ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第26回:その1)
 続きましては本番『Descent Day 3rd』です。E.G.G.のあった日の夜は自分は半分死んでいた(E.G.G.のクエストでOLをやってかなりへたばっていた)ので、OLを橋架さんにまかせて、自分は休憩(仮眠)してました。聞くところによると、E.G.G.でクエスト8をプレイしたので、クエスト9『旧友』をプレイし、見事OL勝利に終わったそうです。

#橋架さん、またはその時参加された英雄の皆さん
#プレイレポートお待ちしております。いただければ
#ちゃんと掲載しますので(記事数も増えるし)。

 そして次の日、別のクエストでDescentのプレイ開始ですっ!

香川ディセント友の会 第26回遊会
OL:kita
英雄:スチールホーン(カルマさん)、リサ(フラヴィーニ男爵さん)、ルーンの手を持つアンディラ(Golemさん)
クエスト:JitD#5『最後の望み』(拡張有り)

 男爵さんが「俺、あえて『いらない娘』と言われるこのキャラやってみるわ」という男らしい発言でリサを選択。カルマさんも、やったことないという理由で「スチールホーン」を選択しました。

 まずリサから、「進む」宣言でも活力ポーションを利用することで、ベインスパイダーを落とすとともに一気にコインと銅の宝を取ります。スチールホーンがビーストマンを1体殺し、さらにアンディラもマスタービーストマンに攻撃。1度×を出したものの、「Quick Casting」で1体を殺すことに成功します。残ったビーストマンが多かったので、一気にアンディラに殺到するのですが、辛くもアンディラは生き残ります。当然次のターン、スチールホーンとアンディラでビーストマンをさらに殺し、リサも近くにいたスケルトンに攻撃し殺すことに成功したのですが、田の字の形をしたエリア1では当然背後に隙が生じます。ここでフェロックスを召還して一気にリサを葬ることに成功しました。

 めげないリサは、エリア1中央の魔法陣から出てきて、もう1つの銅の宝を目指します。アンディラとスチールホーンはその間にエリア2へと続く階段に移動。しかし英雄3人ではなかなか射線でエリア1全てをカバーすることは難しく、ビーストマンを召還されて攻撃されたアンディラが再びピンチに陥ります。とはいえ一気に殺される、まではダメージを被っていません。しかも「戦う」宣言&「Quick Casting」で一気に敵を葬り去り、身の回りを安全にします。

 その次にスチールホーンが「構える」宣言をしつつエリア2へ上ります。銀の宝&魔法陣に目を付けた英雄たちは、スチールホーンが壁になっているスケルトンの1体を殺すことでリサが自由に走ることができ、一気にこの2つを手に入れることに成功します。しかし自分も黙ってはいません。エリア2の左右に分かれたマスターレザーウィングでスチールホーンを麻痺させ、さらにスケルトンの残り3体のうち1体でエリア1まで降りていき、油断した(?)アンディラに攻撃! 見事アンディラを殺すことに成功します。
--------------------------------------------------------------
 なんとなく英雄たちとOLとでバランスが取れているようなプレイになっているのではないかなぁ、と思わせる今回のプレイ。この後どうなったかは以下次回以降に~。

 何かご意見、記憶違い等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック