ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



突撃
 「ディセント完全日本語版」をお持ちの方より情報をいただきました。マスターカード(オーバーロードカード)の「突撃」(Charge)です。日本語版の記述は
---------------------------------------------------------------
あなたがこのターンの最初のモンスターを活性化する前にこのカードをプレイする。今回に限り、各モンスターの移動力が2倍になる。
---------------------------------------------------------------

 友の会の方々にはかなり違和感のある内容ではないでしょうか? 自分も違和感がありまくりです。では英語ではどうでしょう?
---------------------------------------------------------------
Play when you activate a monster. Double the monster's speed for this activation.
---------------------------------------------------------------
モンスターを活性化する時にプレイしてください。この活性化でそのモンスターの速度を2倍にしてください。
---------------------------------------------------------------

 日本語版(日本語訳付き版)では、最初のモンスターの活性化となっていますが、英語版の場合は「最初の」という記述はないため、1体のモンスターにのみ適用されるカードとなります。

 気になったので似たようなカードである「憤怒」(Rage)を調べてみました。

日本語版
---------------------------------------------------------------
あなたがモンスターを活性化するときにプレイする。そのモンスターは、今回に限り、攻撃を2回(「速攻」を持っているならば4回)行ってもよい。
---------------------------------------------------------------

英語版
---------------------------------------------------------------
Play when you activate a monster. The monster may attack twice during this activation (four times if it has Quick Shot).
---------------------------------------------------------------
モンスターを活性化する時にプレイしてください。そのモンスターはこの活性化の間2回攻撃をしてもかまいません(もしモンスターがQuick Shotを持っている場合、4回です)。
---------------------------------------------------------------

 お気づきになると思いますが、英語版の前半の文章はChargeもRageも全く同じです。どうして日本語版で訳が違うのか……

 ということで自分は、「突撃」に関しては日本語版(日本語訳付き版)の誤訳だと考えていますが、プレイする際のマスター(オーバーロード)の裁量にまかせるべきでしょう。なにせ日本語版しか知らない場合もあるでしょうから(自分は当然英語版に従います)。

 なお、日本語版の場合、この「突撃」のプレイ条件は「最初のモンスターの活性化時」であり、「憤怒」のプレイ条件は「モンスターの活性化時」です。イベントカードは1つのプレイ条件につき1枚しかプレイできませんので、「突撃」と「憤怒」は1体目のモンスターには同時に使用できません。しかし1体目の活性化時に「突撃」をプレイしたのであれば、2体目以降に「憤怒」が使用できるので、獣人を召還した時などはかなり有用でしょう。
(11/19修正)
 なお、日本語版の場合、この「突撃」のプレイ条件は「最初のモンスターの活性化前」であり、「憤怒」のプレイ条件は「モンスターの活性化時」です。つまり両者をほぼ同時に使うことができます。しかし、英語版の場合は「Charge」と「Rage」は完全に同一のプレイ条件のため、同時に使用できません。そのためでしょう、拡張(AoD)で「Enraged」という両方を兼ね備えたカードが導入されたと自分は考えています。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント
確かに
 「Rage」と同様「Charge」は、英雄側でいうところの「ハーフアクション」を1つ増加させるというものだから、コスト4なのは話はわかるんですけどね。ただ「Rage」の方が使い勝手がいいかなぁ、と思っただけで。
 それに「ハーフアクション」だけ考えるなら「Aim」や「Dodge」も同じですから、コスト2はどうなの? という話もあります(おそらく「構える」ハーフアクションのためコスト2なのでしょう)。

>あくまでkitaさんクォリティなんで
 いつも失敗してるみたいに言うな~(涙
実際そうだけど(汗
[2008/11/22 05:27] URL | 会長(kita) #4qDxM9WA [ 編集 ]

No title
Charge のコストは決して高くないと思ふ。
届かないはずのところからの急襲は、マジでビビる。
歩数だけ増えても攻撃をしくじったら意味ないんじゃあ! ってのは、あくまでkitaさんクォリティなんで。
[2008/11/20 10:13] URL | Golem #Jm3f5sfw [ 編集 ]

修正しました~(滝汗
 ども、コメントありがとうございます。

■tuyuruさんへ
>英語を読まずすぐ訳シール貼ってプレイしてた
 日本語訳付き版を購入されたのでしたら、それが普通ですよ。自分のように英語版をわざわざ個人輸入して翻訳する方が変なんです。

>chargeが強すぎると不満の声があった
 確かにそういう意見も出るでしょうね。今度英語版でプレイされると、今度はマスター(オーバーロード)側から「弱すぎる」という意見が出そうです(汗 コスト4は高すぎるという気が自分はしてます。

■Golemさんへ
>アークライト日本語訳=完全日本語版
 だからこそ9800円なのかもしれませんね。翻訳を一度アークライトさんがされていたのをそのまま利用したから、コスト削減ができたのかもしれません。で、この価格で完全日本語版が出たからこそいろんな人がDescentをプレイするようになったのですから、自分は評価して良いと思いますけどね。

>日本語表記に従うなら
 修正しておきました。ご指摘感謝です。

>パワーカードを使うタイミングで使用するカードだと誤解している
 自分もそう思います。でもそれなら「あなたのターンの最初に」と日本語で書けば良いのに、と思いました。わざと曲解したとしか思えないですね。
[2008/11/19 21:35] URL | 会長(kita) #UvG3VslI [ 編集 ]

No title
友の会では既に物議をかもしていたはずの内容が蒸し返されてる。
完全日本語版がアークライト訳に準拠しているという噂でしたが、事実だったのねorz。

アークライトの誤訳が是正されていることに最大の期待を置いていたので、アークライト日本誤訳=完全日本誤版 とのことなら、私の中で『完全日本誤版』の存在価値は暴落しました。残念なことです。

さて、kitaさん。
日本誤版の表記に従うなら、
突撃「最初のモンスターを活性化する前に」
憤怒「モンスターを活性化する時に」
「前に」「時に」でタイミングか異なりますから、最初のモンスターから併用可能ですよ。

私は、アークライトが Charge を、パワーカードを使うタイミングで使用するカードだと誤解しているように思えます。
[2008/11/19 09:29] URL | Golem #GBtbUCKQ [ 編集 ]

これは・・・
こんばんは。ちょっとショック受けてます。
英語を読まずすぐ訳シール貼ってプレイしてたので、chargeは全モンスター、rageは1匹だけ(それも最初のプレイの時は勘違いして全部2回攻撃してたw)でプレイしてました。

これじゃ元の英語版じゃ明らかに1体でしかもrageとの併用は無理ですね。chargeの利用
価値がだいぶ減った気がします。
chargeが強すぎると不満の声があったので次は英語版通りプレイすることにします。
[2008/11/19 00:22] URL | tuyuru #S6eKct82 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック