knowledgeをオーバーロードの脅威を焼くために角に発射することができますか?
A:はい。しかしながら、もし波動を費やした後に攻撃の範囲に有効な目標(英雄またはモンスター)がない場合、全体の攻撃は効果なしに取り消されます。これはもし爆炎が十分に大きくない場合、攻撃が失敗することを意味します。そしてStaff of Knowledgeはその能力を使用するために何かを実際に打たなければなりません。

Q:オーバーロードが“Dark Charm”で英雄を制御している時、波動やパワーダイスをどのように費やすかを誰が決定しますか? オーバーロードはキャラクターを移動させたり攻撃させたりすることができますか? それとも移動すること無く1回の攻撃を単に行うことができますか? Dark CharmされたキャラクターはAimやDodge命令を用いることができますか? シールドやGhost Armorのような防御能力が使われるかどうかを誰が決定しますか?
A:オーバーロードは英雄の波動やパワーダイスの使用を含む、その攻撃のための英雄を制御します。オーバーロードはさらに“Aim”のようなカードをその攻撃にプレイすることができます。しかしながら、オーバーロードプレーヤーはキャラクターを移動させることができず、英雄に攻撃を加えるために疲労を費やすことを強いることができません。オーバーロードはキャラクターに任意の命令を使うことを強いてはいけません。英雄はシールドやGhost Armorのような任意の彼女の防御オプションの制御を保持します。

Q:援護のタイミングはDark Charmとどのように対応しますか? 私はオーバーロードがDark Charmを私にプレイして、それによって私が援護命令を失わない時、私の援護命令を攻撃のために使うことができますか? 私はオーバーロードがDark Charmを用いている英雄の援護命令を攻撃のために使うことができますか? いずれの場合にも、私はカードが効果を発揮するかどうかを調べるためにダイスが振られる前または後にそれを行うことができますか?
A:援護命令はオーバーロードにいつでも割り込むことができます。しかしながら、それぞれのアクションは一旦それが始まると、その全体の中で解決されなければなりません。(例えば、もしオーバーロードが攻撃を決定する場合、あなたはオーバーロードに割り込むことができますが、もしあなたが攻撃しないことを選択する場合は、あなたがあなたの援護命令を使う他のチャンスを持つ前にその全体が解決されなければなりません。あなたは援護を決定する前に攻撃が失敗するかどうかを確かめるために待つことはできません。) したがって、Dark Charmのために、一旦オーバーロードがカードをプレイしたら、あなたは直ちに援護命令でそれに割り込むかどうかを決定しなければなりません。もしあなたがしないことを選択する場合、オーバーロードはダイスを振ることを進め、あなたはカード(およびもしあれば、その攻撃)を完全に解決するために待たなければなりません。もしあなたがDark Charmに割り込み、目標の英雄を殺す場合、そのカードはさらなる効果無しにキャンセルされます。
--------------------------------------------------------------
 英語を訳してみたのですが、うまく訳せていない部分がかなりありますね。この日本語で何を言いたいかわかるでしょうか? と心配になってみたり。ということで、正確に知りたい方はご自身で訳してみてください。
 何かご意見、誤訳の指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!