ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第80回)
 以前にも紹介した「のさん」の動画、最新版が先週UPされております。こちらこちらですね。ちょっとばたばたしておりまして中身を確認できていないのですが、まだ続くようですね。引き続き頑張っていただきたいと思います。

 あと、クエストカスタマイズツールの方ですが、まだ確認できていません(先週と状況は変わらず)。ということでツールのレビューはまた後日余裕のある時に行いたいと思います。

 で、そのばたばたの理由の1つが、今回の記念すべき(?)第80回の遊会にあります。実は遊会として正式にカウントするのは今年初だったりするのですが、まああまり季節感を出さないのがうちのblogなのでそこはそれとして。

お久しぶりのカルマさんを交えて、後はGolemさんとkitaといういつもの面子。これは当然カルマさんがオーバーロードか、と思ったら意外や意外。Golemさんがオーバーロードだそうで。

第80回遊会
クエスト:ToI#1『涙の大釜』
OL:Golemさん
英雄
サーラ(Holy Aura、Prodigy、Spiritwalker)……カルマさん
鷹匠ヴィラ(Leadership、Eagle Eye、Ranger)
オカルク&ラカッシュ(Knight、Mighty、Ambidextrous)……以上2キャラ担当kita

 Knight使えねー(涙 オカラカ(オカルク&ラカッシュのこと、以下同じ)の疲労は2、Knightの起動にも2必要です。まあMightyを引く前はUnmovableでしたから、仕方ないところでしょうか。しかしMightyを引いたおかげで、かなりオカラカはパワーアップしました。なにせデフォルトで+2ダメージですから。これはAmbidextrousの効果を得るためにも「SwordとMorning Starの二刀流」装備です。これで+4ダメージが確定。出目で波動1が出れば+5ダメージ。美味しいなぁ。

 しかも鷹匠ヴィラもEagle Eyeとオーバーロードにとってはにっくき(?)Rangerですから、スリングを装備すれば+2ダメージ。さらにPierce2も付いて超お得。実質+4ダメージ固定ということになります。これは嬉しいですね。強キャラに加えてProdigyとSpiritwalkerを持ったサーラの影が薄く感じるほどのパワーアップを果たした2人の英雄ができあがりました。

 クエストは英雄3人では激ムズと噂の(って我々が勝手に言ってるだけですが)ToI#1。ハンデ代わりなのか、オーバーロードであるGolemさんは、マップ上のモンスターやら宝箱やら魔法陣やらをすでに準備されています。

 開始エリアからエリア1に入る際に「Dangerを捨ててParalyzing Gasとか来るかな」「いやぁ、それは無いやろ」とか言ってたら、本当に「Trapmasterを捨ててParalyzing Gasをプレイ」とかされてしまいました。基本の行動(構える宣言で命令を乗せてから扉を開く)を忘れちゃいけませんね(反省

 といういきなり躓くプレイもありつつ、エリア1、エリア2を結構必死で英雄側は乗り越えてエリア3へ。オーバーロードの頼みの綱、マスターオーガはオカラカの一撃であっさり沈み、これで魔法陣を開いて一息つける、と思ったらここでまさかの『闇の魔法陣(紫)』

 これは強力です。この魔法陣の活性化時および、この魔法陣を利用するたびに、オーバーロードはOLカードを2枚見てうち1枚を手札に加え、残り1枚を脅威を得るために廃棄することになるのです。カードの周りが早くなります。

 ということでここの魔法陣はかなり使いづらくなり、それでもエリア3をなんとか制圧してエリア4へ。駆け抜けて魔法陣から街に帰れば後が楽になる、と思ったらまたしても『闇の魔法陣(緑)』

 この魔法陣は達成トークンが1しか入らず、この魔法陣を利用して街と行き来することができません。ここでもし英雄が死んでしまうと、また開始エリアの魔法陣からエリア4まで必死こいて移動しなければならない、という鬼畜仕様。いやぁ、オーバーロードの気合が感じられますね。

 幸いにもここで青いルーン鍵をなんとか取った英雄側は、最終エリアのエリア5へ。おまけにエリア4にマスタービーストマン2体とマスターシェイド1体が赤いルーン扉を閉められたせいで取り残されたというおまけつき。

 しかし油断はできません。気を引き締めつつ進軍を続けます。今までのオーバーロードのプレイから、ひょっとしてここの魔法陣は「闇の魔法陣(赤)」か? とか思ったのですが、ヴィラが一気に駆け抜け(ようとして活力ポーションが無くて街に戻れなかっ)たら、普通の魔法陣でほっと一息。しかし青いルーン扉を閉めて他のモンスターをエリア5に入れないようにしていたはずが、ラスボスまさかのエリア5からの脱出。Charge2枚を潤沢に使い、そのままエリア4に移動します。

 そしてまさかの
Golemさんがゴーレムを発生(atエリア1。Lone Golemのプレイ)

 何やってるんすか! Golemさん。このネタのためだけにモンスター背信3点をつぎ込むとは! しかもこのゴーレムがオカラカに瞬殺されるというおまけつき。そしてプレイ開始から延々とプレイすること8時間を越えて……



 プレイの最初から最後まで、オーバーロードが振るステルスダイスの×の出目に思いっきり英雄側は助けられ、なんとか勝ちを拾ったという激闘でした。寝たの午前6時前です(涙 あ~、楽しかったけど疲れた。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

活動報告?
FFGの公式HPの最新の記事で、クエストカスタマイズツール公開!

公式サイトへはまあ適当な方法で行ってください(ぉぃ! このblogからもリンクは貼ってますし。で、クエストカスタマイズはWeb上でできるみたいなんですが、どんな感じかちょっと見てみました。

まずは公式サイトから「ENTER THE QUEST VAULT」というところをクリックすると、ログイン画面になります。FFG用のアカウントで入ることができるのでログインしてみると、シナリオビルダのトップ画面になります。人気のあるクエストTOP10(いいね! でよくみる親指立ててるマークの数の順に並んでます)と、新着クエスト5本を見ることができます。HOME、ABOUT、BROWSE、MY QUESTの4つの画面を選ぶことができて、HOMEはトップ画面、ABOUTはシナリオビルダの説明の画面、BROWSEは他の人が作成したクエストを見る(探す)画面です。作成する画面である「MY QUEST」はまた後で見ようと思います(って、そこ肝心なところ!)。



さて本題、1/2~1/3と邪神コンに行ってきました。きちんとクトゥルフ要素満載のTRPGが行われている横で、私は1人クトゥルフ要素を盛り込んだディセント(前版)のクエストを模索していました。とはいえクトゥルフ様に対してほとんど知識の無いkitaですから、モンスターを簡単に&適当に決めてマップを作って配置するだけですが(汗

 当然ラスボスはカオスビーストにして、その周りにカオスビーストを崇拝してやまないであろうダークプリーストで固め、邪悪な祭壇を置いて、それを破壊したらクエストクリア。マップは左右対称にして、左右の扉はルーン扉にして、ここにはアンデッド系のスケルトンとシェイドをたくさん配置して……ってやって、とりあえず作成。Golemさんから「ディセントできそう?」ってメールが来たので、「kita1人でよければ」と返したところ、Golemさんに来ていただけたのでテストプレイを3回くらい行い、助言をいくつかいただきました。例えば当初ラスボスのカオスビーストはFear10くらいにしておけば大丈夫だろう、と思っていたら、「カーノンはFear無視するぞ」と言われました(それで負傷値上昇に切り替えた)。あと、橋架さんや瑞兆さんなどの邪神コンに来ていただいた方々からもアドバイスをいただいたきました。なんとかまとまりそうなので、いずれ何かの形で公表しようかと思います。

 そして1/12夜。いつものように遊会があるかな、と思ったのですが、参加可能な方はGolemさんのみ、ということで公式のクエストから今までやったことのないものをやってみよう、ということで英雄2人を選んでもらってプレイ開始。

クエスト:AoD#1『穴の中のもの』
英雄:
  グレイ・カー(Master Archer、Precision、Boggs the Rat)
  ターリア(Bear Tattoo、Ox Tattoo、Tiger Tattoo

 何ですか! このタトゥだらけのターリアは! 最初3枚引いた時にTigerとOx引いてたので、引きなおし用にもう一枚引いたらって私が言って引かせたら、これがBear。もうGolemさん大爆笑。なにせこれデッキをシャッフルしたの私ですからね。そんな仕込みするわけがないとわかっていてのこの結果。

 クエストは3時間ほどでオーバーロード勝利に。エリア1に沸いたモンスターを無視してエリア2に突っ込んだら、そこにもモンスターがわりとたくさんいて、結局ボコられて達成トークンが0になる、という感じでした。このクエスト、やはり拡張のクエストだけあってエグいなぁ、と感じた次第。まあ途中で、ターリアが構える宣言をし、2移動してGuardを載せた後で扉を開いたときに、「Paralyzing Gas」をプレイしようとしたら、全く意味が無いことに気づいた、という小ネタもありましたが(Stunが載らない&ハーフアクションを2つ使い切ってる)。

 もう1戦、ということでこれも私が以前からプレイしたがっていたWoD#8『死の螺旋』。ぱっと見小さいダンジョンのようで、実は組み立ててみるとわりと大きかったです。で、Golemさんはターリアはスキルもこのままで、グレイ・カー&ねずみのボグだけこのままで他を引きなおす、ということで引きなおした結果。
グレイ・カー(Ranger、Skilled、Boggs the rat)。

 Rangerって結構凶悪なスキルだよなぁ、とかそこに加えてSkilledって強すぎじゃね? とか思いながらプレイ開始。3時間ほど経過すると、なんと最終エリアまでターリアの1回の死亡だけで到着。しかし最終エリアがわりと大変な感じで、「これ1回死んだ後で街から最終エリアまで行くのかなり時間かかるな」とか「このエリア5以降のRamp(誘導路)意味ないよな」とか話してるうちに、ここらでお開きにするか、ということで時間切れ終了としました。あとプレイ途中で巨石のルール把握ミスが発覚したりもあって、今回の遊会はカウントせず。実際に2人、3人と来ていただいたときをカウントしたいと思います。果たして記念すべき第80回の遊会はいつ開催か?

何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

開いてました
 と、いうことで前回(前日)の記事を書き上げた後、所要のため上京してきました。で、本日とんぼがえり。バタバタですが充実した時間が過ごせましたね。


 結論から言います。

Lair of the Wyrm 買ったどー!

いやぁ、ちゃんと購入できましたよ。ほっとしました。


秋葉原で関東の友人と少しの間歓談したあと、書泉ブックマートに歩いて行きました。で、1Fから4Fまでぐる~っと中を覗いてみたのですが、ボードゲームの置き場がさっぱりありません。どうやらここには無いようです。店名の記憶違いだったのでしょうか?

じゃあこっちか? と思ってすぐ近所にある『書泉グランデ』に訪問。3Fで無事ボードゲームコーナーを見つけ、輸入ボードゲームの棚の中に1つだけあった『Lair of the Wyrm』を発見しました。これだけじゃ悪いかな、と思ったので、ついでに「Role&Roll 98」も購入。blogのコメントでディセント第2版の記事がある、という情報をいただきましたので。あとRole&Roll 99は書泉グランデでさっと眺めてみたところ、特にディセントがらみの記事は無かったようですので、買いませんでした。

今のところまだ拡張は封を開けてもいません。日本語版の拡張が出るまでに翻訳が終了していればいいので私としては気が楽です。のんびりとやっていきたいと思います。

Role&Roll 98は日本語版の英雄の紹介が載ってるという程度で、特に目新しいところはなし。というかアシュリアンの特殊能力、きちんと修正して欲しいところなんですけどねぇ……記事を書いているのがRole&Roll編集部、ということなので、あまり期待はできないですかね(ため息


話は変わって、明日、明後日は邪神コンのためおそらくディセントはできないでしょう(一応会場にディセントは持って行きますが)。一応なんかクトゥルフが絡みそうなクエストでもオリジナルで作りますかね、会場で(ぉぃ

そしたら!