ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ごめんなさい
 ども、ご無沙汰しております。kita@香川ディセント友の会です。

 無事『ディセント第2版 拡張セット 竜の棲み家 完全日本語版』が発売されたようですね。本来であればすぐにでも入手してkitaの訳した内容との差をここで発表すべきなのでしょうが、どうにも余裕がありません。なにせ今のところ訳ぜんぜんできてないんだもんっ♪>おいおい!

 プライベートでばたばたしていて大変申し訳ありませんが、訳の比較は、すでに情報をUPされている「理想の名において」さんあたりでまずはご確認ください。kitaも訳ができて日本語版を借りることができたら、発表していきます。もうしばらくお待ちください(ぺこ)。

 あと本当は、高松の「さー」さんを交えて2回も遊会を行った内容のレポートとかすべきなんですが、前述のとおりのばたばたなので、これもちょっと無理です。ご勘弁を。

ということで生存報告を兼ねての記事でした。
そしたら!

大阪から帰ってきました
ゲームマーケット大阪に行ってまいりました。弊サークルを訪れていただいた皆様、特にコピー本をご購入いただいた皆様、どうもありがとうございました。

前日の夜午前2時近くまでコピー本の印刷をしてました。橋架さん、お手玉ピエロさん、Golemさんのお3方が話し相手&製本のお手伝いに来ていただきました。ありがとうございます。

で、眠い目をこすりつつ午前5時半に起きてケータイを見たら、占いのところに

「周りの楽しそうなムードについていけず、寂しい思いをするかもしれませんが、気にしないようにして」

とありました。幸先悪いです(涙

特に道中何もなく、迷うこともなく1人で順調に大阪に到着。時刻は9時ちょうどですが、すでに結構多くのお客さんと参加サークルの皆さんが来られていて、にぎわっとるのぉ、と感心してしまいました。

自分のサークルの準備はすぐにすみました。午前10時より午後5時まで、ず~っとその席で座っていました。

今まで弊blogの記事で取り上げていなかったのですが、実はボードゲームナビ2013-01で、ディセント第2版のオリジナルクエスト「変幻自在」が掲載されています。最近twitterでそれを知った私は、買う予定にしています(まだ買ってません、ごめんなさい)。

で実は、そのオリジナルクエストを作成された「中村誠」さんが来訪されました(第2版からディセントに触れたそうです)。また、以前記事に書きましたwebラジオを主催されています「ペガ」さんとそのご友人の方も来店されました。他にも何人かの方がいらっしゃいましたが、一番印象に残っているのは、閉会近くになって、「以前から見てました」とおっしゃって、vol1~vol10まで活動報告記を全て変われた方です。思わぬリクエストにコピー本の準備にあたふたしてしまいました。皆様、本当にコピー本をご購入いただきまして、ありがとうございました。

とはいえ、なんかケータイの占いどおりに基本的には寂しい思いをしつつ回りをみていたり、うとうとしたりしてました。帰りも特にネタもなく、順調に帰ってきてこの時間に書いています。簡単ですが今回のレポートでした。

そしたら!
続きを読む

ばたばた
 結局2月中は1回しか記事をUPしてなかったんですね(汗
それだけプライベートがバタバタしていたということで、ご勘弁いただきたいとおもいます。kita@香川ディセント友の会です。

 3/10に、ゲームマーケット大阪が開催されます。以前よりblog等に記載していたとおり、香川ディセント友の会は、これに参加致します。ということで、つい先ほど完成したばかりの原稿の表紙を。
『活動報告記』vol10の表紙

なんかこういう風に画像をUPするのって久々ですね。
ということで、もし参加される方は

一般ブース「102」【香川ディセント友の会】

をちょっと覗いていただければ、と思います。よろしくお願いいたします。

追記
一番大事なことを書き忘れていました。今回の活動報告記ですが、

本書は『ディセント第2版』に関するコピー本ではありません。

以上っ!
続きを読む