ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ばたばたしております
まずは公式HPから。6月の更新は4件。
Hero and Monster Collectionsの最新版「Shards of Everdark」が2件。英雄とモンスターの紹介と、発売されてるよ、という記事。
次に最新の拡張「Chains That Rust」のオーバーロードクラスの紹介記事
そしてアプリ「Road to Legend」がAmazonのKindle Fireでも落とせる、という記事

そういえば、このアプリを紹介する(?)動画を作ってらっしゃる方がいらっしゃるようです。
ニコニコ動画ですが
【卓M@s】Ro@d to Legend Ep01【ディセント2版】
【卓M@s】Ro@d to Legend Ep02【ディセント2版】
と2つもあります。
卓M@sというジャンルがあることをよく知らないのですが、卓上ゲームを紹介する動画のはずですよね?
アプリ紹介動画もアリなんでしょうか? まあこうやってディセント第2版が広まっていくのは
嬉しいことなので、自分は特に気にしませんが(ならツッコミ入れるなよ>自分)

 そうそう、前回の記事で紹介した「架神恭介」さんの日記(?)におけるディセントの記事がまたUPされています。前回の続きですね。

 別の日の記事では、ダイスの期待値を計算しているものがありますが、昔似たようなのを見たな、と思って調べてみると
goldkightさんのblog記事がありました。まあ3年前の記事なので、追加された拡張で使用するダイスの期待値はさすがに載っていない(白ダイス)のですが、こういう確率は誰しもが気になるものなんですね。

 弊サークルでは、6種類のダイスの目を印刷したものを手元に置いて、たまに見たりしています。
たとえばこんなやつですね(ネットでの拾い物です)。
「Descent Dice」で画像検索するとすぐ出てくるので、実際に何%というのを知っておくのも手ですが、
ダイス目全部を一覧で見ることで、おおよその確率を感じるというのもありかと思います。

 今月は1回Golemさんと遊会ができました。AoD#1 The Thing in the Pit(穴の中のもの)を私がOLでプレイしてみましたが、途中で英雄側が手詰まりとなり、お開きとなりました。1人で英雄3人プレイは大変です。

 ちょっと農作業とかあって私の方がばたばたしており、遊会がなかなかできませんが、8月に入るまでには復活したいと思います。ということで総合ゲームサークル E.G.G.【Extended Gamers Groups】でも告知が出ておりますが

ゲーム会in善通寺

開催です(8/13、8/14)。もちろんkitaもいつもどおり参加します。あと9/18のSGWも参加予定。
SGW用にちっちゃいクエストをまた作れたら良いなぁ……

そしたら!

簡単に
公式HPの5月の更新が結構多いです。
・新しいHero and Monster Collectionsの『Stewards of the Secret』の紹介(5/95/205/26
・新しい拡張セット『The Chains That Rust』(5/11
・前回の記事で取り上げたアプリ『Road to Legend』(5/125/27
・さらに新しいHero and Monster Collectionsの『Shards of Everdark 』の紹介(5/27

7つもあるんですね。びっくりです。
自分の方が遊会を実施できていないので、あとちょっとネットで見つけたサイトを2つ。

ディセント第2版のプレイレポート
架神恭介さんという作家さんが書かれているサイトです。
さすが作家さんだよな、という感じに思えます。写真も多くてわかりやすいんじゃないでしょうか。

別の日の日記

「ディセントのプレイ記録が見たかったら、まずここを見る」くらいの確固たる地位を狭い世界の中で築きたいのだ

とありますので、ぜひディセント第2版を遊びつくして、日本でのディセントプレーヤーの世界は非常に狭いのですが、さらにコンテンツを充実させて有名になっていただきたいです。

あと
ディセント第2版のまだ日本語化されていない拡張などを翻訳されている方のサイトです。
ディセント第二版訳置き場
ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、参考までに。

これであとは最新のFAQとかをフォローしてくれるサイトがあればもう安泰ですね。
え? うち?………まあうちは初版のサイトですから。

そしたら!