ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Large monster and Mud
 お久しぶりのkita@香川ディセント友の会です。どうやらアメリカでは「The Tomb of Ice」が発売された模様ですね。自分も日本で流通しているのを見たらおそらく購入するでしょう。ただ問題は…


1個購入するか? 2個購入するか?

 自分はどうしたらいいのでしょうか?(汗

 さて、現在Descentの公式Message Boardに投稿されている質問に、どんなものがあるか調べています。その中に興味深い記事があったので今回はそれを紹介しましょう。

Q:より大きな創造物が泥の領域を通過する場合、どのように移動損失を数えるか? 例えば、ヘルハウンドが1区画の泥を越える場合。

 公式FAQ Ver1.4には、
--------------------------------------------------------------------------------
When a large monster moves, it suffers the negative effects only of whatever terrain its “front” half enters. For example, if a spider were to move from four clear squares to a mud square, it would suffer a movement penalty.
--------------------------------------------------------------------------------
巨大なモンスターが移動する時、その“前面の”半分が入る土地はなんでも、負の効果のみ被ります。例えば、もしスパイダーが4つの空の区画から泥の区画へ移動した場合、それは移動のペナルティを被るでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
 とあります。ふと気になって「泥」のルールを確認してみました(WoDルールブックP4右中央)。
--------------------------------------------------------------------------------
Large figures are affected by mud, but only if they make a move that results in the entire figure occupying mud spaces.
--------------------------------------------------------------------------------
巨大なフィギュアは泥の影響を受けます。しかし、もしそれらが結果としてフィギュア全体が泥の区画を占める移動をする場合です。
--------------------------------------------------------------------------------

 おーい! 言うてることちゃうやん! これは公式FAQによってルールが改訂されたということでしょうか?

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

突撃
 「ディセント完全日本語版」をお持ちの方より情報をいただきました。マスターカード(オーバーロードカード)の「突撃」(Charge)です。日本語版の記述は
---------------------------------------------------------------
あなたがこのターンの最初のモンスターを活性化する前にこのカードをプレイする。今回に限り、各モンスターの移動力が2倍になる。
---------------------------------------------------------------

 友の会の方々にはかなり違和感のある内容ではないでしょうか? 自分も違和感がありまくりです。では英語ではどうでしょう?
---------------------------------------------------------------
Play when you activate a monster. Double the monster's speed for this activation.
---------------------------------------------------------------
モンスターを活性化する時にプレイしてください。この活性化でそのモンスターの速度を2倍にしてください。
---------------------------------------------------------------

 日本語版(日本語訳付き版)では、最初のモンスターの活性化となっていますが、英語版の場合は「最初の」という記述はないため、1体のモンスターにのみ適用されるカードとなります。

 気になったので似たようなカードである「憤怒」(Rage)を調べてみました。

日本語版
---------------------------------------------------------------
あなたがモンスターを活性化するときにプレイする。そのモンスターは、今回に限り、攻撃を2回(「速攻」を持っているならば4回)行ってもよい。
---------------------------------------------------------------

英語版
---------------------------------------------------------------
Play when you activate a monster. The monster may attack twice during this activation (four times if it has Quick Shot).
---------------------------------------------------------------
モンスターを活性化する時にプレイしてください。そのモンスターはこの活性化の間2回攻撃をしてもかまいません(もしモンスターがQuick Shotを持っている場合、4回です)。
---------------------------------------------------------------

 お気づきになると思いますが、英語版の前半の文章はChargeもRageも全く同じです。どうして日本語版で訳が違うのか……

 ということで自分は、「突撃」に関しては日本語版(日本語訳付き版)の誤訳だと考えていますが、プレイする際のマスター(オーバーロード)の裁量にまかせるべきでしょう。なにせ日本語版しか知らない場合もあるでしょうから(自分は当然英語版に従います)。

 なお、日本語版の場合、この「突撃」のプレイ条件は「最初のモンスターの活性化時」であり、「憤怒」のプレイ条件は「モンスターの活性化時」です。イベントカードは1つのプレイ条件につき1枚しかプレイできませんので、「突撃」と「憤怒」は1体目のモンスターには同時に使用できません。しかし1体目の活性化時に「突撃」をプレイしたのであれば、2体目以降に「憤怒」が使用できるので、獣人を召還した時などはかなり有用でしょう。
(11/19修正)
 なお、日本語版の場合、この「突撃」のプレイ条件は「最初のモンスターの活性化前」であり、「憤怒」のプレイ条件は「モンスターの活性化時」です。つまり両者をほぼ同時に使うことができます。しかし、英語版の場合は「Charge」と「Rage」は完全に同一のプレイ条件のため、同時に使用できません。そのためでしょう、拡張(AoD)で「Enraged」という両方を兼ね備えたカードが導入されたと自分は考えています。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第34回:その16)
 おそらく過去最長の記事数になった第34回遊会も今回で最後です。後日、wikiサイトの「活動記録」も更新する予定。

というわけで前回の続きから~
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
24ラウンド目
ソーン:進む宣言。ビーストマンを倒し、移動&疲労移動で逃げる。
キルガ:走る宣言。街まで逃げて終了。
ナノック:構える宣言。ヒーリングポーションを購入して飲み、Restを構えて終了。

OL:Blood Ape Tribeをプレイし、女王グモへの通路を塞ぐ。女王グモはさらに銀の宝に移動。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
25ラウンド目
キルガ:構える宣言。買い物してヒーリングポーションを飲んでRestを構えて終了。
ソーン:構える宣言。買い物してヒーリングポーションを飲んでRestを構えて終了。
ナノック:走る宣言。ヒーリングポーションを飲んで終了。

OL:Beastmen War Partyをプレイし、ブラッドエイプの周りに配置。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
26ラウンド目
キルガ:走る宣言。ヒーリングポーションを飲んで終了。
ソーン:走る宣言。ヒーリングポーションを飲んで終了。
ナノック:走る宣言。ヒーリングポーションを飲んで終了。

OL:何もせず終了。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
27ラウンド目
ソーン:進む宣言:エリア2西側から疲労で現れ、疲労移動で瓦礫を越えてスパイダーを攻撃するも×。逃げて終了。
ナノック:進む宣言。盾を構えてエリア4から現れ、素手攻撃でベインスパイダーを攻撃して倒す。
キルガ:進む宣言。エリア4から現れブラッドエイプを倒し、ナノックにMirror Shieldを渡して終了。

OL:Dance of the Monkey Godをプレイ。ナノック、キルガが猿になる。マスタービーストマンをナノック(猿)に近づけてから、ビーストマンでナノック(猿)を攻撃。ダークプリーストにRageをプレイし、ナノック(猿)を攻撃するも1回は×。残り1回の攻撃ともう1体のビーストマンでナノック(猿)を攻撃し殺す。呪いの乗っていたナノック死亡により達成トークンが0になりOL勝利。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 開始2ラウンド目で引いた『Dance of the Monkey God』がここにきてようやくプレイできて、OL勝利で終わりました。今後自分がOLする時で、罠の背信が3点以上あったら絶対入れてる、と思って間違いないでしょう。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第34回:その15)
 以前から指摘されていた掲示板ですが、新しいのを借りてみました。こちらの方が良いという意見が多ければ、そのまま旧掲示板から移行しようと思います。

 では前回の続きから~
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
23ラウンド目
キルガ:進む宣言。スケルトンを攻撃し倒した後、エリア4北側の遭遇マーカーで行動終了。
ソーン:進む宣言。ベインスパイダーを攻撃し倒した後、エリア4南側の遭遇マーカーで行動終了。

#この時点でエリア5への扉が開く。

ナノック:パワーダイス2つとも波動を出し、Webから脱出する。

瑞兆「死んで欲しくない」
橋架「死んで欲しくはないよなぁ、でも」
kita「OLターンで4点消えるよね(Urgencyの効果)。もしここで、ソーンが死んで、ナノック死んだら、終わりやね」
瑞兆「ナノックは街に帰って欲しい」
kita「ちなみにナノック残り負傷値は?」
ピエ「5」
瑞兆「死ぬ可能性が高い」
kita「(敵の攻撃で)9点出すのは難しいけど、7点2回なら可能性はゼロではない」
瑞兆「うん、なので帰った方が良い」
kita「宣言を」
瑞兆「宣言……買い物もできないよね?」
kita「お金があるかどうか」
ピエ「無い」
瑞兆「無い。全然無い」
kita「じゃあどうやって回復させるの?」
瑞兆「ヒーリングポーション2つ持ってるから……新たに(敵に)攻撃をさせないためにも、進む宣言ですね……疲労は満タンですよね?」
ピエ「うん」
瑞兆「進む宣言で、マスターベインだけやっつけて帰る」
kita「行きがけの駄賃だ!」
瑞兆「2疲労するだけで街に帰れるから」
kita「その前に武器の持ち替えがいるけどね」
瑞兆「装備フェイズで持ち替えれば済む」
kita「あ、あえてここは、Berserkerがあるから、盾で殴る」
ピエ「いやいや、それはさすがに盾ではキツイと思う」
瑞兆「(マスターベインスパイダーは)4、2の6点だよ」
kita「6点だよ。Berserkerって1/4だと+4じゃなかったか?」
ピエ「はい」
kita「ということは、2点だせば良いんだよ。赤と黒2つで」
瑞兆「いや、これ(Belt of Strength)がある」
kita「あ、そうか。1点だせば良いんだよ」
瑞兆「武器変えなくて良いよ、やっちゃえやっちゃえ!」
kita「Berserkerが唯一ここで! ナノックで役に立たないと思われていたBerserkerが!」
瑞兆「宣言、進む、でお願いします」
ピエ「じゃあ宣言進むで」
瑞兆「で、まず1歩目で(ヒーリングポーションを)飲んでください。穴に落とされる可能性があるので」
kita「いや、そうすると+4が+2になるので止めた方が良いと思う」
瑞兆「オーバーロードを一応信じよう。ここでオーバーロードはSpiked PitとかPoison SpikesとかCrushing Blockを出さない」
kita「はい、無いです! どうぞ!」

ナノック:進む宣言。マスターベインスパイダーを攻撃して倒し、ヒーリングポーションを飲む。街に移動して終了。

OL:3枚引いてOLカード尽きる(達成トークン4点減少、残り5)。ビーストマン3体でソーンを攻撃。残り負傷値1まで削る。女王グモを銀の宝の近くまで移動させて終了。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 OLが勝つためにナノックに行ったWebをあっさりと1ターンで突破され、さらにソーンも殺しきれなませんでした。ここで終わらせるつもりだったのですが……悔しいですねぇ。いよいよ最終決戦に向かって突き進む英雄たち。このあとどうなったのか! というところで以下次回以降に。
 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第34回:その14)
 会社で「The Tomb of Ice」の日本語訳をぼちぼちと進めています。その中で思わず「え?! そうやったんか!」と驚いたことがあったのでここで書いておきます。

不死身ポーションは街のショップで購入できる(50コイン)。

 それならそうとAoDのルールブックに書いておけ~!!(血涙 今まで「購入不可」でプレイしていたじゃないか~! まあ今まで「買いたい」っていう人は少なかったと思うので、そんなに影響は無いと思うんですけど……

 なおこれは、不可視ポーション(ステルス能力を一時的に得るためのポーション)の説明の最後に書いてありました。

 ということで前回の続きからです~
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
21ラウンド目
キルガ:構える宣言。階段からエリア2西側に移動し、お金を取り、Dodgeを構えて終了。
ソーン:進む宣言。スケルトンを攻撃して倒す。移動&疲労移動で街に戻ってヒーリングポーションを飲み終了。
ナノック:走る宣言。1区画移動したところで「Poison Spikes」を喰らうも、街に戻って買い物(ヒーリングポーション2本)。

OL:Danger2枚を廃棄し、DOOM!をプレイ。スケルトンでキルガを攻撃するもダメージ通らず。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
22ラウンド目
ソーン:構える宣言。買い物(ヒーリング&活力ポーション)してヒーリングポーションを飲み、Restを構えて終了。
キルガ:何もせず終了。
ナノック:構える宣言。街からエリア4に移動してDodgeを構え遭遇マーカーの上で終了(毒消える)。

#本来なら1度エリア4の遭遇マーカーの上で
#移動を終了しているナノックは毒が消えない
#(効果が無い)が、ルール説明していなかったので
#特例でOKとした。

OL:Bane Spider Swarmをプレイ。マスターベインスパイダーにRageをプレイし、ナノックを2回攻撃。ダメージは通らないもののWebを2つ与える。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 最も高い攻撃力(Grinding Axe)を誇るナノックを、Web2つで封じ込めることに成功しました。残り負傷値も少ないので、このままナノックをちまちまと攻撃して倒せばかなりオーバーロードの勝利が近づきます。英雄側の運命やいかに! というところで以下次回以降に~

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第34回:その13)
 ちょっと仕事に時間を取られ、前日はUPできませんでした(涙 というかテキスト起こしが進んでない~(号泣

 とにかく前回の続きからです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
18ラウンド目
ナノック:走る宣言。街に戻ってAldar's Mirrorをソーンに渡し、特訓トークン&活力ポーションを購入。ヒーリングポーションを飲んで終了。
ソーン:走る宣言。Grinding Axeをナノックに渡し、ヒーリングポーションを購入。

OL:モンスターの移動だけで終了
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
19ラウンド目
キルガ:戦う宣言。疲労移動して街からエリア3東側の階段を経由してエリア4に移動し、ベインスパイダー、マスターベインスパイダーを攻撃し倒す。さらに疲労移動して終了。
ソーン:戦う宣言。疲労移動して街からエリア3東側の階段を経由してエリア4に移動し、ベインスパイダーを攻撃し倒す。スケルトンに攻撃は×で失敗。
ナノック:構える宣言。街から出てRestを構えて終了。

瑞兆「オーバーロードターンスタート」
kita「はい、いっきま~す。(脅威トークン)2点、(OLカード)1、2、3」
(OLカードを2枚廃棄しながら)
kita「Paralyzing Gasが2枚きた」
瑞兆「いらねー。あーでもParalyzing Gasって大きいんだね、得られる脅威コスト。2つで6ポイントか」

#この時点で残りの扉は1枚。しかも遭遇マーカーに
#英雄が乗ることによってのみ開くので、
#Paralyzing Gasをプレイする場所が無い。

OL:Dark Charmをプレイ。Restを構えているナノックを目標に。空白の出なかったナノックは、自分自身を1回攻撃し、ダメージ8点を与える。レイザーウィング、スケルトンでソーンを攻撃し、ダメージを与える。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
20ラウンド目
ソーン:構える宣言。レイザーウィングを攻撃し倒す。ヒーリングポーションを疲労で飲み、Dodgeを構えて終了。Earth Pactの効果で2点追加回復。
キルガ:戦う宣言。スケルトンを攻撃し倒す(3回ダイスを振って最初2回×)。
ナノック:構える宣言。Restを構えて終了。

OL:Black Orderをプレイ。スケルトンでソーンを攻撃しダメージを与える。ダークプリーストの攻撃は×。マスターダークプリーストの攻撃はナノックに多少ダメージを与える(Rest消える)。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ナノックのRestを2回連続で消せたのが大きいですね。こうやって時間稼ぎをすればUrgencyの効果で英雄側がますます不利になりますから。この後英雄側が挽回するのか? それとも? というところで以下次回以降に~。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第34回:その12)
 家に帰ると、とある会から薄青色の大きめの封筒が届いていました(謎

 では前回の続きからです。キルガは街でどんな買い物をするでしょう?
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
キルガ(続き):街に戻って買い物。

kita「銀(の宝)買える?」
瑞兆「買える」
kita「スカラベが待ってるよ」(注:Scarab of Deathは金の宝です)
瑞兆「スカラベかぁ……それも良いなぁ」
橋架「現実的に行くか」
kita「まあ現実的に行くのかな?」(特訓トークンを出す)
瑞兆「ああ、それ?」
kita「違うの?」
瑞兆「違う。現実的にいったらまずヒットポイントの回復なんだ」
kita「ああなるほどね。じゃあ銅(の宝)2枚かな?」
瑞兆「それも面白いねぇ……じゃあこれで、銀の宝1枚。よく性格をわかってらっしゃる」
(銀を1枚引いて)
瑞兆「よし、きたっ!」
kita「不死身ポーションをあげよう」
瑞兆「50コイン貰います。これで(ヒーリング)ポーションが買える」
(もう1枚引いて)
瑞兆「よっしゃ!」
kita「うわっ! 本気でスカラベ引きやがった、ってえっ? サイズか?」
瑞兆「サイズ」(Scythe of Reapingのこと)
kita「なんて運の良さだよ……腹が立つなぁ」

OL:Beastmen War Partyをプレイ。ソーンを攻撃し殺す。

橋架「ああっ、何故わたしは街にいるんだ?」
瑞兆「死んだから」
kita「冷静に言うな」
瑞兆「え~、だってお悔やみ申し上げないと。あなたは14番を選択したから、というヤツだ。古いネタで」
kita「ごめんなさい、わかりません」
瑞兆「昔々、ゲームブックというものが隆盛だった頃、致命的な失敗をしたときに、『あなたは14番に行く』と書かれているんですね。で14番に行ったあとに、なかなかしゃれの効いた文章がありまして、『あなたは深い深い地中の中にいることに気づく。ただ気づいたといってもそれはあなたが知覚している訳ではない。あなたは深い深い土の中の暗い暗い箱の中にいるのだ。地上ではあなたの葬儀の声がしている。つまりあなたは死んだのだ』というのがありまして。こういうブラックジョークの利いたなかなかの楽しいヤツというのは全部14番なんですね」
kita「なるほど」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 英雄も運が良いのですが、OLも頑張って再びソーンを殺しました。前回と今回で英雄たちはかなり武器が充実したので、ここからがお互い正念場という感じでしょうか? このあとどうなるかは以下次回以降に~

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第34回:その11)
 「ディセント完全日本語版」をカルマさんに見せて貰いました。そこで発見できたエラッタをwikiサイトの方にまとめました。以前掲示板にも質問があり回答しましたが、それにさらに追加されていますので、興味のある方は是非ご覧いただけますようお願いいたします。

 では前回の続きから~
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
17ラウンド目
ソーン:マスターレイザーウィングを攻撃するも×。
ナノック:進む宣言。ヒーリングポーションを取りつつマスターレイザーウィングを攻撃。

ピエ「(マスターレイザーウィングを)殴ります」
瑞兆「(殺すには)9点」
ピエ(ダイスを振る)「1、2、3、4、えっと、5、6、7、8点」
kita「惜しいねぇ」
瑞兆「あと1点無し?」
橋架「疲労も何もない」
瑞兆「AxeもBelt of Strengthも全部入れて?」
kita「そこそこのダメージだよ。平均に近いと思うよ」
瑞兆「宣言進む」
kita「というわけでここのクエスチョン(遭遇マーカー)が消えます。(ナノックはここで)行動終了したからね」
瑞兆「清らかな泉に入ったあなたは身体の中から毒素が消えるのを感じます」
kita「(ナノックには)毒なんてねぇけどな!」
瑞兆「いやぁ、kitaさんは確かに」
kita「俺に毒があると言いたいのか?!」
瑞兆「いやいや、何の話ですやら」

キルガ:進む宣言。マスターレイザーウィングを攻撃し倒す。銀の宝を開く。

kita「おっ! 銀3だよ!」
瑞兆「銀3ですか?」
橋架「(達成)トークンはないけど、(銀の宝が各)2枚とみた」
kita「シルバー3は、1 Silver 150 Coins。残念でしたねぇ、Silver1ですねぇ」
瑞兆「あ~、(2枚なのは)Silver2なのか」
kita(銀の宝カードの山札を出して)「さ~引け!」
瑞兆「さ~スカラベ来い!」(注:Scarab of Deathは金の宝です)
kita「おお~!」
瑞兆(橋架さんのカードを見て)「Grinding Axe! 良いの引いたねぇ」
橋架「そっち(瑞兆さん)が?」
kita「でた~、Mirror Shieldときたぁ!」
瑞兆「みんな、街に帰ろう!」
ピエ「行きましょう」
橋架(ピエロさんに)「あなたの武器はこれ(Grinding Axe)になります。斧が強くなりました」
kita「むちゃくちゃ強くなります」
瑞兆(ピエロさんに)「それは何?」
ピエ「Sorcery2」
kita「あぁっ! 魔法(攻撃)でSorcery2だ!」(Aldar's Mirrorのこと)
橋架「私に貰える?」
kita「で、残りのシールドが誰に行く?」
瑞兆「私か?」
kita「Aimed Attackができなくなるけど?」
瑞兆「悩ましいのが来たなぁ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 というところで、瑞兆さん操る「キルガ」がこの後街で買い物をするところからを以下次回以降にしたいと思います。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第34回:その10)
 ちょっと更新が遅れました。バタバタしてたものでして(汗

 では前回の続き。オーバーロードのターンからです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
kita「うわ~……うわ~……」
瑞兆「そろそろ(脅威コストが)溜まったかな?」
kita「今21点か」
橋架「(Evil Geniusには)あと4点?」
瑞兆「もう入ってると見ていいから、近いねぇ、Evil Genius」
橋架「さらに(OLカードが)まわるもんね。Evil Geniusプレイしたら3、3になるの?」
kita「(1ターンで)まわる枚数?」
橋架「捨てるカードの枚数」
瑞兆「Urgencyとの組み合わせ? 2枚のハズ」
kita「Evil Geniusは3枚引くカード。Urgencyは2枚(山札から)追加で捨てるカードだから」
瑞兆「だからUrgencyとEvil Geniusは結構良い組み合わせ」
kita「う~ん……」
瑞兆「悩んでるねぇ」
橋架「Spawnどうします?」
瑞兆「Dark Charmもあるしねぇ。でもDark Charm使うほどみんな強力な武器を持ってないよね」
橋架「これで瑞兆さん(のキャラを)Dark Charmしたら振り直しもできるん?」
瑞兆「英雄の特殊能力については、残念ながら英雄に選択権がある」
kita「だから振り直さない、って言ってもいいし、振り直して強力なダメージを減らすこともできる。しかも僕は瑞兆さんの出目を信用できないのよ」
瑞兆「そうだねぇ。×の確率も今私が振ってるのは1/3くらい。で、ダメージも平均を下回ることが多い」

OL:Beastmen War Partyをプレイ。エリア3の灰色の階段のそばに発生させる。スケルトンでキルガを攻撃し、Restを潰す。ビーストマン、マスタービーストマンでソーンを殺す。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
15ラウンド目
キルガ:進む宣言。スケルトンを攻撃して倒し、移動して活力ポーションを飲み、終了。
ナノック:進む宣言。移動してマスタービーストマンを攻撃して倒し、終了。
ソーン:走る宣言。買い物をして活力ポーションを1本買い、エリア3の魔法陣から灰色の階段を通って特殊能力移動も使ってビーストマンから離れて終了。

OL:OLカードを引ききる(達成トークン4点減少)。Evil Geniusをプレイ。モンスターを移動させて終了。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
16ラウンド目
ナノック:構える宣言。移動してエリア4の中央に進み、Guardを構えて終了。
ソーン:進む宣言。特殊能力移動を使ってエリア4の中央に進み、マスターレイザーウィングを攻撃するも、残り1点まで削って終了。
キルガ:進む宣言。移動&疲労移動をしてエリア4の中央に進み、残り1点のマスターレイザーウィングを攻撃して倒す。さらに疲労移動して魔法陣を活性化。

OL:マスターレイザーウィングでソーンを攻撃し、Stunさせる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 英雄の特殊能力は英雄に選択権があるって、当たり前に書きましたけどエビデンスどこだっけ、と今探しています。ひょっとしたら無いかも?(汗

 誰か教えてください。何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!