ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



The Road to Legend - Preview #5(その3)
 自分としては大きなイベント、『Descent Day 3rd』が迫ってきました。そういえば告知していなかったかもしれませんが、香川TRPGガイド掲示板には書いてるし、いいですよね?(汗

え? ダメですかねぇ……じゃあ簡単に(魂胆見え見え>自分(汗

日時:5/4夜~5/6朝
場所:香川県善通寺市 西原会館
内容:Descentをとにかくプレイしまくる
 詳しいことは香川TRPGガイドの「TRPG BBS」を見てください。kitaまでメールしていただいても結構ですよ。

 ということで前回の続きから~
-------------------------------------------------------------
 今や、モルドログは英雄的旅行に向かってかなり前進します。彼はかっこいい新たな剣とシールドを得て、彼の身につけている古いアックスと交換し、彼が目標に達することができないそれらの時のために備品としてさらに弓を加えました。彼らが都市を通り抜けるごとに、モルドログは彼の戦闘スキルで努めて仕事を行い、ついに彼の近接特性で5つの黒ダイスに達し、その後彼のダイスのいくつかを銀に改良します(彼のパーティの残りは、モルドログが少し弓を練習することを望むだろうということをそっと提案しますが、モルドログはちょっと笑い、ヴァラディア卿は激しく怒ります。)

 彼の友達はポイントを持っているかもしれませんが、特にモルドログは彼が金にはるかに接近しているだろうということを知っているので、彼らの銀のダイスの要求を拒むのは難しい。銀と金のダイスはそれぞれ黒ダイスの正確に2倍、3倍良いです。それらは同じ比率を持ちます-3つのパワー増強の面、2つの波動の面、そして1つの空白の面-が、それぞれの面は2倍強力です。銀の波動の面は2つの波動を持ちます。銀のパワー増強の面は2射程または2ダメージを持ちます。銀の空白の面は……2倍の空白? はい、それらは単に同じですが、2倍のゼロはまだゼロです。彼のWeapon Masteryスキルないし彼の銀のパワーダイスで、モルドログは通常は単一の攻撃で5または6波動を振り、それらを優れたダメージの合計に変換します。

 最後に、キャンペーンは金のレベルに達します。モルドログは別のスキル-Ambidextrousを得ました。2重に振り回すかっこいい剣が彼の新しいお気に入りのゲームです!-そして彼は秘密のマスタートレーニングによって追加の+8負傷値を蓄積しました。(彼はさらにForgeでToughを購入することを望みましたが、ヴァラディア卿が”私が再び猿に変えられた場合”それをさらに必要とすることを主張しました。) 彼はRage BladeとSerpent Bladeを2重に振り回します。一方、Belt of Strengthととても良いDragon Scale Mailを身につけます。
-------------------------------------------------------------
 予備の武器で弓を手に入れた理由が不明ですが、他の武器、防具はかなり良いものを仕入れたモルドログ。これですさまじく強力となったでしょう。
 金、銀のパワーダイスもここで紹介されています。Rage Bladeの1波動:2ダメージを考えれば、波動がたくさん出る金、銀のパワーダイスはすさまじい破壊力であることが想像できます。具体的には、というのが次回のお話。

 何かご意見、誤訳の指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント
No title
わがまま、と言ってしまえばそれまでだけど、RtLに発展させるにつれ、よりTRPGくさくなったということじゃないかな。
実際、私も近接メインの英雄に予備武器として投げナイフを持たせてみたいと思うよ。
[2008/05/03 01:08] URL | Golem #47RsvehA [ 編集 ]

なるほど
 まあ遠距離から狙われて悔しい思いをするのはわからなくもないですが、それで弓を買いますかねぇ? 自分なら盾2枚買いますね。または別のキャラに「お前が射線を通さないからだ!」とか言って八つ当たりするとか(やな野郎だ>自分)
 ま、プレイスタイルの違い、ということで今回は納得しておきましょう。自分は近接キャラはパーティの盾になるものだという考えなので、遠距離から狙われるのも当然と思いますけどね。別のキャラが狙われて死んでしまって達成トークンを減らされるよりも、自分が狙われてある程度削られるだけならそちらの方が良いと思いますが。
 今回の「プレビュー」ってそういうプレーヤーサイドのある種のわがまま(?)が入った、ある意味リアリティのあるものだった、ということになりますなぁ(汗
[2008/05/02 20:40] URL | 会長(kita) #/DTzNEkQ [ 編集 ]

No title
だからパーティの仲間は「弓を練習すること」を勧めたんだと思うが……。
「せっかく、弓を買ったんなら近接ばかりじゃなく射撃の特訓トークンも買えば?」っていうアドバイスに、モルドログは苦笑し、バラディア卿は「バカなこと言うな!」って怒ったってことでしょ。

文章の流れ的にも鎧を手に入れたのは、もっとずっと後みたいだし、その時点では有効と思ったってことで、何もおかしなことはないと思うよ。

・まだ良い鎧を持っていない頃、反撃不可能な距離から狙われた
 ↓
・悔しかったから弓を買った
 ↓
・特訓は近接ばかりした
 ↓
・周りに笑われ、バラディア卿には怒られた
 ↓
・何だかんだあって、最強の鎧も手に入った

結果論としては無駄なことに見えただろうし、バラディア卿はそこにも怒ってるんじゃないかな。
[2008/05/02 19:32] URL | Golem #IKsXTmUE [ 編集 ]

どういう状況でしょう?
 ども、コメントありがとうございます。

>普通に解釈してみたが
でもですね、モルドログって近接の特性3で遠距離特性0じゃないですか。弓(青+黄色ダイス)ごときで遠距離から攻撃してくる敵をどうにかできると思うのが不思議だな、と。パワーポーションでも飲めば別でしょうけど、そういう敵は他の英雄に任せた方が良いと思いますね。

>近接しかできない英雄を遠巻きに射殺す
 OLとしてはやりたいところですが、ドラゴンスケールメイルを着たモルドログ(合計アーマー5)を射殺すのって相当な攻撃力じゃないと厳しい気がします。金とかダイヤモンドレベルの敵なら不可能ではないでしょうけど、その敵に弓では対抗できないでしょう。だからこそ何故弓を? という疑問が生じるんですよねぇ。

そしたら!
[2008/05/02 15:54] URL | 会長(kita) #7minI56A [ 編集 ]

No title
and even added a bow to his arsenal for those times when he can't reach his target.

(攻撃)目標に(攻撃が)届かないときのために、予備の武器として弓を追加した

ってことだと、普通に解釈してみたが……。

近接しかできない英雄を遠巻きに射殺す、OLなら当然に持ち込みたい状況やね。
[2008/05/02 13:03] URL | Golem #VuyuHjtY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック