ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



The Land of Terrinoth(前編)
 少し前の「プレビュー」#3で紹介したTerrinothには、いくつかの都市があります。その内容が、公式HPにある「プレビュー」#3のページからpdfファイルがリンクされています。今回はその内容の翻訳に挑戦してみました。とりあえず8つの都市のうちの4つです。
---------------------------------------------------------------
 Terrinothの土地

 Terrinothの土地は本当の国家ではなく都市国家のゆるい提携です。そして、それぞれの都市はその都市自身の文化および上部組織を持っています。

Dawnsmoor
 いわゆる”オーク市場”と地下闘技場で有名なDawnsmoorは、何でもお金で買うことができる場所として影の名声を持ちます。旅行者は訪れている間に彼らの財布を見るように忠告されます。

Forge
 都市というより要塞のForgeは、多くの熟練したドワーフの戦士や鍛冶屋の家です。一度ならぬチャンスに、軍隊が土地を侵攻した時、Forgeは他の都市からの難民を泊めました。

Frostgate
 他の都市のいくつかから未発達と見なされていましたが、Frostgateは自然や精神世界との強い接続を持っています。トーテム像の動物の強さを注入することを彼らに許可するここで、戦士はときどき魔法の入れ墨を受け取ることができます。

Greyhaven
GreyhavenはTerrinothの魔法の学習の中心です。Greyhavenの大学はルーン術士の世代に彼らの職業を教えました。
-------------------------------------------------------------
 残りの4つはまた次回以降に。

 何かご意見、誤訳の指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック