ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



コメントから情報をいただきました
6月中のFFGの公式HPの記事はありませんでした(5ヶ月連続)。
もうネタ切れなんでしょうねぇ……

さて、先月の記事にコメントをいただきました。
> (勝利条件の)井戸ってどれ?
---------------------------------------------
伍楽さんより
「水面マーカーの場所で~」と書いているので水区画で良いと思います。(実際は水区画で移動を終了~と書かれてるけど入れないから隣接する区画が正解ですね。)
---------------------------------------------

日本語版だとそう書いてあるんですね。英語だと
If the hero with Soulbiter ends his movement adjacento to the Well and Misrael is dead:
(もしSoulbiterを持った英雄が井戸に隣接して彼の移動を終了し、ミズラエルが死んでいる場合:)
なんですが。

これは日本語訳を作られた方(アークライト? FFG?)が意訳したのか英語版を作られた方に問い合わせたのか……まあ前回のプレイで水区画に隣接、にして良かったということで、安心しました。

あとアイザックさんより
---------------------------------------------
https://twitter.com/eKAZU/status/878773911256616961
最近になって初版を遊んだという人のツイートです。
今でもそういう方がいるんだね。
---------------------------------------------

いやぁ、非常に嬉しいですね。こうやって楽しんでくださっている方が自分以外にいる、というのは本当にありがたいことです。

eKAZUさんのツイートにあった写真を拝見すると、クエストはJitD#1(ナルサクですね)。
英雄は3人(死せるヴァリカス、賢者ランドレック、世界を駆けるアーベル)
アーベルが入ってるということはToIを拡張として入れてる、ということでかなり珍しいと思います。
しかもフィギュアに色まで塗って。手間かけてますね。

あとこの方(たぶんeKAZUさんと一緒に遊ばれた方)のツイートがなるほど、と思いました。
https://twitter.com/gumto/status/878634257450651649
射線判定ツール。赤、という色が重要かな、と。

ディセント初版を今も遊んでいる方、というのは本当に少なくて、twitterでも以前掲示板の方に書きましたが、札幌(friendsjp)の方でディセント初版が遊ばれている
https://twitter.com/friendsjp22061/status/851771110072868865
のを見つけたくらいです(日本語版だけかもしれません)。
拡張が入っているディセント初版を遊べる、というのは本当に貴重だな、と思います。

ところでこのeKAZUさんって、私宛に以前(1月に)メールを送ってくださった方、ですよね?
そうだと思うんだけどなぁ……


で、kitaの予定ですが
7/22 21:00~遊会(kitaの家)
8/13~8/15:ゲーム会in善通寺(今回は3日間!)
になります。お時間ある方はお付き合いいただければ、と思いますのでよろしくお願いいたします。

そしたら!