ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Crack Shot
 最近、blogの反応(コメント)も無く掲示板に書き込みもないので少し寂しい思いをしているkitaです(ぺこ まあ今までもコメントの量はたいしたこと無かったし、活動報告に対してコメントも書きようがなかったんでしょうけど……けどね……

 さて、それはともかく今回は久々にルールのお話を。すでに友の会Wikiの方には簡単に書いてますが、スキル「Crack Shot」についてです。以前質問があったのは、「Crack Shotによって隣接する区画から射線を通すとき、1射程稼ぐ(距離を短くする)ことができるのか?」というものでした。

 自分はその時特に何も考えなかったので、その場では「短くする」でいいよ~、と答えたのですが、実際はどう解釈するべきかを考えてみました。まずは「Crack Shot」の説明です。
-------------------------------------------------------------
When making a Ranged or Magic attack, you may trace line of sight from any empty space that is adjacent to you.
遠距離または魔法攻撃を行う場合、あなたはあなたに隣接する任意のなにもない区画から視線を通してもかまいません。
-------------------------------------------------------------

 つまり「Crack Shot」は射線を通す方法の変更なわけです。では射線を通すことと射程をカウントすることとは異なるのでしょうか? その答えは基本ルールブックの9ページ以降に記載されています。

 9ページには攻撃の順番が記載されています。
1.攻撃の決定
2.射線の確認
3.射程のカウントと攻撃ダイスロール
4.波動、パワー増強および疲労の消費
5.攻撃成功の決定
6.ダメージの付加

 射線を通すことと射程のカウントは別になっています。では具体的に射程のカウントに関するルールを読んでいきましょう。(10ページ左上)
-------------------------------------------------------------
Step 3: Count Range and Roll Attack
Next, the attacking player counts the number of spaces from the space occupied by the attacking figure to the targeted space. This is the range of the attack. After determining the range of the attack, the attacking player rolls the dice corresponding to the attacking weapon or monster. The dice the player rolls depend on whether the attacker is a hero or a monster.
ステップ3:射程のカウントと攻撃ダイスロール
 次に、攻撃するプレーヤーは攻撃するフィギュアの占める区画から目標とする区画までの区画の数を数えます。これは攻撃の射程です。攻撃の射程が決定した後、攻撃するプレーヤーは攻撃する武器またはモンスターに対応したダイスを振ります。プレーヤーが振るダイスは攻撃者が英雄かモンスターかどうかで決まります。
-------------------------------------------------------------

 攻撃する場合の射程のカウントには、明確に「攻撃するフィギュアの占める区画から」と書いてあります。これを無視するわけにはいきません。つまり「Crack Shot」によって隣接する区画から射線を通しても、射程は攻撃する英雄フィギュアからカウントする、というのが結論となります。

 じゃあ「Spiritwalker」は? となるのですが、これはスキルカードに射程のカウントに関する記載があります。
-------------------------------------------------------------
When making a Magic attack, you may cause the attack to originate from any space up to 10 spaces away that contains a friendly figure (but not a familiar). All aspects of the attack (such as tracing line of sight and calculating range) are done as though you were in that space.
魔法攻撃を行う時、あなたは(ファミリアを除く)味方のフィギュアを含んでいる10区画まで離れた任意の区画から攻撃を行ってもかまいません。(射線の確認や射程の計算のような)攻撃の全ての様子はその区画にあなたがいるものとして行います。
-------------------------------------------------------------
 射程のカウントに関しては、後半に記載されていますね。つまりこういった記載が無い「Crack Shot」は射程のカウントは基本ルールに従う、ということになります。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック