ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2009年3月10日版公式FAQより(その2)
 前回(最新FAQの翻訳)の続きです。

■Q:Precisionスキル:英雄はこのスキルを用いて2または3区画の瓦礫障害物の全ての区画を無視することができるか?
A:はい。彼らは(大きさに関係なく)1つの障害物または(大きさに関係なく)1つのフィギュアを無視してもかまいません。
--------------------------------------------------------------
 今まで自分がOLをプレイしていた時、このような場面に遭遇したことがなかったのは、単純に英雄側のプレーヤさんがこれに気づいていなかっただけかもしれません。今後ちょっと気をつけようと思います。

■Q:(例えば、援護命令のおかげで)割り込み攻撃がLeap攻撃の間に行われる時、Leapのどの時点でその割り込み攻撃が起こるか?;英雄プレーヤは跳躍中に割り込みポイントを選択することができるか?、または跳躍自身の前または後にそれは起こるか?
A:割り込み攻撃はLeap攻撃を行うモデルが割り込み攻撃の範囲内にいる時に行われます、すなわち、近接攻撃のための隣接またはダイスを振って距離が決定した時に。割り込み攻撃がモデルを完全に殺す場合を除き、Leap攻撃を行うモデルは、影響を受けた英雄たちに対してダメージロールを行うでしょう。もしそのモデルがノックバック能力を持った割り込み攻撃で攻撃された場合、そのモデルは攻撃の地点からノックバックの区画の数だけ動かされます。一旦動かされると、そのモデルは任意の攻撃をすることなくその区画でその移動を終了します。ノックバックが活性化される前にLeap攻撃で通過されたどんなモデルも、まだ攻撃されます。
--------------------------------------------------------------
 英語の翻訳がぼろぼろですが(滝汗 つまり「Leapの前にのみ割り込み攻撃可能」、ということでしょう。ノックバックで飛ばされた場合、そこからLeap攻撃するならしてもかまわない、ということが追加されています。
 例えば、AoDルールブック9ページの図で、横に飛ぶブラッドエイプの場合、援護命令を持っているエリアムが魔法攻撃するのなら、ブラッドエイプがLeap攻撃をする前に割り込み攻撃できますが、ターリアがReach武器を持っていてもブラッドエイプに割り込み攻撃できない、ということになります。
 言われてみれば確かにその通り、という内容ですね。

■Q:Leap攻撃を行うことなく跳躍することが可能か? AoDルールは攻撃ロールを行うことは跳躍では義務的ではない、と述べます;もしフィギュアが攻撃ダイスを振らない場合、攻撃無しとカウントされますか? フィギュアはその後通常攻撃すると言えますか?
A:フィギュアは攻撃することなく跳躍移動を実行してもかまいません。移動の終了時に、フィギュアは普通に目標にすることができる任意のモデルに対して1回の通常の攻撃を行ってもかまいません。

■Q:もしブラッドエイプがLeap攻撃を行うことなく跳躍を行った行う場合、彼の残っている移動ポイントはまだ使われるか?(訳を修正しました:3/21)
A:はい。
--------------------------------------------------------------
 以前にこのblog内で考えた内容と近い結果になっていますね。正直、Leapの説明の内容と矛盾するように思ってますけど(汗

Leap:AoDルールブック9ページ左側より
A figure is limited to one Leapattack per turn, and the figure cannot move any further after making the attack.
フィギュアは1ターンにつき1回の跳躍攻撃に制限され、フィギュアは攻撃を行った後それ以上移動することができません。

 まあルール改正が行われた、ということにしておこうかな、と。

 3番目の質問は、「Leap攻撃じゃなくてLeap移動する時に、彼の残っている移動ポイントを使ってLeap移動できるか?」という意味のようです(3/21、Golemさんより指摘有り)。

 跳躍を行った後に通常移動や攻撃ができる、と考えればLeapの使い道はさらに増えるかもしれません。

 何かご意見、誤訳の指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック