ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Drinking potions during an attack
公式HPのフォーラム(BBS)に、表題のような質問がありました。
--------------------------------------------------------------
Interesting rules-lawyer question from the German forum:

Can someone point out a rules passage which prohibits drinking a potion mid-attack to restore fatigue for adding/upgrading dice with fatigue?

The rules say "anytime during the turn a fatigue can be converted to 1 MP" and the rules are silent under what circumstances a potion may be drunk (just spend 1 MP).
--------------------------------------------------------------
ドイツのフォーラムからの面白いルール弁護士質問

誰か、疲労でダイスを追加/改良するための疲労を回復するために、攻撃中にポーションを飲むことを禁止するルールを指摘できますか?

ルールは、「ターンの間にいつでも、疲労は1移動ポイントに返還できます」とあり、ルールはどんな状況で(ちょうど1移動ポイントで)ポーションを飲んでもかまわないか、ということには無言です。
--------------------------------------------------------------
 ちょっと訳があいまい(弁護士っていったい……)ですが、だいたい言いたいことはわかります。『疲労を消費してパワーダイスを追加しようと思ったら、疲労が1しか無かったので攻撃の途中で活力ポーションを飲んで疲労を回復して、その後パワーダイスを疲労で追加する』ということを禁止するルールがあるか? ということですね。

 確かにどこにもそれを禁止するルールは書いてません。しかし書いてないからってできるとは限らないと思うんですけどねぇ……

 攻撃は以下の通りに進みます(基本ルールブックP9~10)
1.Declare Attack(どの区画に攻撃するかを決定する)
2.Confirm Line of Sight(その区画に射線が通っているかどうかを確認する)
3.Count Range and roll Attack(その区画と英雄との距離を数え、ダイスを振る)
4.Spend Power Surge, Power Enhancements, and Fatigue(波動、パワー増強および疲労を消費してダメージまたは距離を伸ばす)
5.Determine Attack Success(攻撃の成否の判定)
6.Inflict Wounds(ダメージの計算)

 実は9ページと10ページでは、4と5が入れ替わっていたりしますが(汗 まあこれはどちらでも良いでしょう。しかしこの4「疲労の消費」の時にポーションが飲めるかどうかに関しては、確かに明確に禁止するような文章(ルール)はありません。


 でも普通できないって考えるでしょ?(したいという気持ちはわからなくもないですが)


 英雄のターンの行動は、おおざっぱに言って3種類あります。
・攻撃
・移動ポイントを消費して何か行う(移動するとか扉を開くとか)
・命令を乗せる
 通常、1つの行動の途中で他の行動を行うことは無理だと思うんですけどねぇ……攻撃シーケンスの途中で移動ポイントを消費することはできない、と自分は思います。確かにどこにもルールにはそういうことは書いてませんけど。

 例えばですね、『進む宣言している最中、英雄が遠距離攻撃してダイスを振ったら距離が足りなかった&疲労が無かった&活力ポーションが無かった、と。しかたないので英雄は攻撃シーケンスの途中で1移動ポイントを消費して1区画移動して距離を稼いだ』なんてことができるわけないと思うんですよ。
 疲労の消費によってポーションを飲む、というのも移動ポイントの消費による行動ですから、攻撃シーケンスの途中ではできないと考えます。

 なお、疲労を消費して移動ポイントを得ること『だけ』なら攻撃シーケンスの途中でもできると自分は考えています。

 これでルールブックのどこかに禁止条項とかが書いてあったらどうしよう(汗

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント
No title
 ども、コメントありがとうございます。

>辞書と睨めっこしてればそのうち翻訳できます。
 その「そのうち」ってのがすさまじく時間がかかるんですよねぇ(涙 ルール訳ならともかく、クエストガイドの訳はかなり時間を必要とします。

>どれが一番適切なんでしょうかねぇ。
 この中だったら個人的には『1』を推したいところですね。『2』、『3』は攻撃前の割り込みに関しての話ですが、攻撃シーケンス途中での移動ポイントの消費は「割り込み」ではない、と自分は考えます。

 まあいずれにせよ、自分と同様皆さんも「攻撃シーケンス中に攻撃者が移動ポイントを消費することはできない」というご意見のようでちょっと安心しました。

そしたら!
[2009/06/23 22:55] URL | 会長(kita) #RSPXqV7k [ 編集 ]

No title
まあ、英語なんて日常喋る言語じゃないんですから、必要な時に調べればいいんですよ。
海外行くーとか仕事上英語で会話しなきゃダメーとかじゃない限りは辞書と睨めっこしてればそのうち翻訳できます。

とりあえず、3つ程ポーションが飲めない根拠をこじつけ上等で書いてみましたが、どれが一番適切なんでしょうかねぇ。

1:基本ルルブのP10"ステップ5"では、『攻撃者が失敗の目を振っていない場合、以下に記述される手段を使って、射程やダメージを修正する事が可能です。』と書かれている。
つまり、以下に記載されていない事(=ポーションを飲む)を行なうのは不可能である。

2:、FAQのP7"跳躍攻撃と援護やAlertness等のスキルによる割り込み"についての回答に『跳躍攻撃に際しAlertness等なら割り込みできる。』とある。
つまり、「必要な条件を満たすことが出来れば割り込み可能」ということ。
しかし、移動力については割り込む為の条件がルール上記載されていない。
よって、記載されていない条件は満たす事ができない為、割り込みは不可能。ポーションは飲めない。

3:FAQのP5"闇の誘惑と援護の関係"についての回答に『全てのアクションは一度それが始まったなら完全に解決される』とある。
つまり、攻撃というアクションが一度始まってしまったら、それが全て解決されるまで割り込むことは不可能ということになる為、ポーションは飲めない。
[2009/06/23 18:49] URL | visions #FQqPHpeo [ 編集 ]

そうですかねぇ~
しゃべるのと訳ができるのは違うと思いますし。

>ディセントがまともに国内で販売されてないときに
>輸入して購入されたのはどちらさまでしたっけ?
 ボードゲームとTRPGは違うと思うんですけど、と冗談に真面目にレスしてみる(汗

あともう1点真面目に回答すると、あの当時Descentの日本語訳付版がアークライトさんから発売されていましたよ。

>無論、戦闘中に使える呪文だけですが。
 そういう制限があるんですよね。Descentの場合は何もかかれていないですからねぇ。

そしたら!
[2009/06/21 09:04] URL | 会長(kita) #vyBa14ms [ 編集 ]

大丈夫、私も英語弱いから。
海外出張したときに、ほとんどしゃべれませんでしたから>英語

>ドイツでSW2.0売ってますか?

これは異な事を申される^^;
ディセントがまともに国内で販売されてないときに
輸入して購入されたのはどちらさまでしたっけ?
と言うのも冗談ですが。

あとSW2.0の魔法ですが、攻撃系、補助系、回復系どれでも使えます。
無論、戦闘中に使える呪文だけですが。
[2009/06/18 22:58] URL | 神無月 #7HwQigRk [ 編集 ]

追記
ファン作成FAQというのがあって、当然英語なんですが、この中に今回の問題の解答のヒントになりそうなFAQがありました。
[2009/06/18 22:30] URL | 会長(kita) #wVSGIFM. [ 編集 ]

まあそういじめなさんな(涙
こちとら英語弱いんですから(滝汗

>SW2.0では戦闘特技で魔法と物理攻撃を一緒にできるので
 ドイツでSW2.0売ってますか? って、まあそれは冗談として

SW2.0をよく知らないのですが、魔法と物理攻撃ってどっちも相手を攻撃するためのものでは? ひょっとして魔法は回復系ですか?

まあともかく、ルールに記載されていないことは基本的にOLの裁量にまかせることになると思います。で、自分がOLの時は攻撃シーケンス中の移動ポイントの消費はNGとさせていただきます。

そしたら!
[2009/06/18 22:16] URL | 会長(kita) #u1zWBJ7Q [ 編集 ]

まだまだ行くよ~
時間があるのでまた意訳すると、

>Interesting rules-lawyer question from the German forum:

ドイツのフォーラムから興味深いルール製作者への質問

もしくは、

ドイツのフォーラムからルール製作者への興味深い質問

質問の内容から、Interestingは、「面白い」と訳すより「興味深い」と訳す方が内容に沿っているかと。

lawyerは普通に辞書を引くと、「弁護士」「法律家」と出てきますが、大雑把に何をする人なのかを考えて、「法のもとに人を守る人」「法を作る人」ってことから類推します。
頭に「rules」とついてるので、そのまま訳すると「ルールのルール(法)製作者」と二重にルールとつくことになりおかしくなるので、単純化してルール製作者と言うことで良いと思います。

ちなみに、ディセントでは、
>通常、1つの行動の途中で他の行動を行うことは無理だと思うんですけどねぇ
かもしれませんが、SW2.0では戦闘特技で魔法と物理攻撃を一緒にできるので、ルールに明記されていないのであれば、疑問に思って質問が出てきてもおかしくありません。

別のゲームで出来ることなら、ディセントでもって思って質問したのかもしれませんね。
[2009/06/18 12:05] URL | 神無月 #ZIsUC7CI [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック