ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



直前告知
さて、まずは第2版の情報。FFGのDescent第2版の公式HPによると、8月に発表していた最新の拡張「Mists of Bilehall」の最新情報が発表されました。モンスター3種類のうちの2つのモンスターのカードが発表されています(残りの1つは8月に発表済み)。そういえば日本語版はさすがに本家FFGのようには拡張を発売しなくなったみたいですね。まあ4つも出したのですから頑張ったと思います。

もう1つ、新しいHero and Monster Collectionが発表になっています。とはいえここで発表されている英雄に私は心当たりがありません。モンスターはフェロックスですからなじみがあるのですが……「Seer Kel」(予言者ケル?)って誰? (見た目)盲目の強力な魔術師のようですが……これでHero and Monster Collectionは8つめ。順調に発表されていますね。すごいなぁ……

さらに、先日ご紹介した「第6回四国ゲームワンダーランド」でのディセントのプレイですが、英雄プレーヤーとして参加された中の1人、じろうさんがtwitterで簡単に振り返ってくれました。こちらこちらです。いやぁ、今見ると懐かしいですね。もしじろうさんがよろしければ、またプレイにお付き合いください(ぺこ)

では本題(って告知なんで短いのですが)
1週間ほど前、E.G.G.主催の偽人さんからメールがきまして、「11/1のイベント手伝ってくれないか?」とのこと。
11/1に何かあったかな、と思ったのですが、高松で行われる『ときこす』というイベントでボードゲームのスペースが出る、そのスタッフとして出てくれないか、ということだそうです。
このイベントのことはたまたま知っていて、ボードゲームスペースがある、ということも知っていたのですが、「ふ~ん」という感じで流していました。そりゃそうでしょう、11月なんて自分は土日ほぼ農作業しかしないんですから。それに高松ですから、関わっているとしたら「さぬきの開拓者」さんとか「ゆうもあ高松」さんあたりが絡んでるんだろう、とか思っていたのです。それが関わっているのが「偽人さん」だとは……。で、できれば農作業をしたかった自分は他の方を推薦したりしていたのですが、直前だったため都合がつかず……


自分も参加することにしました。


当初「自分はディセント初版以外はボードゲーム初心者やで。インストとかできんがな、それでもええんかいな?」とか思っていたのですが、偽人さんから「ディセント持って行ける?」との確認が。


は? なんで? 相手はボードゲームそのものが未経験のお客さんがほとんどなんやろ?


偽人さんとしては、5~6時間の間、数人を自分が相手することができれば、ということのようですが、参加してくださる方はいないような気がしますけど……まあ行くだけいってみましょう。いろいろ遠方からもボードゲーム持ってこられるかたもいらっしゃるようですから、まあ見た目のにぎやかし、くらいに思っておきましょう。でもホントはディセント初版で遊びたいです。
(偽人さんは短めのTRPGを準備されるそうで。大変やなぁ)


ということで、この結末は次にUPする記事で。どうなることやら。
そしたら!