ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Frozen in Time
 公式HPに、新しいRtL用計画カードの記事が載っていました。英文をざっと機械翻訳にかけてみましたが、あまりよくわかっていません。当然記事にあったpdfファイルはダウンロードして見てみましたけど。

 どうやら、オーバーロードのための新しい計画カードのようですね。しかも無料(XPコスト無し)で加えることが可能のようです。副官の移動量が少し増える通路を作ることができるカードですが、英雄たちにも多少有利になる点があるようです。

 しかしこういうのを見ても、具体的にどのようにOL側、英雄側に有利になるのかがさっぱり見えません。RtLをプレイした、という日本語サイトをまだ見つけられていないので、雰囲気も掴めない、というのが実情だったり。実際には日本国内でもプレイしている人々が1組ぐらいいそうな気がするのですが、きっとそういう人たちはネットに繋がっていないか、ネットにUPしようという気が無いのでしょう。寂しい(涙

 なら自分でやれ、という話もあるのですが、今のところ我が『香川ディセント友の会』の会員さんたちには私が「Tomb of Ice」の偉業カードを用いたプレイを押しつけプレゼンしていますので、RtLまでは手が回らないかもしれません。こうなったらソロプレイでレビューか?(汗

 なお昨日&先々週に、ToIのルールを用いてWoDに載っている高難易度クエストをプレイしてみました。英雄のスキルを眺めると「これ、WoDでは勝てんやろ」みたいな感じだったのですが、いずれのクエスト(#5&#4)もかなり良い勝負をしたと思っています。特に先々週は、偉業カードの使用法に関する解釈を自分が間違って説明したため、英雄側にさらに不利になったにもかかわらず、です。結果に関してはまた時間のあるときに録音したファイルをテキスト起こしして、blogまたはコピー本に載せたいな、と思っています。

#現在ToIのクエストをまだ日本語に訳せていないので、
#ToIのクエストをプレイできないのです(涙
#ToIのルールは訳しているのですが……

 コピー本を購入された方で、WoDやAoDを勢いで購入してしまい、「英雄勝てねぇ~」と嘆いている方がいらっしゃいましたら、是非ToIを導入してみてください。きっと新しい道が開けると思います。

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック