ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第21回:その3)
 実はこのE.G.G.の前に、東京の友人からお土産を送ってもらったのを郵便局に取りに行ってました。中身は自分が切望していたもの。金額としてはそう高くないものの、なかなか入手できなかったものなので大感激です。ありがとー!!!

 では昨日の続きです。
--------------------------------------------------------------
 ようやくワン・フィストがウェブから逃れ、ヴィラと共にエリア2に突入した時、マスタースケルトンによって結構なダメージを受けていたキルガは、危険を感じて街に避難します。その隙を突いてダークプリーストを召還する自分。これが見事にはまり、ヴィラに攻撃することで脅威コストを更にため込みます。

 エリア2のオーグはワンフィストに瞬殺され、宝箱を取られたものの、ヴィラやキルガにマスターレザーウィングでスタンを与えて時間稼ぎをする自分。英雄たちもダークプリーストを無視してエリア3に突入します(宝箱の引きがここでも良くなかった様子です)。

 エリア3の遭遇マーカーに悩みつつ、まずは達成トークンを確保しようとキルガが内部に突入し、魔法陣を活性化させて街に戻ります。その後ヴィラが遭遇マーカーの上に乗ると、石像のナーガがリドルを出します。

 実際に何かリドルを出すわけではなく、実は魔法特性の数だけパワーダイスを振って、波動の出目が出たらOKなクエスト。遠距離系キャラばっかりのこのパーティには不利なクエストとなりました。失敗したら石像は本物のナーガとなって英雄たちに襲いかかります。しかもこの(元石像の)ナーガ、アーマーが6。マスターナーガは7という凶悪仕様。キルガが居ない隙に「Elite Beastman War Party」でマスタービーストマンを2体出すことに成功。これでCommand3。英雄たちは奮闘したものの、最後はワン・フィストが危険を感じて街に戻ろうとした(残りHP4)ところを「Crushing Block」と「Spiked Pit」をプレイされて、あえなく死亡。達成トークンが0以下となり、OLの勝利となりました(感涙 いやぁ、E.G.G.でOL勝利となったのってひょっとして初めてではなかろうか?

 もし敵を取りたかったら、また自分がDescentの卓をE.G.G.で立てた時に参加してくださいね~。

 何か記憶違い等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック