ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第45回:その4)
 本日はE.G.G.さんで『D&D Game Day2009』ということだそうですが、何故か案内のボードゲームの欄に『Descent:Journeys in the Dark』と書かれています。他のボードゲームは短時間で終わるので良いんですが、これだけはねぇ……ま、毎回コピペしてるから残ってるだけなんでしょうけどね。あ、自分は所用のため申し訳ありませんが不参加です。

 では本題。第45回の活動報告も今回で最後です~
--------------------------------------------------------------
 OLの放った渾身の「Dark Charm」を奇跡でかわした英雄側。前(北側)に出てきたメデューサ2体やマスタービーストマン1体を倒し、ベインスパイダーのいた区画に集合します。なお、マスターベインスパイダーは最南端にある魔法陣の上に陣取っています。グレイ・カーに対しては意味が無いのですが、少しでも英雄側に簡単に達成トークンを与えないように、というOLにとっての常套手段の1つでしょう。

 そうやって集合した英雄たちですが、ここでOLのターン。脅威トークンは少なかったのですが、カードの引きが良かったこともあって、一気に片を付けることに決めます。なにせ残り達成トークンが3。グレイ・カーさえ倒せばOL勝利が確定するからです。

 まずは2枚目のElite Beastman War Partyでマスタービーストマン2体を召還します。攻撃するために出すのではありません。Commandのためです。次に残っていたマスタービーストマンと合わせて3体のマスタービーストマンを北上させ、英雄たちに近づけます。最後に、ラスボス「Old Clone(日本語に訳すとしたら老婆、でしょうか?)」を活性化するときに仕込んでおいた「Enraged」をプレイします。これでマスターメデューサである「Old Clone」は特殊能力「Quick Shot」を持っているため、4回攻撃を得ます。狙うは当然グレイ・カー。アーマー値が3あろうとも、マスタービーストマン3体のCommandによる+3ダメージがあるのですから、アーマー値0と同じ。白緑黄黒の4ダイスで4回攻撃なら12負傷値のグレイ・カーも沈まないことは無いでしょう。ということで3回目の攻撃あたりでグレイ・カーは倒され、見事OLの勝利となりました。
--------------------------------------------------------------
 終了時刻は午前3時半。およそ6時間近くもプレイしていたことになります。以前プレイしたときは半分くらいだったような(汗 どうもGolemさんもΣさんも結構考え込むプレイスタイルのようです。ここは一発直感でプレイする訓練をしても良いかもしれませんね。将棋の世界では10秒将棋というものがあり、1手10秒以内に指すことで直感力を鍛え、強くなろうとする人(主にプロ)がいます。Descentも似たようなことをしても良いかもしれませんね(kitaの個人的な考えですが)。

 あと、Σさんの感想が面白かったです。彼がオーバーロードをプレイしたがったのは、英雄側に対して隠蔽できる情報がある、というのが一番の理由だったようです。今回のToIで、偉業カードが出てきましたから、英雄側をプレイすることによる不満(OLに対して隠蔽できる情報が無かった)も解消されて、楽しいプレイになったようです。

 敗因をあえて挙げるとしたら2つでしょうか? 1つはナノックの初期装備。Ring of Protectionは確かにナノックに装備させたいアイテムの1つなのですが、250コインが大きすぎます。プレイ途中でΣさんが判断したように、英雄側は迅速なプレイ(考え込むということじゃなくて、何ラウンドも消費しないということ)が必要になります。そのためには十分な量の活力ポーションが必要になります。特にグレイ・カーは活力ポーションを使った疲労移動をすることでその真価が発揮される、と思っています(実は昔自分が同じようなことをしてしまったことがあります)。

 あともう1つは、前半サーラが攻撃することが少なかったことでしょうか? 実質2人で3英雄を動かすということから、サーラが多少おざなりになったように感じました。射線確保、とかそういった役目が多かったのでそうkitaが思っただけかもしれませんけどね。

 とにかく、短いクエストには珍しく(?)OL勝利となりました。ちょっと自分が今後時間が昼間にとれるかどうかが微妙になってくるのですが、うまく時間がとれたとき、リベンジお待ちしております。

 何かご意見、記憶違い等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!


コメント
あらら~
 ども、コメントありがとうございます。

>偽人さんから送られてきた正式版には記載があった

 なんででしょうね? D&Dチックと思ったのでしょうか? 単にボードゲームはいつもどおり、としただけだと思うんですけどね。

>Kitaさんも参加されるのだと思っていました。
 失礼しました。農作業とかいろいろ用事があったもので、参加できなくなっちゃいました。今後しばらく、祭りやら農作業やらで昼間のイベントへの参加はちと厳しそうです(涙
[2009/10/04 22:51] URL | 会長(kita) #UyjW9DLo [ 編集 ]

No title
プレイゲームを最初に私が書いたときは外してたんですけどねー(苦笑)
何故か、EGG代表の偽人さんから送られてきた正式版には記載があったという、不思議。
てっきり、D&Dチックということで、Kitaさんも参加されるのだと思っていました。
[2009/10/04 22:27] URL | 瑞兆(ずいちょう) #Z3wCJRTA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック