ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Knockback & Crushing Block
 実は今日E.G.G.があるにもかかわらず、昨晩第20回遊会を開催しました。さすがに今日のことを考え、終わったのは午前2時前でしたけど、それでもなんとなく今ぼーっとしてます。

プレイしたのは悪名高き(?)JitD#7 『Black Blade』
 参加者はkita、Golemさん、瑞兆さん。レギュレーションとして、
1.Soulbiterの呪いは鉄の封印が全て解放されるまで発動しない
2.英雄は好きなものを選択、スキルカードも同じ
としました。

 実はこれ、以前(2/25)に書いた記事の検証なんです。Golemさんの希望で「モック」&「ワン・フィスト」、スキルカードに「ねずみのボッグ」「Cautious」を入れる、ということで検証がスタートしました。結果は3時間後にOL(kita)の勝利。Golemさん曰く、「ワン・フィスト」が死にすぎた、だそうです。

#その後、自分の提案するコンビでプレイを進めて
#多少良い感触を得たのですが、時間切れでした。
#あえてどんなコンビかはここでは書きません。
#できれば初見のOLさんを驚かせたいので

 さて簡単に報告を済ませたところで、今回の本題。4/1にGolemさんがコメントをくださった、

モンスターが囲んでいる空間にノックバックされたタイミング

での「Crushing Block」のプレイは可能か? という問題です。

自分の見解は

プレイできない

です。その根拠を説明しましょう。

 基本ルールの22ページに、特殊能力「Knockback」の説明がありますので、これをなんとか翻訳してみます。
--------------------------------------------------------------
After inflicting at least 1 damage (before applying the effects of armor) to a figure with a Knockback attack, the attacker may immediately move each affected target figure up to three spaces away from its current location. The figures must be moved to spaces that do not contain other figures or obstacles that block movement. The figure does not actually move through the first two spaces ---- it is knocked completely over them. As such, this “knockback movement” is not blocked by any intervening figures or obstacles (though a figure cannot be moved through a closed door or wall).
--------------------------------------------------------------
 ノックバック攻撃によってフィギュアに(アーマーを適用する前に)少なくとも1ダメージを与えた後、攻撃者は直ちに、それぞれの影響を受けたターゲットフィギュアを、その現在の位置から3区画まで移動させてもかまいません。フィギュアは他のフィギュアや移動を妨げる障害物を含まない区画に移動されなければなりません。フィギュアは実際には最初の2区画を通り抜けません。それは完全にそれらを越えて跳ね飛ばされます。そのため、この”ノックバック移動”は任意の邪魔しているフィギュアや障害物によって妨げられません(しかし、フィギュアは閉じられた扉や壁を通り抜けられません)
--------------------------------------------------------------
 相変わらずの直訳ですが、この『”ノックバック移動”は……』の部分が自分の根拠となっています。つまり、

ノックバックによる移動は通常の移動ではないため、Crushing BlockやSpiked Pitによる「英雄の移動」をプレイすることができない

ということです。

#ノックバックによる移動は”ノックバック移動”と
#いう名前の移動であって、英雄が動くわけではない
#と解釈してます。

 ただし、Crushing Blockをプレイしたときの移動は
--------------------------------------------------------------
Then move the hero to an adjacent space of you choice.
--------------------------------------------------------------
その後英雄をあなたの選択する隣接する区画に移動させてください。
--------------------------------------------------------------
 とあるため、これは英雄の移動であると自分は考えています。そのためCrushing Blockで英雄を移動させた場所にSpiked Pitをプレイすることは可能と考えます。

 何か反論等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック