ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ディセント第2版完全日本語版の訳を確認してみた(追加)
 「ディセント」でtwitter検索をかけると、たまに幣サークルのことを取り上げていただけているのを拝見します。好意的なコメントをいただいたりするととても恐縮してしまいます。この場をお借りして改めて御礼を申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします(ぺこ)

 で、他のディセント関連のつぶやきに、こんなのが紹介されていました。自分は詳しく知らないのですが、「やる夫」というキャラ(?)と他女性キャラ(?)が主にTRPGを紹介するらしい記事で、そこでディセント第2版を紹介している、というので拝見しました。



先週うちでプレイした「暁の剣ドーン・ブレイド」やん! ひょっとして書いたの幣サークルのうちの1人、とか言いませんよね?

 そういえばこのクエストはOLが有利じゃないかって前回の記事で書いたのですが……案の定OL勝ってますね(遭遇1だけですが)。

 メリオッドではなくゾンビを入れているのがうちとの違いでしょうか? あと英雄が4人ではなく3人になってますね。シンドラエル(騎士)、レオリック(ルーンマスター)、アシュリアン(祈祷師)だそうで。なんか後半は英雄4人で「暁の剣ドーン・ブレイド」の遭遇2をプレイするようですが……大丈夫? あまりにあっさり終わったりしませんよね? ってまあここで自分が心配してもどうしようもありませんが(汗

 え~、さて本編。その先週やったプレイの中で、完全日本語版とkitaの訳が異なる部分が発見されたのでご紹介しておきます。なおwikiサイトの方は先ほど修正を行いました。
(あと他にもちょこちょこ修正してます。)

ルールブック
★18ページ右側(だと思う):水場
A:大型モンスターのコマの台座の一部が「水場」に入っている場合については、その「水場」の影響を受けません。
K:巨大なモンスターがその移動を水区画に隣接して終了する時、それは任意の移動ペナルティを被ることなく、水区画をその土台を自由に置いてもかまいません。

 アークライトさん訳では、大型モンスターの現在の状態を示していますが、元の英語では大型モンスターが移動する際に水場の影響を受けるかどうか、という話になっています。
When a large monster ends its movement adjacent to a water space, it may freely place its base in the water spaces without suffering any movement penalty.

 移動した際に水場を含んで置いてもペナルティは受けませんよ、ということ。これは非常にオーバーロードにとって有利ですね。その後大型モンスターを移動させる場合には、水場にいる、として移動を開始しても良いわけですから、2移動ポイント得してることになります。やはり(前回の記事で書いたとおり)大型モンスターを出す、というのはOL勝利に近づくのだな、と改めて感じました。

 で、ここからがちょっとあるんです。大型モンスターが移動の途中で攻撃をする場合、まず大型モンスターの移動は一旦中断し、大型モンスターをマップ上に配置することになると思います。攻撃を行った後、大型モンスターはどこを基点として移動を再開するか、という問題が浮上したのです。

 もし、好きな位置から移動を再開しても良い、ということになるのであれば、移動ポイントを消費することなく移動できたことになります。う~ん、イメージ湧きますかね?

 ルールブック17ページの大型モンスターの移動のエティンを見てください。エティンは(1)で「やもめのターラ」に攻撃していますが、もし1区画右に移動してから、シンドラエルを攻撃する場合、右に1区画移動しても実際には2区画移動したかのように、この図の中央上側に配置します。その後さらに1区画右に移動したら、3移動ポイントではなく2移動ポイントで、(2)の移動を終えてしまうのです。

 この時のOLであるkitaは、移動の途中で配置するのはOKだが、その後移動を再開するための基点は、移動が中断される前の基点から始める、としてプレイを行いました。これが今のところ一番良いアイディアじゃないかな、と思いますが、公式にはどうなんでしょうね? ルールブックとかFAQとかにありましたっけ?(無かった気がします)

何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

久々でした
 そういえば今日はゲームマーケット2012秋だったんですね。たしかディセント第2版用のスリーブを販売するっていう方がつぶやいていた記憶があります。

 自分は公式HPの通販からスリーブは購入したのですが、英雄シートだけは百均のスリーブを使いました。というか公式HPには英雄シート用のスリーブって無いんですよね。微妙に百均のスリーブだと大きさが合わないので、『作ってみようかな、需要あるかな?』とか思っていたのですが、英雄シートのスリーブまで販売されていたのでしょうか? ご存知でしたらどなかたコメントください。

 あとなんか前版のフィギュアが福引の景品になっていたとか。フィギュア全部をまとめて、というのだったら前版は持っていないけどコンバージョンキットは購入したって方にとっては嬉しいかもしれませんが、1体だけだと微妙な気がしなくもないな、と。

 さて本題。昨晩は久々に英雄4人でのディセント第2版のプレイでした。久々登場は橋架さん、フラヴィーニ男爵で、後はGolemさんとお手玉ピエロさんです。クエストは誰もやったこと無いだろうということと、フィギュアを持っているということで『暁の剣ドーン・ブレイド(THE DAWNBLADE)』を選択しました。その前に久々登場のお二人が第2版を初体験ということで『最初の流血(FIRST BLOOD)』をプレイ。これはあっさり英雄側勝利となりました。

 で、『暁の剣ドーン・ブレイド』のプレイなんですが……結果はお手玉ピエロさんがつぶやいていますのでご覧ください。で、ご覧になった方はお分かりなのですが、オーバーロード勝利になりました。確かにkitaの防御ダイス運が良かったのは間違いないような気がしますが、ちょっとOL有利にバランスされているんじゃないかな? とかも思ったりしました。

 OLをされる方、選択モンスターはどのようなものを選んでいますか? kitaは『オーバーロードが勝利するためには、選択モンスターはできる限り大型モンスターを選ぶ必要がある』と考えています。第2版だけでプレイする場合は選択の余地が無い、というクエストもありますが、大型モンスターの方が耐久力があり、英雄側に与えるダメージも大きい、というのがやはり利点になりますよね。

 ということで遭遇1では「洞窟グモ」と「エティン」と「メリオッド」を選択。最大3体のモンスターを毎回発生できる、というのはOL有利です。しかも英雄4人。さらにOL有利な気がしてます。

 というのも、大型モンスターの数の制限は
英雄2人:ノーマル1体
英雄3人:マスター1体
英雄4人:ノーマル1体+マスター1体
となっています。英雄4人になると2体出せるんですよね。フィギュアの数を少なくするためには制限をこうするしか無いのはわかるんですが、英雄4人とそれ以外ではバランスが明らかに違う気がします。

 結果、初心者2人を相手にこのプレイでオーバーロード勝利はちょっとやりすぎたかな、と反省しています。一応プレイは録音したので、そのうちレポートをUPしようかどうしようかとか思っていますが、需要があるかどうか……

ということでそしたら!

ディセント第2版完全日本語版の訳を確認してみた(まとめ)
昨日より急にディセント第2版に関するツイートが多いな、と思っていたら、どうもここに紹介記事が載ったのが原因のようです。

内容はR&Rステーションさんで行われたディセント第2版の体験会の模様のレポートですね。この記事を書かれた方、他の記事はあと1つしか無いようなのですが、それが「ドイツ エッセンでのシュピール(ボードゲームの世界的イベント)」の記事でして、どうやらボードゲーム専用に記事を書かれるようですね。今後ともボードゲーム関連の記事、期待しています。(TRPG関係は別の方のようです)

さて本題。前回までの記事の合計6回分をまとめて、wikiサイトの方にUPしました。解説部分を除き、皆さんからご指摘のあった部分を修正してみましたので、もしよろしければご確認ください。

あと、この日本でおそらく10人といないと思うのですが、需要があるかどうか不明ながら、Conversion Kitの英雄およびモンスターの特殊能力の訳を行い、それをまとめてwikiにUPしました。英雄はこちら、モンスターはこちらです。

これら3つのページまとめて、誤訳やkitaの勘違い等ありましたらご指摘のコメントを記載していただけますようお願いいたします。
短いですがここまで。

そしたら!

ディセント第2版完全日本語版の訳を確認してみた(その6)
さきほど遊会が終了しました。Golemさん、お手玉ピエロさんを交えてkitaがオーバーロードで、ディセント第2版「仮面舞踏会」をプレイ。お2人がそれぞれ英雄2人を担当して4人英雄で遊んでみました。お手玉ピエロさんがtwitterに写真をUPしていますので、皆様ご覧いただければ雰囲気が伝わるかな、と思います。

さて訳の確認も今回で最後。大物である『クエストガイド』についてです。

■クエストガイド

★P3:セットアップ
A:自分の体力+英雄の数×2点の体力を持っています。

言いたいことはわかるのですが、表現がなんとなく気になったので。
他のクエストでは「英雄の数×2点の体力を追加で持っています」のような表現方法ですので、このページでも同じ表現をすれば良いのに、と思ってしまいました。

(11/4夜:追記)
★P6:特別ルール
A:村人は求められたいかなる能力判定にも自動的に失敗します。
K:そして村人がするように頼まれた任意の属性テストに成功します。

自動失敗ではなく自動成功となります。遭遇2(P7)と反対ですのでご注意ください。
(11/4夜:追記ここまで)

★P 8:マップ
★P15:マップ
★P18:マップ

A: 9A:廃墟

英語版では9Aは「CARAVAN」となっています。そのまま日本語に訳せば「隊商」。セットアップの文章に「隊商に置いてください。」という表示があっても、実際のマップ上に無いぞ、とか思ってた皆様、マップの表示が異なりますのでご注意ください。

★P10:特別ルール 招待客
A:「招待客」に隣接しているが1アクションを使うことで、
K:アクションとして、客に隣接する英雄またはモンスターは

 モンスターでも「招待客の仮面を剥がす」ことができます。これ以降の特別ルールを読めば、モンスターでもできるんだろうな、ということはわかると思います。

★P19特別ルール 転移の紋
A:この場合の「射線」は、敵のコマであれ味方のコマであれ、遮られることはありません(転移の紋を邪魔しません)。
K:これらの目的のために、味方でも敵でもないフィギュアは射線を妨げます(転送の魔法陣は行いません)。

 元の英文は
--------------------------------------------------------------
For these purposes, neither friendly nor enemy figures
block line of sight (neither do the glyphs of transport).
--------------------------------------------------------------
です。一応Yahoo!翻訳のページを参考にkitaは訳してみたのですが、完全日本語版と逆になってしまいました。どっちが正しいのでしょうか?

(11/4夜:追記)
どうやら完全日本語版でOKのようです。
(11/4夜:追記ここまで)

★P20:特別ルール
A:ルーインのスピードは1です。
★P35:特別ルール
「ドラゴンの頭蓋骨」を持ち運ぶモンスターのスピードは3に減少します。

 「スピード」という定義は完全日本語版には出てきません。これは英語版では「Speed」とそのままなのですが、完全日本語版では「移動力」と訳されています。意味はおそらくわかると思いますが、一応書いておきます。P35の「スピード」に関してはgoldkightさんのblogでも指摘されていますね。

★P20:特別ルール
A:(「ルーイン」は常に橋の向こう側に向いています。)
K:(彼は常に橋を完全に妨げるために橋を横切る方向です)。

 おそらくP20の図に示した方向を常に向きます、という事を言いたいのかな、と思っています。

★P20:特別ルール
A:「ルーイン」の前進を英雄が止めようとするならば、
K:もし英雄によってRuinの前進が妨げられる場合にRuinが前進することを試みる場合、

 「ルーイン」の前進を英雄が止めるためには、移動先に英雄フィギュアがいることが必要ですよ、ということですね。

★P20:特別ルール
A:成功なら、「ルーイン」は現在の場所に留まり、今回の移動は行われません。
K:もし英雄が成功する場合、Ruinは彼がいる場所に留まり、移動は消耗されます。

 能力判定に成功したならば、ルーインは移動アクションを1つ消費します、ということです。完全日本語版だけでは、移動アクションのキャンセル、つまり実行しようとした移動アクションを取りやめる、と受け止められる可能性があるかな、ということで。

★P20:増援
A:オーバーロードは手番の開始時に毎回、いずれかのモンスター1体を「入口」に置くことができます(グループ上限の範囲で)。
K:それぞれのオーバーロードターンの開始時に、彼はオープングループの1つから1体のモンスターを、グループの制限に従って、入口に置いてもかまいません。

 いずれかのモンスター、という表現だけでは、シャドウドラゴンも置ける可能性がある、ということになります。置けるのは選択モンスター2種類のうちいずれかだけです。

★P21:特別ルール
A:モンスターは「牢獄」の扉を開くことはできません。
K:モンスターはPrisonに通じる扉を開閉することができません。

閉じる事もモンスターにはできない、という項目が抜けています。

★P24:増援
A:また、他に置き場がないときを除いて、他の「ゾンビ」と3マス以上の間を空けて置かなければなりません。
K:さらに、他のオプションが無い限り、他のゾンビの3区画以内にゾンビを置いてはいけません。

元の英語は
--------------------------------------------------------------
Also, no zombie may be placed within 3 spaces of another zombie unless there is no other option.
--------------------------------------------------------------
となっています。意訳で「他に置き場がない」となっているのでしょうか?
(11/9追記)
他の選択肢がなければ、という意味だそうですので、この部分の日本語訳は特に問題ありません。
(11/9追記ここまで)

★P25:特別ルール
A:サー・アルカイトの剣です。

 これ、P24のフレーバーテキストでは「聖アルカイト」になってるんですね。重箱の隅をつつかせていただきました。

(11/9修正)
★P26:増援
A:いずれかのモンスター1体を「入口」か「出口」に置くことができます(グループ上限の範囲で)。
K:オープングループから1体のモンスターを入口に、グループの制限に従って、置いてもかまいません。

 選択モンスターである、という制限がつきます。同様の内容は上(P20)にもありますね。


kitaが勘違いしていました。日本語訳に問題はありません。
(11/9修正ここまで)

★P27:特別ルール 扉
A:コマが扉を開けようとする場合は、<シンボル>で判定してください。

 <シンボル>って何でしょうか?(汗 英語版では「力(腕力)」のマークが記載されています。変換ミス? 何かよくわかりません。

ちなみに、goldkightさんのblogで指摘されているP26は、P27だと思います。

★P28:セットアップ
A:「メリック・ファロウ卿」は遺物「邪影の杖」を受け取ります。
K:メリック・ファロー卿をLibraryに示すとおりに置いてください。メリック・ファロー卿に”Staff of Shadows”レリック与えてください。

 メリック・ファロウ卿の置き場所に関する記述がまるまる抜けています。まあ、図に記載されているのでおわかりだとは思うのですが一応。

★P29:セットアップ
K:誰が遭遇1で勝利したかに関係無く、英雄は最初のターンを飛ばします。

 扉に関するセットアップの文章の後ろに、セットアップの最後の英文があるのですが、そこが完全日本語版ではまるまる抜けています。

★P29:報酬
A:また、オーバーロードは購入したオーバーロードカードのいくつか、もしくはすべてを捨て札にすることで、それらのカードの合計コストと等しいXPを得ます。
K:さらに、彼の購入したオーバーロードカードのいくつかまたは全てを利用可能なカードのプールに戻し、これらのカードの合計コストに等しいXPを得てもかまいません。

「捨て札」にすると、15枚使い切った後でそれらのカードが使用可能になる、と誤解される可能性が0では無いので書きました。要は「今まで経験ポイントを使って買ったOLカードを無かったことにできる」ということですね。

★P30:セットアップ
A:選択モンスターは「山小屋」、「墓地」、「小川」のタイルに
K:モンスターグループを、Cabin、CraveyardおよびStreamタイルの間で分けて、

(11/9修正)
選択モンスターだけでは、ゴブリンアーチャーをこの遭遇で置けなくなります。ゴブリンアーチャーも含めて、3ヶ所に均等に置いてください。

均等に、である必要は無いようです。
(11/9修正ここまで)

★P30:特別ルール
A:このトークンは遭遇2で使います。
K:彼はそれぞれの英雄トークンの1つのみを保持します---彼はその英雄の血を持つか持たないかのいずれかです。これらのトークンは遭遇2の間で重要です。

英雄1人につき、保持するトークンは1つのみ、という英文が抜けています。これはgoldkightさんのblogでも指摘されていますね。

★P33:特別ルール
A:プレーヤーは1アクションを使うことで誰にも所持されていないトーテム像を拾い上げて、所持することができます。プレーヤーは1アクション使うことで所持しているトーテム像を隣接するマスに置くことができます。
K:アクションとして、フィギュアは誰にも所有されていないTotemを拾い上げ、運んでもかまいません。アクションとして、フィギュアは彼の運んでいるTotemを隣接区画に落としてもかまいません。

プレーヤー、ではなくコマ(フィギュア)ですね。その後の文章で「英雄が拾い上げる」とか「モンスターが拾い上げる」とか書いてますから、意味は通じるとは思いますけど念のため。

★P33:増援
A:いずれかのモンスター1体(「イライザ・ファロウ」でも構いません)を「入口」に置くことができます(グループ上限の範囲で)。
K:彼のモンスターグループのそれぞれから1体のモンスター(イライザ・ファロー婦人を含みます)をマップ上に、グループの制限に従って、置いてもかまいません。

(11/9修正)
英語版では「入口」という指定はありません。マップ上どこに置いても良いようです。

モンスターによって、置く場所はクエストガイドに(完全日本語版でも)記載されています。「入口」だけが余計でしたね。
(11/9修正ここまで)

★P34:特別ルール
A:コマがこの目標トークン上からいなくなったら、
K:もしフィギュアがトークンから立ち去るか、打ち負かされた場合、

打ち負かされれば、フィギュアは無くなりますから、まあいなくなったと同じと考えられますが、英雄の場合はトークンが残りますから、英語版では指摘があるのだと思いますね。

★P36:セットアップ
A:「書庫」、「聖骨堂」、「クモの巣」に選択モンスターをそれぞれ1種類ずつ置いてください。
K:1モンスターグループをLibrary、Reliquary、Spider DenおよびLaboratoryのそれぞれに置いてください。

「研究室」が抜けてますね。

★P38:特別ルール
A:扉はそのまま閉じています
K:扉は常に通常通り閉めてもかまいません

この文章の直前が「扉を開くための特別ルールの説明」だったために、この文章もその補足だと思って意訳したのだと思いますが、英語は扉を閉める場合の説明だと思います。

★P41:セットアップ
A:箱の中から「ダーク・チャーム」を探しだし

実際のオーバーロードカードは「闇の誘惑」と書かれているカードが対応します。これもgoldkightさんのblogで指摘がありますね。

長かったですが、これで一応指摘は全部終了です。あ~今回長かった(涙

何かご意見、誤りのご指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

続きを読む

ディセント第2版完全日本語版の訳を確認してみた(その5)
 突然ですが、ジョイカタ香川さんが、今月11月23~25日に、国営讃岐まんのう公園ゲーム合宿を開催されるようです。もう決定で良いのでしょうか? さすがにこれに前版を持ち込むのはひんしゅくものかな~とか思ってますが、おそらくディセント第2版なら持って行っても問題無いでしょうね。参加されるかたはどうぞ楽しんできてください。どうやって参加申し込みするのか不明ですが(汗

 さて、恒例の(?)訳の確認。今回は副官カードから。

■副官カード
★スプリグ(Act II) 昇進(Promotion)

 内容は特に問題無いようですが、昇進の左側のマークが波動のマークになっています。英語版は「→」、つまりアクションなんですね。完全日本語版も表側はちゃんとアクションのマークになってますので、裏のみマークの間違いです。

■状態カード
■トラベルイベントカード
■探索カード

特に無し

■ショップカード
★鉄張りの指輪(Act II):IRON-BOUND RING
A:あなたの防御ロールに[盾]のない面が出たダイスがあれば、防御ロールに1[盾]を加える。
K:もしあなたが1つ以上のブランクを振る場合、あなたの出目に+1[盾]を加えてください。


 ほとんど意味は同じですが念のため。ブランクのダイスは複数あっても加えられるのは1[盾]のみです、ということで。

■遺物カード
★サソリの口づけ(SCORPION'S KISS)
A:成功した場合、その英雄はあなたが選んだ「状態」になる。
K:もし彼が成功する場合、あなたの選択するこれらの状態の1つのみを被ります。

 これも細かいことで、特に書かなくても大丈夫かもしれませんが、これら、とは「移動不能」と「毒」のことです。このいずれかを与えられる、ということですね。

■手番カード
★オーバーロードの手番の概要(1.開始ステップ I.)
A.使えるカードをプレイ
K:ターンの能力の開始

 実際には同じ意味かもしれません。ようは「あなたの開始ステップに」と書かれているカードをプレイしてもかまいません、ということになるのでしょう。ただ他の「ターン開始時の能力」がクエストで記載されている(増援とかね)場合もありますので、一応。
--------------------------------------------------------------

 これでカード類は全て見たつもりです、多分(ぉぃ!)。
なんか今回は重箱の隅をつつく感じになっちゃいました。
ということで次回は重大な『クエストガイド』編になります。

何かご意見、誤りのご指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!
続きを読む