ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Transformed into a monkey & spawning
 公式HPのMessage Board(Forums)の古いやつには何か面白いのはないかと思って見てみると、"Transformed into a monkey & spawning"という記事を見つけました。

Q:オーバーロードは、猿になった英雄の射線の通る区画にモンスターを発生させることができますか?

というものです。自分は「できないに決まってるやん!」と思っていたのですが、その質問者は続けてルールを転記していました。

--------------------------------------------------------------
Transformed
Curse of the Monkey God is a trap card the overlord can play when a hero opens a chest. The hero must roll one power die. If he rolls a blank, the card has no effect. If the hero player does not roll a blank, the hero is transformed into a monkey. When a hero is transformed into a monkey, the player must immediately replace his hero figure with the monkey marker.
--------------------------------------------------------------
 "Curse of the Monkey God"は英雄が宝箱を開いた時にオーバーロードがプレイ可能な罠カードです。英雄は1つパワーダイスを振らなければなりません。もし出目が空白の場合、そのカードは何の効果も持ちません。もし英雄プレーヤが空白以外の出目を振る場合、英雄は猿に変身します。もし英雄が猿に変身した時、プレーヤは直ちに彼の英雄フィギュアを猿マーカーに置き換えなければなりません。

--------------------------------------------------------------
Spawning
The overlord player may not place a spawned monster in a space to which any hero figure on the board has line of sight.
--------------------------------------------------------------
 オーバーロードはボード上の任意の英雄フィギュアが射線を持つ区画にモンスターを発生させることができません。
--------------------------------------------------------------

 そう、『英雄フィギュア』なんです! だから「猿になった英雄は射線を持っていない」と質問者がDescentを英雄でプレイした時にオーバーロードに言われた、ということだそうです。

 う~む……たしかにこう反論されたら何にも言い返せないような……

 なお、この記事にレスしている方は、「猿になったとはいえ英雄は英雄だから射線を持つ(スキル等は猿になっても生きているし)」という反論をされていましたので、少なくともkitaがオーバーロードの時はこのままそれに従おうかと思っています。

 ただ以前「猿ってフィギュアじゃなくてマーカーだからモンスターを通り抜けるよね」みたいなプレイをしたので「マーカーなんだからモンスター発生できるよね」とそのときにオーバーロードに反論されたら「そ、そうですね(涙」と許すしか無いような気がします。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

Message Boardを覗いてみると
 友の会の皆さんにご連絡です。とある事情により、私の部屋の冷蔵庫が無くなります。今後遊会でkitaの部屋に来られる場合は、遊びに来られる方ご自身で飲み物を準備してきてください。

 さて、表題です。ネタが無い時はルールの質問だ、ということで本家のメッセージボードを覗いてみたのですが、「なるほど~、こういう場面は悩むわなぁ」とこっちが感心するような質問は無いものです。ルールブック読めばわかるやろ! とツッコミを入れたくなる質問が多いんですよね。真剣にルールブックを読んでいる人や、それを記憶している人が少ないということかもしれません(汗 でもまあこちらとしても取り上げることでblogのネタになるから良いかな?

■Ice Stormを備えた英雄に特攻され、モンスターがたくさんいる部屋の中央を起点に攻撃された、というもの。質問者(オーバーロード)は「前にいるモンスターが邪魔をして射線が通っていないからそこには攻撃できない」と言ったのに、英雄側は「Blastは射線を無視する」と言ったというのです。

 Blastは特殊能力であり、Blastの前にまず攻撃が成功するかどうかの判定が必要です。攻撃は目標とする区画に射線が通っていなければならない、という明確なルールがありますから、前にいるモンスターが邪魔をしている場合には、モンスターの奥を目標とすることはできません。
 Blastが発動し、どのモンスターが巻き込まれるか、ということに関しては、Blastの数値内の区画にいるモンスター、が答えとなります。ただし、Blastの起点となる区画からターゲットとなるモンスターの間に障害物がある場合には無効です。公式ルールブックの22ページ左下の図(Blastの説明)をご覧ください。

■ある英雄のターンの最後に、彼は2疲労を消費して武器を装備から外しました。その次の英雄はLeadershipを持っていたので、先ほどの英雄にRestを渡しました。質問者(オーバーロード)の質問は「2疲労で再装備することは可能なのか?」というものです。質問者はDark Charmが使えなかった、と嘆いています。

 英雄のターンの間、彼はいつでも疲労を移動ポイントに変換することができます。彼はまたターンの開始時以外で、2移動ポイントを消費することで再装備が可能です。つまりは2疲労で再装備可能、ということになるのです。Dark Charm対策として、こういった再装備というのは有効な手段です。オーバーロードとしては「2疲労使わせたからおっけ~」と思わないといけないでしょうね。

■質問者(オーバーロード)の質問は「街でRest命令は使えるか? Run行動は使えるか? 街で英雄同士は攻撃できるか?」というものでした。

 最初の2つは当然できることです。街でRest命令を乗せるのは、安全に疲労を回復することができる有効な手段ですし、買い物は3移動ポイントを必要とするため、購入したアイテムを分配することを考え、Run宣言して行動することを咎めるルールはありません(麻痺してた、とかは例外)。最後の質問ですが、どうやらこの質問者(オーバーロード)は、街にいる英雄にDark Charmをプレイしたらしいのです! それに対して英雄側は「街で攻撃はできない」と反論したそうです。

 そもそも街にいる英雄に対して、オーバーロードはカードをプレイすることができません。そもそもDark Charmはプレイできないのです。

 ちょっと気になるのは、英雄が望んで他の英雄を攻撃することはできるか? という点ですが、おそらく「できる」でしょう。英雄を積極的に攻撃目標としてもかまわない、と公式FAQに載ってますから、街でも可能でしょう。毒をたくさん喰らってしまって、回復させるお金もアイテムも無い、という場合などで手っ取り早く英雄を回復させる手段の1つだと思います。達成トークンが余っている場合には、ですが(汗

 さて、こういった質問が公式のフォーラムに書き込みされる、ということはあっても我が『香川ディセント友の会用掲示板Ver2』にはありません。kitaに「何を当たり前な」と思われるのは恥ずかしい、とかあるかもしれませんが、日本とアメリカは違うんです。向こうは原文をそのまま理解できる人が多いのに対して、日本はそうじゃありませんから、基本的なことでもわからなくなることがあるのです。どうぞお気軽にご質問とかあれば書き込んでください。よろしくです。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

ご報告
 夏コミ、落ちてました。



 ゲームマーケットの前日にお世話になった神無月さんが「払戻金でサークル参加申し込んだら落ちるっていうジンクスがある」とおっしゃっていたのですが、見事にその通りになりました。でもこういう風に言われたら反抗したくなってしまう性格の自分。こうなったら徹底的に「払戻金でサークル参加申し込み」を続け、受かりたいと思います。

 そういえばそのゲームマーケットで、50くらいの方で「SoBがとても面白い」とおっしゃっていた方を思い出しました(コメントにも書きましたが)。ディセントではなく「ディースント」と発音されていましたね。そういう人を昔どこかで検索して見かけたなぁ……と思って探したら、ここでした。ご本人かどうかは不明。「ディースント」と発音する方がネイティブの発音に近いのでしょうか? SPACE ALCのDescentの発音記号を見ても、ディセントと読むと思うんですけどねぇ……

 で、comicomiの会場で、ゲームマーケットで起こった話を[お手玉ピエロ]さんにしている途中、「腰のすごく曲がった80くらいのおじいさんが買いに来た」という話をしたら、「それ鈴木銀一郎先生では?」と言われました。昔にTheゲームナイトという番組があって、そのゲストに出ていたのを見たくらいしか鈴木先生を知らないのですが、違うような気がするんですけどねぇ……だいたい鈴木先生は「くにとりっ!」の体験会にゲストとして呼ばれていたはずで、6Fの一般サークルのところをうろつく暇は無かったんじゃないかと思いますね。って本人だったらどうしよう (今更どうしようもありません>自分)。

 そのゲームマーケットのレポートをちょこちょこ探していたら、Group SNEの方も参加されていることを知りました。ここにレポートがUPされています。こういうTRPGとかボードゲームとかで有名な方も参加されているんですねぇ、ってある意味当たり前か。こういう有名な方に認知され、一目置かれるようになるのを目標にDescentの普及を頑張りたいと思います。

 あ、comicomi会場でお会いした兵庫の大学生の方に「こみトレは参加されないのですか?」との質問を受け、その際にも回答したのですが、おそらく農作業のため無理です。ジャンルコードにはちゃんと「電源不要ゲーム」ってのがある分comicomiよりも参加サークルさんは多いのか? という期待もなきにしもあらずなのですが、いかんせん時期が悪いです。夏コミならまだお盆休みの2日間くらいをなんとかやりくりすれば良いだけなのですが、9月5日っていうのがなんとも……コピー本の発行間隔だけで言うなら出しても良い間隔ではあるのですが……厳しいなぁ……

 ということでだらだら雑談でした。
そしたら!

なんとか帰ってきました
 ども、ComicCommunication14から無事帰ってきました。今回は、前日から大阪入りしてDescentを遊んでから、当日サークル参加、ということでいろいろありました。

 どう考えても6/5(土)に農作業をしないと今後に響くことがわかったので、6/3に『夕方大阪行きます』と[よちお]さん&[exexe]さんにメールして了解していただきました。その予定どおり、6/5は朝4:30に起きて農作業。なんとか11:30に農作業が終わり、昼食の後おみやげを買った後大阪入り。本当は東京行きの際にも持って行って呆れられた(汗 これを持って行きたかったのですが、売り切れでした(涙 人気あるんですねぇ(感心 早めに買っておけばよかった……

 大阪には3:30頃に到着。早速[よちお]さんに連絡を取り、無事そのお友達[うぽぽ]さんと[exexe]さんの3人と合流。その後Descentをプレイして決着がついたところで夜食。その後もう1ゲームプレイして、なんばのカプセルホテルに送ってもらってお別れしました。活動報告記Vol3も購入していただいたしゲームも面白かったし良かったです。このゲームに関しては、一応録音したので時間のある時にテキスト起こししてUPしたいと思います(あ~、書いちゃった)。[よちお]さん&[うぽぽ]さん&[exexe]さん、今回はどうもありがとうございました。またいつの日か遊びましょう。

 さて、次の日の朝起きて気づいたこと。


頭が痛い(涙 どうやら微妙に風邪を引いたようです。


 ぎりぎりまで寝て体力を温存しましたが、頭痛は去らず仕方なくそのまま会場(インテックス大阪)に移動。コスモススクエア駅からの込みようは相変わらずです(コミケよりましですが)。会場で準備をして周りを見渡しますが、予想通り「電源不要系サークル」さんなんて自分のところとその隣だけです。完全なアウェイ。まあこの状況は去年も味わったので別にかまわないのですけどね。

 ふと気づいたのですが、今回お隣になったサークルさん、海外の作家さんが書かれたゲームブックの日本語訳を売っていた「GBS」というところなのですが、こんな感じのサークルさんをどこかで見たような……と記憶を探ってみたら、ゲームマーケットでもサークル参加されてました(サークルの名前違うけど)。まさか自分と同じ両方の即売会に出る方が自分以外にもいらっしゃるとは思いませんでした。

 それはともかく、頭痛が続く中11時になって即売会はスタート。相変わらず暇になるだろうなぁ、と思いながらぼーっと過ごしていると、開始30分ほどでお客さんが! ちらっとお聞きしたところ、Descentは知っているがプレイ経験は無さそうな感じ。コピー本全種類ご購入いただいたので感謝です。ホントに良かったのだろうか? という一抹の不安もありますが(汗

 しかし頭が痛いです。そのまましばらくしていると、なんと[お手玉ピエロ]さんがいらっしゃいました。メールで来る、というのは聞いていたのですが、本当に嬉しかったです。しばらくお話をした後、無理を言って頭痛薬と栄養ドリンクを買ってきて貰いました。その後も話し相手になってもらい、本当に今回は助かりました。

 お客さんもいらっしゃいました。先ほどの方以外にも、Descentは知らないけど面白そうだから、ということでコピー本を買われた方が2名。さらに去年来ていただいた兵庫の方(大学生)。comicomiでは新刊となる「地下迷宮の歩き方」と「Vol3」をご購入いただき、さらに例のブツも2つ。いやぁ、これで自分が今回comicomiに参加した甲斐があったというものです。3人でDescent話も盛り上がりましたし、blogも見ていただいてるようで。お褒めの言葉もいただき、とても楽しかったです。

 これでなんと去年の4倍のお客様ですよ。この勢い(?)で関西にもっとDescentが普及すると良いなぁ、と思います。

 [お手玉ピエロ]さんのおかげもあり、頭痛も治まって無事閉会を迎え会場を後にしました。ピエロさんは夜のバスで香川に帰るそうですが、自分は用事があって先に出ないといけないので、途中でお別れしました。その後家族へのおみやげを買って帰ってきて今に至ります。なかなか充実した2日間でした。

 というわけで疲れたので寝ます。
そしたら!