ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



place an order and make an attack
 先週末(2/27)、珍しく3週連続となる遊会を開催いたしました。実は次の遊会が第50回となります。まあ遊ぶ内容には関係ないのですが、皆様の参加をお待ちしております。

 さて、その遊会も非常に楽しかったのですが、やはり自分の「英雄側のプレイのまずさ」というか『油断の多さ』を感じたプレイでした。そう、珍しく英雄側をプレイしたんですね~。ToIのクエストを英雄側で(しかも初見)プレイするのは初めてでした。お相手は橋架さん&カルマさん(OL)。詳しくはそのうちテキスト起こししますが、カルマさんのblogにもレポートが載ると思います(頼みますね>カルマさん)。

 そういえば、以前掲示板の方に書き込みをいただいた「goldkight」さんのblog「理想の名において」で、2回もプレイレポートがUPされています。どちらもJitD#1のプレイです。どんどん経験を積んでOLが勝てるように頑張ってください。まあ#1やってる以上OL勝利は難しいかもしれませんけど……OLカードのカスタマイズにいろいろ工夫が必要でしょうし、慣れた英雄に対してなら「闇の魔法陣」の使用を考えても良いと思いますね。今後に期待です。

 さて話を戻して、この遊会の時に話題になったルールについて記載しておきます。今回は「命令を置く」ことに関するルールです。

Q:英雄が「構える宣言」をして移動を選択し、扉を開いたときオーバーロードが罠カードをプレイしました。このとき英雄はその罠カードのプレイに割り込んで命令を置くことができますか?

kitaのその時の回答:できる。

 これを遊会の時に話したら「じゃあ進む宣言で扉を開いた時、罠カードのプレイに割り込んで攻撃できるのか?」ということを言われました。

 確かに「進む宣言」の説明には(P8右側)
--------------------------------------------------------------
An advancing hero may make his attack before, after, or at any point during his movement.
 「進む」英雄は、彼の移動の間の前、後、または任意の点で彼の攻撃を行ってもかまいません。
--------------------------------------------------------------
 とありますし、「命令」の説明の中には(P14右側)
--------------------------------------------------------------
The ready action allows a hero to place an order and either move his speed or make an attack. The hero can place the order at any time during his turn.
 構える行動は英雄に命令を置くことおよび、彼の速度までの移動または攻撃のいずれか、を可能にします。英雄は彼のターンの間のいつでも命令を置くことができます。
--------------------------------------------------------------
 とあります。両者は同じような意味でしょう。

また、AoD拡張のルールブック(P5右側)に説明されている「構える行動(改訂)」の中で、移動の半行動について次の説明があります。
--------------------------------------------------------------
Move: The hero may move up to a number of spaces equal to his speed. The hero may interrupt his movement with his other half action and then continue moving as desired.
移動:英雄は彼の速度と等しい区画の数まで移動してもかまいません。英雄は彼の移動に彼のほかの半行動で割り込んで、その後要望通り移動を続けてもかまいません。
--------------------------------------------------------------
 となると、「罠カードのプレイに割り込んで攻撃」も可能とすべきなのでしょうか?

 何かご意見、kitaのルールの見落としや誤訳の指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント
えっとぉ……(汗
 ども、コメントありがとうございます。

>地下迷宮の歩き方って入手可能なのでしょか?
 半分以上冗談なんですけどね(滝汗 ちょっとしたコラムを書いたようなコピー本なんで、全然たいしたものじゃないですよ、と予防線を張っておいて、と。
 一応ゲームマーケットとか夏コミとかに(受かっていれば)参加予定ですのでそこで「香川ディセント友の会」を探していただければ何とかなると思いますが、地方の方だと難しいですかね?
 メールでもいただければ対応を考えますので、よければご連絡ください。

そしたら!
[2010/03/07 23:08] URL | 会長(kita) #esrM/blQ [ 編集 ]

罠カード
> exexe様
嫌がらせを考えるのですが、英雄のターンに割り込むの忘れてしまう感じです。

> kita様
罠カードの有用性は前回遊んだ時に再認識しました。精進します。
地下迷宮の歩き方って入手可能なのでしょか?
[2010/03/07 09:09] URL | goldkight #PjbV6LnE [ 編集 ]

慣れもあるかな?
 ども、コメントありがとうございます。

■goldkightさん
>罠カードを使うタイミングを忘れてしまいがち
 自分もOL側をプレイして最初のうちは、罠カードをプレイせずモンスターだけで英雄を倒そうとしていた時期がありました(遠い目)
 でも罠カードは有用です。うまく使えるようにプレイ経験を積んでください。こういうのは慣れですよ、慣れ。もう少し詳しいOLの話はコピー本(地下迷宮の歩き方)に書いたのでよろしく~(って宣伝かい!>自分

■exexeさん
>いろいろ英雄側に有利な条件はありました
 英雄が強力すぎたらしょうがないですねぇ……
 基本的にクエスト7は、エリア3の攻防がポイントだと思っています。簡単に銅の宝2個目を取らせるわけにはいきません。さらに魔法陣を簡単に活性化させるわけにはいきません。ジャイアントは魔法陣の上に、オーガは宝箱の上に、ナーガはルーン鍵の上に移動し、エリア1側からモンスターを発生させて邪魔するのがOLの基本戦術になると思います。エリア2や6が明らかになっているのなら、さらにモンスターは発生させやすいでしょうから、英雄を追い込みやすいはず。

>「このクエストはもうやりたくない」って言ってました
 友の会の皆さんも同様の意見ですね。さすがにキツイというのがわかっているのでしょう。個人的にはToIの偉業カードが入った時点で、もう一回プレイしてみたいんですけどね(OL側でも英雄側でも)。

>次からは(やっと)拡張導入
 おめでとうございます。拡張入れると楽しいですよ~。WoDとかAoDは英雄側にとって難しいのでご注意を。

そしたら!
[2010/03/05 23:20] URL | 会長(kita) #msGc1A7g [ 編集 ]

拡張なしで英雄4人でした
英雄の選択は自由、スキルカードの選択にオリジナルルールを適用するとか、いろいろ英雄側に有利な条件はありましたが、それでも初回で敗北とは・・・。

ただ、PL側は口をそろえて「このクエストはもうやりたくない」って言ってましたので、難しいのは間違いないです。

まあ、これでJitDのクエストは一通り消化したので、次からは(やっと)拡張導入っすよ!

>罠カードを使うタイミングを忘れてしまいがちなので
OLはどこまで非情になれるか!、がポイントなので、「こうされると嫌がるだろうな~」って事を常に考えて行動するのを心がけるようにしてます(でも、負けてますけどね・・・)

[2010/03/04 20:39] URL | exexe #txXJXWwU [ 編集 ]

どうも
ディセントに関しては丘サーファーみたいな状態なので頑張って行きたいと思います。

罠カードを使うタイミングを忘れてしまいがちなので今後の検討課題です。
[2010/03/04 13:20] URL | goldkight #7xfRJLWA [ 編集 ]

ええー!!
 ども、コメントありがとうございます。

>JitD:クエスト7、初回でOL敗北
 拡張ありですか? 無しですか? クエスト7って英雄にとってはかなりヘビーなクエストだと思ったのですが……よっぽど英雄側の運が良かったということですかねぇ? それともヘビーなクエストと思っているのはkitaだけなのでしょうか?

>罠カードのプレイに割り込めるとは書いてない
 それはそうですね。

>仮にできるとすると、Trapカードのありがたみが半減します
 そうなんですよ。今まで「攻撃はできない」と思っていましたから、できるとなるとかなり辛いことにはなります。
 ただ今までは「命令を置くことは可」としてきたので、今後はこれも不可にしないといけないかなぁ、と。

 「命令を置くことはできる」と考えたのは援護命令に関するFAQがあったからかもしれませんね(援護命令はDark Charmに割り込んで攻撃できるので)。
[2010/03/03 22:38] URL | 会長(kita) #AvmkZjtU [ 編集 ]

JitD:クエスト7、初回でOL敗北・・・orz
>「罠カードのプレイに割り込んで攻撃」も可能とすべきなのでしょうか?

引用している文書を見る限りは、罠カードのプレイに割り込めるとは書いてない(自分自身の移動に割り込めるとは書いてある)ので、できないんじゃないでしょうか。
なので罠の割り込みで、命令トークンも置けないと思います(あくまで個人的見解です)。


仮にできるとすると、Trapカードのありがたみが半減しますし。

(例1)(斜線をふさぐ為に)Crushing Block!⇒んじゃ、割り込んで先に攻撃 ⇒ Oops!

(例2)(動きを止める為に)パラライジングガス!⇒んじゃ、割り込んで先に攻撃 ⇒ Ouch!

ではでは~
[2010/03/03 12:16] URL | exexe #y00lvmGo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック