ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第23回:その1)
 第23回の活動は、活動する当日のお昼過ぎにいきなり決まりました。できればもっと前から予定を知りたいのですが、当日にならないとわからない人が多いのでしかたありません。まあ自分にお付き合いいただけるだけで嬉しいのでこれからもよろしくです。

 しばちゅーさん(久しぶりにプレイに参加)のリクエストで、JitDの全てのクエストを遊ぶ目的から、未プレイの最後のクエスト、#9「旧友」をプレイすることになりました。英雄は1枚ランダム引き。

香川ディセント友の会 第23回遊会
OL:kita
英雄:コービン(Golemさん)、ルーンの手を持つアンディラ(橋架さん)、精霊語りのモック(しばちゅーさん)
クエスト:JitD#9『旧友』

 コービンが「Tiger Tattoo」「Skilled」「Swift」というドワーフらしくない超長距離移動キャラに大変身。疲労5移動3が、疲労8移動6に! これで活力ポーションを使えば1ターンに最大29移動ポイントを使用可能です。このキャラに大暴れされるのはもう覚悟の上です。一応対策は考えましたけど。

 当然のごとくコービンが開始エリアから構える宣言とはいえ扉を開き、エリア1の魔法陣を活性化しつつ宝箱を開けます。アンディラが「Prodigy」の効果で波動2を得ている利点を生かした「Sunburst」でビーストマン5体中4体を殺します。モックは残念ながら攻撃失敗してノーマルビーストマンが1体だけ残ります。「Rage」をプレイされてアーマーの弱いアスタラが攻撃されますが、生き残ります。

 その後エリア3への扉を開いた英雄たちは、目の前のオーグに苦戦しつつもこれを撃破。しかし後方から現れたフェロックスにコービン&アスタラの残り負傷値が1。結局アスタラは逃げのびるのですが、コービンは死んでしまいます。モックは一気に突っ込んで別のオーグの進撃を食い止め、街から復活したコービンが自慢の足でそれをフォロー。結局エリア3は相当苦労しつつも制圧することに成功しました。
 というところで続きは次回以降に。

 何かご意見、記憶違い等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント
No title
ローナンだと射撃メインになるから攻撃力がイマイチで、結局近接系か魔法系に預けることが多かったような……
そもそもローナンはあまり出番が無かったかな
[2008/04/24 09:05] URL | Golem #UeAPNlTU [ 編集 ]

あぅぅぅ(涙
 ども、コメントありがとうございます。

◆Golemさんへ
>疲労8速度6だから最大27歩
 計算ミスですよぉぉ(涙 後で修正しておきます。

>攻撃ルーチン中でもそれを行えるのでは
 もちろん可能だと自分は思います。「Vampiric Blood」を持ってる場合に、ダメージ決定のダイスを見てから「じゃあこの疲労を移動力に変換」とやりたいということでしょ? 良いんじゃないですか?

>使ってみたいのはピコであって
 ローナンも十分に使えるキャラだと思いますけどね。ピコがいなくなるとちょっと辛いかもしれませんが。自分が記憶しているのでは、ピコを貸し出す方が少ないような気がしますね。たいてい最後までピコはローナンのそばにいましたよ。

◆瑞兆さんへ
>「オーガ」ですな。
 ちょっと書き間違えただけですよぉぉ(涙 これも後で修正しておきます。

>メジャーどころだけ
 オーガだけならたしかにそうかもしれませんね。自分の場合はそれよりも英語で無理に読まなくても日本語でええやん、とか思いますね。疲労とか魔法陣とか……

そしたら!
[2008/04/23 23:50] URL | 会長(kita) #1DvWy/8Y [ 編集 ]

いやいや
>Golemさん
いやいや、私はメジャーどころだけですぞ。(^^;

ね、kitaさん。
[2008/04/22 18:11] URL | 瑞兆(ずいちょう) #0dSl0To6 [ 編集 ]

No title
うちの会は発音に細かいよね(俺含む)

読みづらいといえば…

Prodigy/プラダジー、プロダジー
予言のプロフェシーと同じ語源らしい
意味は天才とか神童とか

Invulnerable Potion/インバルネラブル・ポーション
つづりが長いだけでほぼ表記どおり

Ambidextrous/アンビデクスタラス、アンビデクストラス
-ou- で母音のアになる
意味は両利き、非常に器用な

corridor/コリドー
廊下、通廊、回廊

fatigue/ファティーグ
語尾の -ue は伸ばさない
元はフランス語で、似た表記で有名なのはテクニック(technique/より正確に発音するとテクニーク)

正しい表記、発音にこだわる一環として、これからはちゃんとローナンと呼ぼうかな。
使ってみたいのはピコであって、そのオーナーはおまけなんだが・・・・・・。
実際、パーティ戦力的にすぐ味方に貸し出しちゃうから、最後までローナン自身がピコを持ってたことって少ないんじゃない?
[2008/04/22 11:23] URL | Golem #Vl9Gvp3A [ 編集 ]

ogreの読み
「ogre」は「オーグ」、「オグル」ではなく、
で、「オウガ」、「オーガ」ですな。
[2008/04/22 09:43] URL | 瑞兆(ずいちょう) #HG29SU2Q [ 編集 ]

No title
疲労8速度6だから最大27歩
kitaさんルールで休息も使うなら最大35歩

29歩ってのは、プレイ後の検討会でやってたピコとかの疲労4速度5の英雄にこれらのスキルを載せたなら…っていう試算だね。

ところで、kitaさんルールの根拠が「疲労による移動力獲得はターン中いつでも可」であるなら、攻撃ルーチン中でもそれを行えるのではないだろうかと愚考するが如何?
[2008/04/22 03:23] URL | Golem #mKm1/bmY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック