ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第41回:その15)
 強風のため運行を見合わせていたJR瀬戸大橋線も午後8時過ぎには復旧し、無事冬コミには参加できました。

 弊サークルに足をお運びくださった皆様。何よりコピー本をご購入いただいた皆様、どうもありがとうございました。


 まあいろいろと自分には反省すべき点やら気づく点やら思うところが(コピー本の内容ではなく)あったコミケでした。次回以降(受かれば)生かしていきたいと思います。

 では前回の続きから~
────────────────────────────────────────
16ラウンド目

ピエ「ランドレックのところからSpiritwalkerでベインスパイダーを攻撃しようと思うんですけど」
kita「距離が4だね。距離さえ出れば、という感じ」
瑞兆「こいつでやりましょうか? これは」
ピエ「ああ」
kita「ランドレックそのものが攻撃するという手はあるね」
瑞兆「この位置で」
kita「それだと前のシェイドが入らない」(ランドレックはCone of fireを装備)
瑞兆「そっか、ここか。じゃあここですね」
(攻撃ダイスを持つ)
kita「はい、シェイドを攻撃対象に含むので」(ステルスダイスを渡す)
瑞兆「これはシェイドだけ? それとも全体?」
kita「シェイドだけ」
(ダイスを振る瑞兆さん)
kita「出ないなぁ、×。役立たねぇ」

ランドレック:進む宣言。移動してモンスターを倒す。

kita「シェイドが消えた~」
瑞兆「あっし行きま~す」
kita「はい。まずは」
(kitaにパワーダイスを渡す瑞兆さん)
kita「え? 僕が振るの?」(ダイスを振る。出目は波動)
瑞兆「出た(笑) ほ~ら、ね。違うでしょ?」
kita「何俺は英雄側を有利にしてんだよぉ」

カーノン:構える宣言。Dodgeを乗せて疲労移動してスケルトンに攻撃して倒す。
カルソス:構える宣言。カーノンの位置からベインスパイダーを攻撃するも距離が足りず失敗。Guardを乗せて終了。

OL:ベインスパイダーでカーノンを攻撃してダメージを与える。マスターソーサラーの移動時にカルソスのGuardで攻撃され倒される。マスターフェロックスの攻撃はDodgeの振りなおしで×。スケルトンの攻撃も×。
────────────────────────────────────────
 このラウンドは英雄たちに有利に傾いた結果となりました。自ら英雄のダイスを振って英雄を有利にしているんですから情けないというかなんというか……まあでも英雄側がピンチなことには変わりありません。この後どうなるのか? というところで以下次回以降に~

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第41回:その14)
 さて、いよいよ明日は冬コミ初日、我が『香川ディセント友の会』がサークル参加(東地区T-53a)する日です。が、しかし!

『瀬戸大橋強風のため列車の運行を見合わせております』

 私は明日参加できるのでしょうか?(涙

では前回の続き~(気を紛らわせるため)
────────────────────────────────────────
15ラウンド目

ランドレック:疲労回復時に3移動ポイントを得る。戦う宣言。疲労移動してマスターベインスパイダーを倒す。さらにマスターフェロックスを倒す。
カーノン:Webトークン取れず。構える宣言。Dodgeを乗せて終了。
カルソス:構える宣言。

(ピエロさん、何の命令を乗せるか悩み中、瑞兆さんがパワーダイスを何回も振る)
瑞兆「変わりに振ってもらえない?」
全員(笑)
kita「誰に?」
瑞兆「え~っとね~、kitaさんで良いやホントに。12回振って2回出るというのは確率1/6と言うんですよ(笑)」
kita「そうですね(笑)」

カルソス(続き):Guardを乗せて終了。

OL:ターンの開始時にカルソスにWe Are Not Afraidをプレイされる。

kita「うわぁ、3枚目きた~」
ピエ「瑞兆さん、Guard構えてるんですけど、これでベインスパイダーがカーノンに近づいたときにSpiritwalkerは?」
瑞兆「使えます」
ピエ「そのときに攻撃の起点はカーノンでいける?」
瑞兆「大丈夫です」
kita「Spiritwalkerで攻撃ができます。なかなかクールですねぇ」
瑞兆「まぁ大丈夫ですよ。攻撃が届きそうなのがですね、マスターソーサラーくらいしかいません。スパイダーは5歩動かしても距離が1足りませんから」
ピエ(笑)
瑞兆「届きません(笑)」
kita「いや、1足りなくてもやるんです」

OL(続き):Shade Spooksをプレイ。ベインスパイダーを移動させてカーノンに攻撃するも×。

kita「くそぉ、Guardあるのに何もしてくれないよ」
ピエ「シェイドのPierce2は」
瑞兆「関係ないですけどね、今はアーマーが0なんで (シェイドの能力を見て) あんまり強くないですね」
kita「白黄色Pierce2ですからね。そんなにたいしたことは無い」
瑞兆「うん」
kita「まあでも、Pierce2でアーマー1が0になるから (ダイスを振る) 1点」
瑞兆「いいよ、貰っとくわ」
kita「じゃあ3点ダメージだよ」
瑞兆「ん?」
kita「Glass Armor」
瑞兆「あ、そういう意味か」
kita(もう1体のシェイドを移動させながらピエロさんに)「何もしなくて良いの?」
ピエ「そっか、攻撃はできると」
瑞兆「ステルスだからダイスを」

OL(続き):シェイドでカーノンに攻撃して3点ダメージ。もう1体のシェイドはカルソスに攻撃されて倒される。
────────────────────────────────────────
 Dark Relicのせいで英雄側のピンチは続いています。果たしてどうなるのか? またkitaは明日参加できるのか?(関係ない>自分)

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第41回:その13)
 昨晩、Golemさんと一緒に、kitaの頭を悩ませている「Into the Dark, Again」を見ていただいた(Golemさんの方が自分より英語が得意そうなので)のですが、どうもフレーバーテキストが「ふざけた」もののようです。自分の中のイメージが……イメージがぁぁぁ(涙 実際のダンジョンの難易度とかはどうなのかはちょっとわかりません。たぶんこういう処理をするんだろうなぁ、というのは想像できるのですが、きちんとルールの説明の文章として書いていない部分があるのもちょっと……公式HPのBBSを見に行くしかないのかなぁ?

 では前回の続き~
────────────────────────────────────────
13ラウンド目

カーノン:進む宣言。移動してエリア1への扉を開き、メデューサに攻撃するも×。
カルソス:戦う宣言。

kita「メデューサ活躍せずに消えるのか。辛いなぁ」
(カルソスがダイスを振る)
kita「ダメージを」
ピエ「7」
瑞兆「ぴったり。さようなら~」
kita「メデューサさようなら~」
瑞兆「お前は強いヤツだった、確かに」
kita「辛い~」

カルソス(続き):メデューサに攻撃して倒す。
ランドレック:構える宣言。Guardを乗せて終了。

OL:モンスターを移動させて終了。
────────────────────────────────────────
14ラウンド目

カルソス:走る宣言。7区画移動して残り1移動と1疲労で自身の負傷値2点回復(Greater Healing)。
ランドレック:構える宣言。移動してRestを乗せて終了。
カーノン:構える宣言。Restを乗せて終了。

瑞兆(かすれるような声で)「みみずだ~って、おけらだ~って~、あめんぼだ~って~~、みんなみんな~、生きているんだ友達な~ん~だ~♪」
kita「行きま~す」
瑞兆「挑発中。挑発中」
kita「4点消費して、Bane Spider Swarm」
瑞兆「どっか死角を見逃していたところあったっけ?」
kita「ここ」(エリア4にモンスターを配置する)
瑞兆「あ、完全にあほみたいな簡単なところを見落としてた(笑)」
kita「行きます」
瑞兆「白が開ける?」
kita「はい。白から活性化」
(ノーマルベインスパイダーで扉を開いた後、そいつを後方に引っ込める)
瑞兆「せこい」
全員(笑)
瑞兆「せこいぞ、ちょっと待て、ひょっとしてまさかその赤」
kita「行きます。(マスターベインスパイダーを移動させ)そして、攻撃時にAimをプレイ」
瑞兆「しまった、頭がぼけていた。これを考えてしかるべきだった」

OL:Bane Spider Swarmをプレイ。エリア4に発生させ、ノーマルベインスパイダーでエリア1に通じる扉を開き、下がる。マスターベインスパイダーでカーノンに攻撃。このときにAimをプレイし、カーノンに6点ダメージを与える。
────────────────────────────────────────
 いろいろと扉を開けまくって総モンスター数を減らした場合の唯一の弊害がこれですね。扉が閉まっているため油断してしまい、その奥からのモンスターの発生、というやつです。さぁ英雄側はどう挽回するのか? というところで以下次回以降に~

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!


活動報告(第41回:その12)
 気になったので「Quest Compendium」の中の「Into the Dark, Again」だけ訳を開始しました。しかしルール部分を読んでも意味がわかりません。誰か助けて~(涙)

 では前回の続きから~
────────────────────────────────────────
10ラウンド目

カーノン:構える宣言。エリア5北東の魔方陣から街に移動(達成トークン7点)。Restを乗せて終了。
ランドレック:構える宣言。Restを乗せ買い物して終了。
カルソス:構える宣言。Restを乗せて終了。

OL:何もせずに終了
────────────────────────────────────────
11ラウンド目

カーノン:走る宣言。買い物して街から出て移動して終了。
カルソス:戦う宣言。街から出てカーノンからマスタースケルトンを攻撃するもUndying2回に成功して生き残る。もう1回攻撃して倒す。
ランドレック:Rest解決時に5移動ポイントを貰って走る宣言。エリア5に出てきて移動し、銀の宝箱を開く(銀2)。ここでMimicをプレイされるもDisarmをプレイする。しかし出目が空白で失敗。ミミックでランドレックに攻撃する際にProtect Thyselfをプレイ(プレイミス指摘無し)して+2アーマーを得るも、倒される。

OL:Lava Beetle Scoutsをプレイ。ラバビートル2体でカルソスに攻撃しダメージを与える。マスターフェロックスでカーノンに攻撃する際にAimをプレイし、カーノンを倒す。
────────────────────────────────────────
12ラウンド目

ランドレック:戦う宣言。街からエリア5に出てラバビートル2体に攻撃し、倒す。
カーノン:走る宣言。街からエリア5に出て移動して終了。
カルソス:戦う宣言。ミミックに攻撃して倒す。カーノンが宝カードを引く際にDark Relicをプレイされ、Glass Armorを受け取る。
Greater Healing(カルソス)、(ランドレックの宝は不明)

kita「これでカーノンのアーマーが弱くなったぞ」
瑞兆「Glass Armorってさぁ、Curse dollではのけられないんですか?」
kita「はい」
瑞兆「了解です」
kita「Dark Relicは死ぬまでのけられません」
瑞兆「Dark Relicとはまたレアなものを」
kita「レアなものをやってみました」

カルソス(続き):もう1回は距離が届かず終了。

OL:Lone Medusaをプレイ。エリア1の北側に発生させる。

瑞兆「そういうのは入れてくるんだろうなぁ、って思ってました」
kita「行きます! メデューサの移動力は4です(エリア5に通じる扉を開く) 攻撃ダイスは白緑黄色です(ダイスを振る)」
瑞兆「×」
kita「失礼しました(扉を閉める)」
全員(笑)
kita「以上終了です……情けない。くっそー、まさか×とは思わんかった」

OL(続き):カーノンに攻撃するも×。
────────────────────────────────────────
 ToIでの新しいモンスター、メデューサを活躍させようと思ったのですが残念でした(涙) しかし英雄側はカーノンがDark Relicを受け取ってしまってピンチです。果たしてこの後どうなるのか? というところで以下次回以降に~

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第41回:その11)
 バタバタと作っていましたコピー本ですが、いろいろトラブルもありましたけどなんとか一段落つきました。これで後はkitaが当日会場に行くだけです。

 久々ですが、前回の続きです~
────────────────────────────────────────
7ラウンド目

カーノン:進む宣言。移動中にCrushing Blockをプレイされ2点ダメージ。ヘルハウンドを攻撃して倒す。
ランドレック:Rest解決時に5移動を貰う。戦う宣言。開始エリアから移動して1回目の攻撃は×。2回目の攻撃でフェロックスを倒す&マスターダークプリーストは4点ダメージ。
カルソス:戦う宣言。ダークプリーストに攻撃し倒す。2回目の攻撃は距離が足りず失敗。街に疲労移動して終了。

OL:フェロックスでランドレックに攻撃しダメージ&出血トークンを与える。マスターダークプリーストの活性化時にRageをプレイ。ランドレックに攻撃するも1回目は×。2回目はダメージを与える。

kita「行きます。フェロックス移動。1、2、3」
瑞兆「近接だよね? 偉業カードをプレイ。Reposte」
kita「ん? これafterだから、モンスターの攻撃の後だね」
瑞兆「それで良いの?」
kita「モンスターが攻撃して、『if able』ってのは『できるならば』って意味だから、攻撃を食らって、まだ生きてたらって意味ね」
瑞兆「そういう意味か」
kita「そういうわけで5点ダメージ」

OL(続き):フェロックスでカーノンに攻撃してダメージ&出血トークンを与える。その際にRiposteをプレイされフェロックスが倒される。
────────────────────────────────────────
8ラウンド目

カーノン:出血トークンでダメージを食らう。進む宣言。移動してソーサラーを攻撃し倒す。
カルソス:進む宣言。マスターベインスパイダーを攻撃するも距離が届かず失敗。移動して活力ポーションを飲んで終了。
ランドレック:戦う宣言。マスターダークプリーストを攻撃をして倒す。フェロックスを攻撃して倒す。

OL:Skeleton Patrolをプレイ。マスタースケルトン、スケルトン2体でカーノンを攻撃してダメージを与える(残り2点)。マスターベインスパイダーでカーノンを攻撃するも距離が足りず失敗。
────────────────────────────────────────
9ラウンド目

カルソス:戦う宣言。疲労移動して攻撃するも、1回目は×。2回目も距離が足りず攻撃失敗。
カーノン:進む宣言。移動してマスターベインスパイダーを攻撃して倒す。
ランドレック:走る宣言。街に移動して終了。

OL:Sorcerer Circleをプレイ。ソーサラー2体でカルソスに攻撃して倒す。
────────────────────────────────────────
 このあたりから実はしばちゅーさんが寝落ちしてます(滝汗 まあかなり遅い時間帯ですからねぇ……ということであまり会話も無い感じになるので、わかりにくいかと思いますがもうしばらくお付き合いください(ぺこ

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

ようやくご報告
 一旦活動報告をお休みしまして、今回はご連絡を。

冬コミ、受かりました~(喜)


 29日(水曜日) 東地区T-53a「香川ディセント友の会」

です。皆様が弊サークルに足をお運びいただけることを心よりお待ちしております(ぺこ
C79用原稿表紙
予価300円です~

そしたら!

活動報告(第41回:その10)
 今日は久々にE.G.G.に参加してきました。残念ながらDescentは立卓しませんでしたが、他のボードゲーム(サンダーストーンとか)をプレイしてきました。所用のため忘年会には参加できなかったのでこの時間にUPしていますが、できればいろいろとお話したかったところですねぇ。最近参加できてなかったですから。

 では前回の続き~
────────────────────────────────────────
6ラウンド目

ピエ「先に行動して良いですか?」
瑞兆「何かいけます?」
kita「ピエロさんが何をしたいか説明した方が良いと思うな」
瑞兆「私Runとか使えないんで」
ピエ「宣言Battleで、Rest解決時に3移動ポイント貰って、活力ポーションも全部使って移動して」
しば「無理無理」
ピエ「今カルソスここですよね。ここだったら能力で」
kita「Spiritwalkerがあるんで」
瑞兆「Spiritwalker忘れてました」
kita「というかそれだったらここ(エリア3の魔方陣の近く)にいても使えるよ」
ピエ「あれ?」
kita「斜めに数えれば範囲内ですから」
瑞兆「私Spiritwalker本気で忘れてた」
kita「ダンジョンに出てさえくれば使えます。10区画以内なんで」
瑞兆「Battle宣言ですね」
しば「他人のスキルなんて忘れてました」
瑞兆「同じく忘れてました」
kita「Divineとボッグは忘れてないけど」

カルソス:Rest解決時に3移動貰い、戦う宣言。カーノンの位置からマスターソーサラーを攻撃し倒す。2回目の攻撃は距離が足らず失敗。移動して終了。
カーノン:移動して終了。
ランドレック:構える宣言。買い物でKnuckle Daggerを売りRing of Protectionを購入。Restを乗せて終了。

kita「オーバーロードターンです」
瑞兆「好きにしてください。近接系役に立たない(笑) 近接系の偉業カード全然役に立たない。無理」
しば「このダンジョンで役に立つのはキルガとかそういうやつらですよ」
kita「キャンセルされるかな? Black Orderをプレイ」
瑞兆「あ~、楽しかった。なかなか面白かったですね、このダンジョン」
しば「だよね」
kita「投了宣言ですか?」
瑞兆「え? 違うんですか?(笑) 今残り達成トークンが6点なんで、カーノンとカルソスの両方とも死ぬと終わっちゃいます」
しば「カーノンの負傷値は?」
瑞兆「残り10点」

OL:Black Orderをプレイ。ダークプリーストでカルソスを攻撃して4点ダメージ。マスターダークプリーストでカルソスに攻撃する際にカルソスがTransparentをプレイ。攻撃するも白ダイスで×。
────────────────────────────────────────
 相変わらず投げやりにも見える英雄側の行動。確かに本当にピンチの状況には違いありません。果たしてこのまま終わってしまうのか? というところで以下次回以降に~

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告(第41回:その9)
 前回のblogを30日、1日あたりにご覧になった方は「あれ?」って思うところがあったと思いますが、修正しました。 あ~恥かいた(汗 ここで問題です。kitaは前回の記事で何を修正したのでしょうか? 答えは次回の記事に~(ってホント?)

 え~さて、諸事情あってネットに接続して趣味のサイトを巡ることができるのが週1~2くらいなので気づかなかったのですが、goldkightさんのところで、あのDescentの「Quest Compendium」の翻訳をされているようです。あ~、また先を走られていますねぇ(望遠 この記事でも書かれていますが、クエスト10が「Into the Dark, Again」なんですね。自分もいつか翻訳しようとQuest Compendiumを別の場所に持って行っているので今確認できないのですが、どう変わったのか後で確認しておこうと思います。というはこいつだけでも訳して早くプレイしたいと思います。難易度がどう変わったのかとても気になるところですからね。

 では前回の続きから~
────────────────────────────────────────
5ラウンド目

カルソス:構える宣言。買い物でLeviathanとBone Bladeを売り、銅の宝を1枚購入(Belt of Strength)するも売り、活力ポーション3本購入し、カーノンに1個渡してRestを乗せて終了。
カーノン:走る宣言。エリア3の魔方陣から出て移動し、エリア5に通じる扉を開く。Paralyzing Gasをプレイされ、麻痺する。
(実はこのときにランドレックがPreventing Evilをプレイできるはずが、ルール把握ミスで偉業カードは自分のターンにのみプレイ可能としたためプレイを禁止していた)
ランドレック:戦う宣言。スケルトン4体とマスターベインスパイダーを倒す。さらに疲労移動して攻撃しモンスター2体を倒す。

kita「キャンセルされるかなぁ、まあされたところでしょうがないということで」
しば「Preventing Evil! Preventing Evil!」
kita「う~ん……これ例えば、モンスター発生カードをプレイしてそれがキャンセルされた時ってもう1回モンスター発生カードをプレイできるんかなぁ? できんような気がするなぁ」
瑞兆「無理じゃない?」
kita「だよねぇ。普通できんよねぇ」
(実際にはプレイ可能。公式FAQにも記述あり。Preventing Evilはオーバーロードがカードをプレイしたことを『無かったことにする』もの)

OL:Skeleton PatrolをプレイするもPreventing Evilでキャンセルされる。マスターソーサラーでカーノンに攻撃してダメージを与える。スケルトン&マスターソーサラーでランドレックに攻撃して倒す。
────────────────────────────────────────
 まだこの頃に発表されていた公式FAQに偉業カード関係の記事はありませんでしたので、こういう解釈違い(?)が発生していました。なにせこれプレイしたのって1年半前ですからねぇ(望遠 ホントテキスト起こしや記事のUPが遅くてすいません。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!