ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Descent新人さんへの接待プレイ(嘘)
 今朝確認したのですが、初めて「トラックバック」というのがありました。最近のコメントは主にアダルトサイトへの誘導ばっかりだったので、トラックバックもそれか? とか思っていたのですが、

 ちゃんとしたDescentのプレイを書いてるサイト

じゃないですかっ!!! しかもこんなに我が「香川ディセント友の会」を誉めていただいて(感涙 おまけに冬コミでのコピー本を購入された方だとか。あぁぁぁぁ、おっちゃんは嬉しくて涙が止まりませんですよぉぉぉ(ちょっと大げさ)。

 今後とも、我が香川ディセント友の会をよろしくお願いいたしますです(ぺこ

 さて、一昨日、Golemさんの友人宅(以前に書いた横浜の方の実家)で、Descentをプレイしてきました。Golemさん以外は新人さんということですが、手を抜くなんてことは一切ありません。なお、クエストはJitD#1(拡張有り)です。

 特に記録に取っていなかったので、あいまいな記憶のままですが、英雄は以下のとおりです。
コービン:Battle Cry、Precision、Rapid Fire
イスファ:Brawny、Ambidextrous、Cautious
強力のトレンロー:Able Warrior、Cleaving、Weapon Mastery(Golemさん)

 正直、コービンは辛いかなぁ、とか思っていたのですが、かなり苦労させられました。しかもイスファのCautiousが痛い痛い(涙 こんなので手を抜くなんてことできるわけがないじゃないですかっ!

 英雄たちは無難にエリア1は突破してしまいます。自分は序盤、なかなかSpawnカードを引けず、追い詰めることができません。罠カードはちょこちょこプレイすることで、死角を増やし、モンスターを発生させたいのですが、カード運がちと悪いようです。

 続いて英雄たちはエリア3に突入。ここでイスファが一気に駆け抜け、銀の宝を取った瞬間、Descentの洗礼を受けて貰おうと久々に「Dark Relic」をプレイ。速度5のイスファには「Boots of Iron」を受け取って貰います。ところがこの時に「Grinding Axe」を得た英雄たちは、これをイスファに持たせ、近接キャラとして活用し始めます。コービンは銅の宝で得た「Archer's Charm」とスキル「Rapid Fire」、コービンの疲労5がうまくかみ合い、次々に敵を撃破します。まあ「Black Order」をプレイしてコービンをなんとか1回倒せたことで相殺というところでしょうか?

 イスファをマスターベインスパイダーで攻撃し、ウェブをかけるのですが、数ターン後にはあっさりと脱出されます。まあ走る宣言できないイスファですので、多少進軍は止まりました。さらにここでなんとか発生させた「Beastmen War Party」でイスファを倒します。本当はもう少し「Dark Relic」の苦しさを味わって欲しかったのですが……

 エリア3からエリア2に突入した英雄たち。ここに来てトレンローがオーガとマスターヘルハウンドをあっさり一撃の下に倒し、本来の姿を発揮します。銀の宝を得た英雄たちですが、ここで自分は全てのOLカードと脅威をつぎ込んで今回2回目となる「Dark Relic」をプレイ(2枚仕込んでいたのです)。うっとおしいコービンの「Rapid Fire」攻撃を封じこめます。しかも「Golden Armor」を着込んでいるコービンですので、アーマー値はこれで5。普通のモンスターの攻撃ではなかなか死なないでしょう。かなり苦しむことになるだろう、とOLとしてはにんまり。プレイされていた方の「手錠をかけられた」という表現はなかなか秀逸で、感心してしまいました。

 そのまま英雄たちは南下し、銅の宝を得ます。ここで「Dwarven Fire Bombs」と「Crystal Shield」を得た英雄たちは、コービンが死んだらこれらを渡して攻撃力&防御力UPを期待します。このままではらちが明かない、と感じた英雄たちはイスファでコービンを殺し、「Dark Relic」から抜け出します。イスファの「Grinding Axe」恐るべし、というところでしょうか? アーマー値5、しかも特殊能力で必ず1少ないダメージを負うコービンを、あっさり一撃の下に倒してしまうとは!

 さて英雄たちは体勢を整え、エリア3からいよいよエリア4に突入、というところで「Elite Beastman War Party」をプレイし、以前にマスターダークプリーストを殺していたトレンローを撃破。

 残り達成トークンがそろそろピンチの英雄たちは、エリア4の金の宝に期待します。しかし無惨にも「金2」で、達成トークンは入らずじまい。おまけに宝箱を開けたイスファに「Curse of the monkey God」をプレイ。見事にイスファは猿に変身し、その後マンティコア2体の集中攻撃を喰らってあえなく倒れます。これで達成トークンが0となり、OL勝利となりました。

 いやぁ、やはり猿神様は偉大です。トドメはやっぱりこれでなくてはいけません。でも言い訳じみてますが書いておきますけど、たまたま引いたOLカードがそうだっただけですからね。本当は「Mimic」をプレイして、ビーストマンで「へっへ~ん」とか言いながら金の宝が逃げ出す、というのをしたかったのですが、できませんでした。今回の「Curse of the monkey God」だって、最後の最後に引いた、というだけなんですからね。

おそらくリベンジは本日のプレイ、ということになるでしょうが、自分は当然返り討ちを狙います。もっとえげつない拡張のOLカードを使ってねっ!

 というところでこの続きは次回以降に? 何かご意見、記憶違い等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック