ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(2009年3月度E.G.G.)
 表題のとおり、昨日はE.G.G.に参加してきました。参加者に比べてあまりに広い会場(当初予定されていた場所とは異なる場所)にちょっと戸惑いましたが、いつものようにDescent卓立候補です。他にもTRPG卓が4つとかなり多かったので、これはDescentは落っこちるだろうと覚悟していたのですが、無事立卓しました。

 参加されたのは4名の初心者さん。これも新鮮です。ダンジョンが狭いわりに結構ぎりぎりの戦いができるだろう、という目論見からクエストは『JitD#3 生と死の問題』を選択しました。

 英雄は適当にチョイスしてもらうことにしましたが、スキルカードはランダムです。
野人ローナン:Bear Tattoo、Shadow Soul、Skilled
ヴァラディア卿:Berserker、Ambidextrous、Quick Casting
ホーソーン卿:Enduring、Parry、Weapon Mastery
魔法戦士イェーズ:Unmovable、Prodigy、Wild Talent

 チェインメイルを装備できるのが3人でしたが、ホーソーン卿はEnduringがあるからと遠慮したようです(レザーアーマーを着ても着なくても同じアーマー値だから)。しかし、数ある英雄の中でヴァラディア卿を選ぶ人がいようとは……blogで印象深いということだったのですが、結構苦しむような気がしますねぇ。

 初心者の皆さんに説明しながらのクエストですので、時間がかかってしまいました。開始エリアはあっさりとモンスターをやっつけたのですが、エリア1で苦しむことに。宝箱を取ろうと英雄たちが前進し、後ろ側の注意を怠った瞬間、岩陰から「Elite Beastman War Party」が炸裂。ヴァラディア卿が倒されてしまいました。さらに宝箱を開けば「Mimic」をプレイされ、「初心者に対して宝も取らせないのか?」と言われてしまいました(汗 まあこの厳しさがDescentというものです(言い訳?)。

 それでも無事宝を取ってビーストマン4体を倒した英雄たちは、一息入れてからエリア2に向かいます。英雄のターンではモンスターは動けない、とばかりにオーガをすり抜けて宝箱を開いたローナンに、私の必殺のカードが炸裂します。

「Curse of the monkey God」

 当然ローナンは猿になりこのターン終了。宝箱をかっさらって一気に街に帰ろうという魂胆は泡と消えます。おまけに最大の攻撃力を誇るホーソーン卿がマスターレイザーウィング2体の攻撃によって4ターンほどStun状態。これでは敵を一気に倒すことができません。しかし猿になったとはいえ、ローナンは「Bear Tattoo」を持っています。マスターレイザーウィングをGrappleし、ホーソーン卿をアシストします。さらにNo2の攻撃力を誇るイェーズがオーガを倒し、ヴァラディア卿がヘルハウンド2体を倒して、なんとかこのピンチを脱出します。まあオーガによって猿になったローナンは倒されてしまったのですが(汗

 このクエストが初見の英雄たちは、エリア2中央の扉からエリア3に入り、私の「金塊とか宝箱は非常に怪しく見えます」というアドバイスを素直に聞き入れ、まずはソーサラーを倒します。その後ローナンが遭遇マーカーの上で行動を終了すると、当然のごとくマスターナーガが活性化。アーマー値の高い特別なマスターナーガですから、当然ここは英雄たちをピンチに陥れるはず、と思いきや、ホーソーン卿の1撃であっさり沈むマスターナーガ(滝汗 イェーズも左側のナーガの仕掛けるリドルには答えられなかったのに1撃で沈めるという想定外の展開。

 しかしこちらも単にそれを座して待っていたわけではありません。脅威コストを貯め、ちゃっかり「Evil Genius」と「DOOM!」をプレイし、さらに後々の展開を考えて脅威コストをさらに貯め込みます。

 英雄たちはOLの溜まっていくコストにビビりながらも3体目のナーガを倒そうと金塊&銀の宝を開きます。ナーガを倒せば自動的にエリア4への扉が開くため、どのタイミングでナーガを倒すかが悩みどころ。そしてエリア4の扉が開かれ、ジャイアントやマンティコアと対峙するところで惜しくも時間切れとなってしまいました。

 こちらの手持ちカードは当然のごとく
「Dance of the Monkey God」、「Beastmen War Party」、「Rage」、「Black Order」などを揃えており、残り達成トークンが10の英雄たちはあと数ターンで全滅するだろう、というところだったのですが、プレイするタイミングを逃したまま時間切れ。猿神様も初心者にはお優しいようです(?)。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック