ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第29回:その7)
 ディセント完全日本語版の発売が遅れる、という話を土曜日の遊会で聞いたので、さきほどアークライト通販のHPを確認したところ、お詫びの記事が掲載されていました。自分が手に入れる訳ではないものの、ちょっと残念ですね。お盆時期になんとか間に合えば、お盆休みに遊んで貰えるんじゃないかな~、なんて思いますので、関係各位には頑張っていただきたいものです。

 では前回の続きから。
--------------------------------------------------------------
 グレイ・カーはマスタービーストマン、ノーマルビーストマンを攻撃し、見事に落とします。イェーズは街から出てきていよいよエリア3のナーガのリドルに挑戦します。結果は……失敗。西側のナーガはここで目覚めます。イェーズはOLのターンの前に援護を構えて終了。そしてOLのターン、脅威コストを貰う前に援護を発動してイェーズはナーガに攻撃しますが、アーマー値が高くダメージが通りません。

 OLのターン、ここでたたみかけるように「Elite Beastman War Party」をプレイ。合計3体のマスタービーストマンを使ってイェーズを再び殺します。さらにグレイ・カーも倒そうとするのですが、あと1歩及びませんでした。

 街から復活したイェーズは復讐とばかりにマスタービーストマンを狙うのですがダイスは×。なんとか1体は倒して終了します。グレイ・カーもマスタービーストマンを2体倒し、疲労移動でナーガの横を通りぬけようとして、ナーガに捕まえられます。ナーガのGrappleをすっかり忘れていたようです。しかたなくナーガに攻撃をしますが、1撃目はDodgeによる振り直しダイスが×。「Rapid Fire」による2撃目もダメージが3点だけ通っただけで、ナーガに捕まったままとなります。

 ここでOLは「Danger」を捨て、もう1枚仕込んでおいた「Dark Servant」をプレイして、傷ついたナーガをマスターナーガに変化させます。このマスターナーガのアーマー値でちょっと議論したのですが、最終的に「アーマー6を持つ以外はノーマルナーガ」が「マスターナーガ」になったのだから「アーマー6を持つマスターナーガ」として扱うことにしました。気をよくした自分は「Black Order」をプレイし、グレイ・カーにビーストマンでとどめを刺した後、イェーズに攻撃するのですが、さすがにアーマー4もあるとなかなか殺すのは大変で、結局生き残ってしまいました。

 しかしイェーズのマスターダークプリーストを狙った攻撃はBlack Curseに阻まれて距離が足りずに失敗。ノーマルダークプリーストだけ落として終了。グレイ・カーは頑張ってマスターナーガを落とします。OLは何もすることが無くカードを引いて終了。そして次のラウンド、イェーズが見事に中央のマスターナーガのリドルに答え、消してしまいます。残ったのはもう1体のナーガだけ。ということでイェーズは銀の宝を取ります。まあ中身は非常に微妙(「Petrify」&「Ring of Freedom」)でしたが、2達成トークンはここにきて大きい。グレイ・カーで残ったナーガを殺したので、次のエリアへの扉が自動的に開きます。
--------------------------------------------------------------
 このエリア3攻略が、振り返ってみれば一番大変だったようで、結局ここでイェーズ、グレイ・カーとも1回ずつ死んでしまっています。しかも次のエリアへの扉が自動的に開いているため、ジャイアント&マンティコア2体が次のOLのターンで攻撃を開始します。はたして英雄2人の運命やいかに! というところで以下次回以降に。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック