ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第34回:その9)
 少しだけ「ToI」のルール翻訳をしました(会社で)。まだ最初ですが、追加の英雄&モンスターはもちろんのこと、新しいカードや新しいダイス、障害物とかもあり、とても楽しみです。

 では前回の続きから~
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
13ラウンド目
ナノック:Bleedで3点ダメージを喰らう。戦う宣言。マスタービーストマン&ノーマルビーストマンに攻撃し、ノーマルビーストマンを倒す。
キルガ:戦う宣言。マスタービーストマンを攻撃し倒す。疲労移動で前進し、マスターフェロックスを倒して終了。
ソーン:戦う宣言。ノーマル&マスタースケルトンを攻撃して倒す。

OL:キルガにスケルトンで攻撃してダメージを与える。

kita「考えたらたぶん、さっきのスケルトンSpawnできんかったやろうね」
瑞兆「うん、コマンドが利くとしたらSpawnできなかったと思うね」
kita「(階段は)Blastも利くし、射線が通るわけだから、実際には(キルガの特殊能力で)Spawnできないと考えた方がよかったね」
瑞兆「まぁいいさね。たいしたこと無かったし」
橋架「いや、死んだやん! ソーンが死んだやん!」
瑞兆「ソーンの命は2ポイント」
kita「今度から(キルガの特殊能力が及ぶ場合は)発生させないということで」
橋架「はーい」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
14ラウンド目
ナノック:構える宣言。1区画Ring of Quicknessで移動してスケルトンを攻撃し倒す。Restを構えて終了。
ソーン:進む宣言。移動してスケルトンを攻撃するも×。さらに移動して階段を上がって終了。
キルガ:構える宣言。スケルトンを攻撃して倒す。

瑞兆「ここでですね、ホントだったらRestを構えたかったんですね。でもスケルトンが届いちゃうんですね」
kita「1、2、3、4、5。(攻撃が)届くねぇ」
瑞兆「でしょう?」
kita「なるほど、ナノックのRestよりも自分がRestを構えたかったんだね」
瑞兆「そうそうそうそう」
橋架「それで困ってるんだ」
瑞兆「ちょっと待てよと」
kita「で、どうすんの?」
瑞兆「どうしようかねぇ?」
kita「囮という手もあるよね。ナノックのRestを残すためにわざと自分がRestを構える」
瑞兆「あ~、なるほど」
橋架「自分は(活力)ポーションあるし」
瑞兆「ま~ね~」
kita「どうする?」
瑞兆「1/2の確率で無いと思うな。多分私のところに(攻撃が)来ると思う……Guardにしようかなぁ?」
kita「どっちにするの? Restでいい?」
橋架「Guardにしたら多分(攻撃は)来ない」
瑞兆「ナノックに(ダメージが)通る可能性は……青緑でしょ?……(ダイスを振る)……通らないね」
kita「×振って言うな!」
瑞兆「1/6の確率で通る」
kita「で、どうすんの?」
瑞兆「わかった。私じゃあRestにしようか」
kita「はいOK」
瑞兆「私のダイス目だと6回振って1回(ダメージが)通るかどうかだから」

キルガ(続き):Restを構えて終了。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 という中途半端なところで以下は次回以降に~。この後はOLのターンです。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック