ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



いくつかお知らせ
まずは「D2E」最新FAQが11/18の記事で公表されています
個人的にちょっとだけツッコミを入れておくと、ファイル名はご覧になればわかるとおり「Descent Second Edition FAQ_v1.2.pdf」なんですが、そのpdfファイルを開いてみると、「ERRATA AND FAQ VERSION 1.3」って書いてあるんですよ。
ずれてるやん!

相変わらずFFGはいい加減ですね。なおこのFAQには現在発売されている最新の拡張である「TROLLFENS」(日本語版ではトロール沼)のFAQも入っているようです。気になる方はチェックしてください。


そしてD2Eの日本語版「ディセント 第2版」は現在「廃墟の迷宮」(英語版ではLabyrinth of Ruin)が発売され、Twitterを見る限りでは購入された方もちらほらいらっしゃるようですね。どんどん広まっていって欲しいものですね。ついでに第2版を主に遊んでますっていうサークルさんとか出てきてほしいものですね。そうするとうちは安心して前版だけ遊べる気軽なサークルになるのですが。

 まあディセントしかやりませんっていううちのようなサークルが特殊なのはわかってますけど(今のところ日本国内で弊サークル以外聞いたことありません)、第2版はこれだけ広まってるんだから、そろそろディセント第2版メインのボードゲームサークルさんとかあってもよさそうなものなんですけどねぇ……

 まあうちに対して「第2版の拡張の日本語訳のエラッタとか出せ」とか突っついてくる方がいらっしゃらないだけましですかね。プレッシャーは個人的には感じているのですが、いろいろあってのびのびになってます(過去の記事とかでお察しください)。

 そうそう、ディセント第2版の日本語訳をチェックしたいから、英語版が見たいという方をTwitterでお見かけしました。そういう方は「Descent in the Dark」というサイトをご確認ください。前版の英語版のカード情報もありますが、D2E(第2版)のカード情報(英語)も入っていると思います。さすがにクエストの情報は無いと思いますが(すくなくとも前版のは無かった記憶)。そのつぶやかれていた方が弊blogをご覧になってるかどうか怪しいですが(汗

 最後にもう1つお知らせ。E.G.G.主催の「偽人」さんよりご連絡(というか予約のメール)があり、会場手配させていただきましたので、一足先に告知したいと思います。

2014年1/3~1/4

新年邪神コン開催(at西原会館)



の予定です。当然kitaはディセント(前版)を持って参加しますので、お時間のある方は是非お越しください。時間等の詳細はおそらく香川TRPGガイドの掲示板等に告知が出ると思います。

そしたら!