ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第45回:その3)
 ルール談義を1回挟み、しかも多少時間があいてしまいましたが、活動報告の続きをしましょう。いよいよエリア4に突入するグレイ・カーの運命やいかに? というところからスタートです。
--------------------------------------------------------------
 赤いルーン扉を開いたグレイ・カーは、むやみにモンスターと戦うことはせずにアイテム回収に走ります。街にいるナノックを一気にエリア4に呼んだ方が良いという判断からです。ついでにグレイ・カーは銅の宝も取るのですが、OLは銅3で得た呪い2によって、仕込んでおいた「Curse of the Monkey God」をプレイします。しかしこれは偉業カード「Disarm」でキャンセル。その代わりさらに「Mimic」をプレイされてグレイ・カーは攻撃を受け、宝は取れずじまい。

 ナノックはグレイ・カーのピンチに颯爽と(?)現れ、メデューサ&マスタービーストマン&マスターベインスパイダーを倒します。さすがはknightの力。ナノックの疲労の多さ(4疲労)も効いてますね。さすが最強クラスの英雄といったところでしょうか? なおサーラはエリア4に入るための赤いルーン扉を閉じます。これでエリア4の中にいるモンスターたちを無効化しようというのが狙い。

 赤いルーン扉の東側が死角になっていたので、そこにソーサラーを召還し、グレイ・カーに攻撃をします。残っているマスターシェイド、ミミックと合わせて攻撃することにより倒すことができればよかったのですが、ほとんどダメージを与えるようなダイス目が出てくれません(涙 結局英雄たちは次のターンでミミックを倒して魔法陣から街に戻り、モンスター3体は取り残されることになりました。

 街で英雄3人が集合し、武器を交換しつつ体力回復を図ります。当然こちらは脅威&OLカードを温存してエリア5の最終決戦に望みます。そのためエリア3から英雄たちが出てきても、モンスターを発生させません(倒すべき英雄がダンジョンにいませんから)。

 態勢を整えたナノックがエリア5の青いルーン扉を「Knight」を発動した後で開くのですが、それを待ちかまえていたOL側としては、当然のごとく「Paralyzing Gas」をプレイ。キャンセルされることもなくナノックは麻痺してこのターンを終了します。グレイ・カーは当然飛びこむのですが、ちょっと遠い北側にいたために、今回は銀の宝箱を取るだけで終わってしまいます。しかもその時に2枚目の「Curse of the Monkey God」が発動。今度は英雄側には「Disarm」もなかったため、猿に変身してしまいます。ようやく強い武器(Staff of Punishment)を得たサーラは、マンティコア&ベインスパイダーを倒しますが、残り達成トークンを考えると、英雄全員が1回ずつ倒されたら英雄側の敗北が決定する、という非常にピンチな状況。

 こちらはElite Beastman War Partyをプレイしてマスタービーストマン2体&ビーストマン2体を召還。Command×2を活かしてビーストマンで猿(グレイ・カー)を攻撃して倒し、さらにマンティコアでサーラを攻撃、倒すことに成功します。これで残り達成トークンが3。銀の宝でナノックが強い武器(Serpent Blade)を得たとはいえ、英雄側大ピンチです。

 次のラウンド、サーラ&グレイ・カーはエリア3から2に移動してナノックの側に移動します。その隙をOLたる自分が見逃すはずはありません。「Dark Charm」でナノックを乗っ取ることを目論みますが、英雄側も抵抗します。サーラの偉業カード「Preventing Evil」がプレイされますが、パワーダイスを1個振ったGolemさんの出目は波動! 「Dark Charm」はキャンセルされません。しかもナノックは空白を出せずにOLに乗っ取られます。当然OLはナノックに隣接するグレイ・カーの攻撃を命じ、このタイミングで念には念を入れて「Aim」をプレイます。

 諦めムードの漂う英雄側。しかし、ここで神風が吹きます。Σさんの振った赤のダイス目は見事に×。悔しい思いをしつつもAimの振り直しを要求する自分をあざ笑うかのごとく、もう一度振らせた赤いダイスの目はまたも×。ガッツポーズするGolemさん! OLカードも残り少なく、脅威トークンも数枚。英雄側に一気に流れが傾きます。
--------------------------------------------------------------
 というところで今回はここまで。
 何かご意見、記憶違い等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック