ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Power Surges
OLがダイスを振ってモンスターが攻撃する際、波動が2つ出れば脅威トークンを1つ得られる、というのが基本ルール(ページ10)にあります。ここには攻撃の成功/失敗のことについて触れられていません。

Using Power Surges (Overlord): For every two surges the overlord player rolls during an attack, he gains one threat token. Any unused surges are lost.

パワー波動の使用(オーバーロード):攻撃の間にオーバーロードプレーヤーの振る2波動毎に、彼は1脅威トークンを受け取ります。任意の未使用の波動は失われます。

書かれているのはこの1文のみですので、攻撃に失敗しても波動が2つ出ていれば脅威トークンを得られる、と自分は思います。

ただし、気をつけなければならないのは拡張ルールに記載のFAQの文章です(WODのルールブックの8ページ中央付近)。

Q: Can the overlord receive threat tokens for making an attack even though there are no valid targets (for example, no heroes within the monster’s line of sight)?
A: No. Only attacks that have the potential to succeed can grant the overlord any threat.

さて、前回同様なんとか訳してみましょう。

Q:有効な目標が無い(例えば、モンスターの射線の範囲内に英雄が誰もいない)にもかかわらず、攻撃を行うことでオーバーロードが脅威トークンを得ることができますか?
A:いいえ。成功の見込みのある攻撃のみオーバーロードに任意の脅威を与えることができます。

つまり、有効な目標がいれば、攻撃の成功/失敗にかかわらず脅威を得る可能性がある、と自分は思います。実は第6回の遊会で「攻撃失敗すれば波動を得られない」と聞いていたので、ゲーム終了後に調べてみたのがこれです。今度から自分がOLの時はちゃんと2波動で1脅威トークンを受け取りますのでよろしくです。皆さんはどう思われますか?

なお、前回記載のBash攻撃で「波動2:+5ダメージ&貫通2」とありますが、この説明には波動2を『消費』とは書いていませんので、波動2によって1脅威トークンを更に得てもかまわないと自分は思います。

なにかご意見がありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック