ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



よってこのモンスター発生カードを入れる
 前回の遊会の模様がカルマさんのblogにUPされています。自分が録音した音声をテキストに変換するのが遅いので、こういう風にレポートをUPしていただけるのは非常にありがたいですね。しかも文章も面白いですし。

 さてこちらはのんびりと同じネタで3つめの記事に行ってみようと思います(汗 前回のようなモンスター発生カードによるダメージ計算を、「背信コストを利用して入れる」モンスター発生カードに対して適用してみようと思います。

Bane Spider Nest:11.67(Poison+Webが別に付く)
Dark Brothers:11.62
Dark Masters:12.72(Sorcery4を全てダメージに変換)
Death on the Wing:5.72(Stunが別に付く)
Dogs of War:3.38(1回の攻撃でPierce 4)
Drinkers of Blood:8.78(Bleed×2+Leechが別に付く)
Elite Beastman War Party:29.72
Host of Haunts:4.3(1回の攻撃でPierce 2 or Pierce 4)
Jungle Drums:9.34
Kobold Horde:29.00
Lava Beetle Colony:8.84
Legions of the Dead:17.68(1回の攻撃でPierce 1 or Pierce 2)
Lone Assassin:4.39(1回の攻撃でPierce 6)
Lone Golem:4.25
Lone Manticore:3.5(1回の攻撃でPierce 3、Poisonが別に付く)
Lone Naga:7.17(Sorcery2を全てダメージに変換)
Lone Ogre:5.78
Lone Troll:4.25(波動2が出れば+5ダメージを計算に入れていない)
Mother Medusa:4.17(Stunが別に付く)
Prowling Wendigo:5.22

 相変わらずコボルドは異常に高いですね(汗 「Kobold Horde」はコボルド6体+マスターコボルド3体を発生させるカードなのですが、英雄1人に対して最大8体のコボルドがswarm攻撃します。まあパワーダイスは最大で5個までしか振れませんので、マスターコボルド3体+ノーマルコボルド5体での攻撃でのダメージを計算しました。普通はこういう状況はほとんど無いでしょうね。

 さて、実は一番高いのは「Elite Beastman War Party」になります。Commandを最大限有効に生かすと、ここまで攻撃力が高くなる、というのがおわかりかと思います。負傷値16、アーマー3の英雄を倒すことができる攻撃力(ダメージ)、というのが恐ろしいですね。

 この2体はもちろん「戦闘系モンスター」です。戦闘系じゃないモンスターでダメージの期待値が一番高いのは「Legions of the Dead」になります。Pierceもあるので、かなり英雄にとって脅威になり得ると思いますね。カルマさんがこのカードが好き、とおっしゃるのもわかる気がします。まあモンスター6体による攻撃なので、1体1体のダメージはそれほどでは無かったりしますけどね(汗

 あとは「Dark Brothers」「Dark Masters」あたりが発生させやすい&ダメージがそこそこ高い、と言えると思います。特に「Dark Brothers」では出目の波動の数の期待値が約4なので、支払った脅威を回収できる可能性が高いのが魅力ですし、英雄の達成値を上昇させる可能性があるのも魅力ですね。

 モンスター発生カードを選ぶ際にこういうのを参考にしてみても良いのではないでしょうか?

 何かご意見、計算違いの指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

やはりこいつらは交換用カードだ
 前回の「モンスターの攻撃力」のお話をもう少し掘り下げてみましょう。背信コストを必要としない普通のオーバーロードカードには、いくつかモンスター発生カードがあります。それらについて、発生させたモンスター全てで有効な攻撃を英雄1人に与えた、としてダメージの平均値(期待値かな?)の合計を計算してみました。

Bane Spider Swarm:10.83(Poison+Webが別に付く)
Beastmen War Party:19.33
Black Order:10.23
Blood Ape Tribe:8.50
Ferrox Tribe:8.36(Bleed×2+Leechが別に付く)
Hell Hound Pack:2.56(1回の攻撃でPierce 3)
Kobold Swarm:20.08
Lava Beetle Scouts:5.62
Lone Medusa:3.75(Stunが別に付く)
Razorwing Flock:4.88
Shade Spooks:3.88(1回の攻撃でPierce 2)
Skeleton Patrol:8.84(1回の攻撃でPierce 1 or Pierce 2)
Sorcerer Circle:9.88(Sorcery3を全てダメージに変換)

 群を抜いて「Kobold Swarm」と「Beastmen War Party」が高いことがわかると思います。一番高いのがコボルドかよ! ってお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、コボルドの特殊能力「Swarm」をうまく使うと合計でここまでダメージを与えられるんですよねぇ。まあ1回の攻撃力は小さいですし、英雄1人にコボルド6体で集中砲火できる状況ってかなり珍しいのであまり気にしなくても良いかもしれません。まあ自分がOLの時に剣客ナノックを「Kobold Swarm」で1回倒したことがあるんですけどね(ニヤリ

 それと同様に高いのがビーストマンです。前回のタイトル「だからビーストマンは恐ろしい」の言葉がこれを見てもおわかりだと思います。ビーストマンはモンスター3体ですから、負傷値12、アーマー値2の英雄を「Beastmen War Party」であっさり倒せる、というのがこの結果から得られることですね。

 3番目に高いのは「Bane Spider Swarm」ですが、これは全てのベインスパイダーを発生させ、それを1人の英雄への攻撃に集中させるだけのダンジョンの広さ&死角の多さ、はなかなか恵まれないと思います。

 逆に低いのは「Hell Hound Pack」「Lone Medusa」「Shade Spooks」「Razorwing Flock」「Lava Beetle Scouts」の順です。この中で、メデューサは英雄を麻痺させることができますし、シェイドはダメージは低いのですが、英雄がうっとおしがってくれます。それはFly、Ghostを持っている上に移動力が高く、Pierceも2あるので英雄の「休息命令」を削りやすいからです。ということは他の3つのモンスター発生カードは? なのですが、個人的にはあまり使えないなぁ、と思っています。

 自分がよく背信コストを消費して入れ替えるカードの代わりに「使用しない交換用カード」として候補に挙げるカードがこれらのカードです。自分とは異なる考えを持つ方がいらっしゃるかもしれませんが、英雄に与えるダメージ、という観点から見た場合にこれらのカードが役に立つかどうかの判断材料になると思います。皆さんもオーバーロードになられた際にはこういうのも参考にしてみていただけると幸いです。

 何かご意見、計算違いの指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

だからビーストマンは恐ろしい
 先日、久々に遊会がありました。橋架さん、カルマさん、お手玉ピエロさん、Golemさんの4人を相手にToI#6をプレイしました。いやぁ、英雄4人って久々。
 英雄が初期装備をそろえている間にカルマさんにそんな装備で大丈夫か?と聞いてみたのですが、期待に反して普通に回答されました(汗 ネットで有名だ、と思っていたのですが自分の周りでは浸透していないようです。
 あ、ひょっとしたら死亡フラグを回避したとかかもしれませんね。それに「一番いいのを頼む」と返されたとしてもDescentではショップアイテムしか最初は渡せませんし……スルーされたというのは正解だったのかもしれません。

 さて本題です。今回はちょっと趣向を変えて、Descentのモンスターの1回の攻撃によるダメージの平均値を算出してみました。
それでは攻撃力の高いモンスターTop5をご紹介いたしましょう。
1.マスターデーモン:8.97(Sorcery 3を全てダメージに変換した場合)
2.マスタービーストマン:7.39
3.マスタージャイアント:6.47
4.マスターソーサラー:6.36(Sorcery 4を全てダメージに変換した場合)
5.マスターオーガ:6.19

特殊な例として
マスターディープエルフ:4.39+Pierce 6
マスタードラゴン:5.31+Pierce 6
があり、この2体のモンスターはアーマー値が6以上の場合には最大のダメージを与えることになります。

 さて、この中での最大の注目は、マスタービーストマンの異常とも言える攻撃力の高さです。他の4種類のモンスターはDescentの通常のオーバーロードカードでは発生させることができません。というかマスターソーサラー以外の残り3体は背信を使って入れるオーバーロードカード(モンスター)にすら発生させるカードはありません。ではノーマルモンスターに限定するとどうでしょう?

1.ジャイアント:6.06
2.デーモン:6.03
3.オーガ:5.78
4.アイスウィルム:5.03
5.ビーストマン:4.97
(6.ソーサラー:4.94)

 やはりこちらも
ディープエルフ:3.97+Pierce 3
ドラゴン:3.36+Pierce 5
があり、アーマー値が高い英雄に対してはこの2体は攻撃力は高いと言えるでしょう。

 やはりビーストマンが入っています。ちなみにこれはマスタービーストマンによるCommandを入れていないので、「Beastmen War Party」でビーストマン&マスタービーストマンを発生させた場合はCommandによる+1ダメージを考慮すると、平均ダメージは5.97となり、第5位から第3位に上昇することになります。

 この2つのデータを見ただけでも、ビーストマンがいかに英雄たちにとって脅威となりえるか、がわかるでしょう。しかもオーバーロードが通常のカード(背信コストを必要としないカード)で発生させることができるモンスターだ、というのが恐ろしいですね。

 何かご意見、計算違いの指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

inside the stomach of a wyrm
 今回もルールに関して。ちょっと古いのですが、ToIに関するこのスレッドから。

--------------------------------------------------------------
Can a hero that open a chest give a magic treasure to an hero trapped inside the stomach of a wyrm?
In that case the weapon is the magic shield that reduce 2 damage even trap damages. What happen in this case?

It's the skull shield, can it be given to an hero inside the wyrm stomach? and can he use it while inside the stomach? if he can it mean he cannot die when he have 2 remaining wounds cause he can cancel 2 wounds.
--------------------------------------------------------------
 宝箱を開いた英雄は、魔法の宝をウィルムの胃袋の中に捕らえられた英雄に渡すことができますか?
 その場合に、その武器が罠のダメージさえも2ダメージ減少させる魔法のシールドです。この場合何が起きますか?

 それはSkull Shieldです。それはウィルムの胃袋の内側の英雄に与えることができますか? そして彼は胃袋の内側にいる間にそれを使うことができますか? もし彼がそれを使うことができる場合、それは彼が2ダメージをキャンセルすることができるので彼は2負傷値残すので彼は死ぬことができないことを意味します。
--------------------------------------------------------------

 kitaの回答。

『運の良い野郎め!』



ってこらこら!

 え~、つまり英雄が「マスターアイスウィルム(Master Ice Wyrm)」の胃袋の中にいる時でさえも、誰か他の英雄が宝箱を開いた時は宝カードを得られる、ということです。そして英雄は胃袋の中で生き残ることができます。

 まず宝カードを得ることに関するルールですが、これはルールブックに記載されています。19ページ左中央に
--------------------------------------------------------------
Heroes gain treasure from opened chests no matter where they are (even if they’re in town).
--------------------------------------------------------------
 英雄たちは彼らがどこにいるかを問わず(彼らが街の中にいてさえ)、開かれた宝箱から宝を得ます。
--------------------------------------------------------------
とありますので、これが胃袋の中でも同様です。

 そして「Skull Shield」。実はこれはAoDで導入された呪われた宝(装備すると呪いトークンが乗る)なのですが、その分強い力を持っています。
--------------------------------------------------------------
Exhaust to cancel 2 wounds being dealt to you. You may cancel wounds that ignore armor (such as damage from traps).
--------------------------------------------------------------
 あなたに与えられる2ダメージをキャンセルするために消費してください。あなたは(罠からのダメージのような)アーマーを無視するダメージをキャンセルしてもかまいません。
--------------------------------------------------------------
 胃袋の中にいる場合、英雄の残っている負傷値分パワーダイスを振って、空白以外のダイスの数だけダメージを喰らうという凶悪なものですが、それを2ダメージ分キャンセルできるようになります。当然これは「ダメージを喰らう時」ということ以外に使用制限はありませんから、胃袋の中でも使えます。

 ということで結果的に「英雄は胃袋の中で生き残る」ことになります。胃袋の中と外とで強力してマスターアイスウィルムを倒せば胃袋の中から脱出できますし、マスターアイスウィルムともなればラスボスでしょうから、クエストクリアともなるでしょう。

 何かご意見、ご質問等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!