ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Mimic
 何日も更新せずにあいかわらずすいません。活動自身はぼちぼち行っているのですが、blogへのUP(テープ起こしとか)が手間でやってませんでした。

 さて今回は、そんな活動の中で議論になって未だに結論が出ない内容について疑問を疑問のままに投げておこうと思います。それは

Mimic

です。
はたしてMimicはモンスターでしょうか? フィギュアでしょうか?

 まずはMimicカードの原文を記載しておきましょう。
--------------------------------------------------------------
Play this card when a hero opens a chest. The chest is alive, and its contents cannot be distributed until it is killed. Move the chest marker to an adjacent space. Treat it as a Beastman and activate it immediately. After its activation, the hero's turn resumes. If the chest is killed, the contents of the chest are immediately distributed.
 英雄が宝箱を開ける時にこのカードをプレイしてください。宝箱は生きていて、その中身はそれが殺されるまで分配することができません。宝箱マーカーを隣接する区画に移動させてください。それをビーストマンのように扱い、それを直ちに活性化させてください。その活性化の後、その英雄のターンは再開します。もし宝箱が殺された場合、宝箱の中身は直ちに分配されます。
--------------------------------------------------------------
 さて、この場合の宝箱(chest)はモンスターでしょうか? フィギュアでしょうか?

 もしモンスターの場合、「Rage」や「Charge」といったカードをプレイすることができます。また英雄がその宝箱に対して攻撃した場合、「Dodge」をプレイしてその攻撃を振り直させることができます。しかし、そうでない場合はこれらのカードはプレイできません。プレイできるカードといえば、「Aim」くらいです。

 もしフィギュアの場合、英雄側から見れば、敵フィギュアとなります。そのため、「Alertness」を使って2疲労することで、宝箱が活性化した瞬間にその宝箱を攻撃することができます。また「Telekinesis」を用いて宝箱を移動させたり、「Divine Retribution」によってその宝箱を殺すことができます。しかしフィギュアではない場合、これらのスキルは宝箱に対して使用できません。

 もし 宝箱がモンスターでもフィギュアでもなく、単純に宝箱のまま、すなわち「Prop(小道具)」だとすると、この宝箱の上で行動を終了することができます。さらに小道具は射線の妨げにはならないため、宝箱の後ろの敵フィギュアを攻撃することもできます。

 では、英雄が活性化した宝箱の上に乗っている状態や、宝箱が英雄の下に潜り込んだ場合、宝箱の上に乗っている英雄は、宝箱を攻撃できるのでしょうか? 攻撃は目標となる区画を指定します。宝箱を攻撃する目的で、自分自身のいる区画を目標とした場合、攻撃が命中した場合は宝箱と共に自分自身にもダメージがいくのでしょうか?

 今のところこれらの疑問に明確な回答は出せていません。しばらく悩んでおこうと思います。是非、皆様のご意見を伺いたく思いますので、よろしければコメントいただけますようお願いいたします。

そしたら!

コメント
中途半端はいけません
 ども、コメントありがとうございます。

 自分の意見としては、「フィギュア」として扱うのなら「モンスター」としても扱わせてほしい、また「モンスター」とは扱えない場合は「フィギュア」としても扱わない、として欲しいですね。

 個人的には「モンスター」でも「フィギュア」でも無い、としたいところ。
[2008/08/03 22:24] URL | 会長(kita) #uXcKt0sY [ 編集 ]

No title
「ビーストマンとして扱う」をどこまで適用するか、ですよね。
本物のビーストマンと考えていいなら、RtLでビーストマンロードの影響を受けるかもしれないし。
キラーチェストは「オーガ」として扱うなら、4区画のコマに巨大化するのか? っていう話。

私は移動力他のデータを参照するだけで、あくまでミミックは「ミミック」という、ビーストマンとは別のモンスターである、と解釈します。
で、「ミミック」のカードがプレイされた瞬間からモンスターコマになったと考えます。

厳密にルールの文言順に処理すると、隣に移すまでは宝箱(チェストマーカー)なんですよ。
それから、ビーストマンとして扱い、即、アクティベートする、となってます。
これだと、アラートネスが起動できないので、最初に書かれている「宝箱は生きている」という文言の時点でモンスターコマとして扱うことにしたいですな。
[2008/07/30 09:24] URL | Golem #OVfGrRZU [ 編集 ]

No title
楽しく拝見させていただいてます。
当方で遊んできる時は、モンスターかつフィギュア扱いで処理しています。
・・・根拠は何も無いのですが^^;
[2008/07/28 21:03] URL | exexe #S2F6AogY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック