ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新FAQがUPされました(その5
 以前、公式HPの記事にFAQが更新されたが、それより前にUPされていたFAQと日付が違っていた、ということを書きました。で、最近再び公式HPのサポートページを覗いてみると……

また日付が更新されてるじゃないか~!!

 今度は3/18付けになっています。何が違っているのかというと、前々回にUPした記事で紹介したKnockbackに関する部分が修正されています。その修正部分から今回はご紹介しましょう。

Q:Knockbackはダメージを与えた後に発動しますか? それとも実際に傷を負わせた後ですか?
A:Knockbackは傷を負わせた後に発動しなければなりません。

Q:もしDivine Retributionスキルを備えた英雄がKnockback能力を備えた攻撃によって殺された場合、Divine RetributionはKnockbackによる移動の前と後のどちらで効力を生じますか?
A:Divine Retributionはフィギュアが移動する前に効力を生じます。


 これでようやくFAQに矛盾が無くなった、という感じでしょうか。自分と同様に「矛盾してるやないか~い!」というツッコミをした人が多く、公式HPのメッセージボードに批判が殺到したのではないかと想像しますね。それはともかく、Knockbackによって吹き飛ばされるのは、攻撃されて生き残った場合のみ、ということが確定しました。

 ところで、穴の中にいる英雄にKnockbackを備えたモンスターが攻撃して、同じ穴の中に落とす、ということは可能なんですかね? 見た目は英雄は移動していないのですが、一端持ち上げて再度落とした、という風にKnockbackを使用した、という主張ができるのでしょうか? 個人的には「できる」としたいのですが……

[オーバーロードカード]

Q:もし新しく明らかにされたエリアにモンスターがいない場合、Hordes of the Thingsのパワーは効力を生じますか?
A:いいえ。

Q:オーバーロードはHordes of the Thingsによって許可された2番目のモンスターを最初のモンスターにのみ隣接するように、最初のモンスターをエリアが明らかにされた時のモンスターに隣接して、順番に置くことができますか? オーバーロードは、新しく明らかにされたエリアのモンスターの1体が以前に明らかにされたエリア隣接している場合、新しく明らかにされたエリアの外側に認められたモンスターを配置することを可能にしますか?
A:それぞれのモンスターは明らかにされたモンスターの隣に別々に配置されます。それぞれのモンスターは、新しく明らかにされたエリアで、オーバーロードがHordes of the Thingsの効果が使われる前に、ボード上にいたモンスターの隣に配置されなければなりません。


 へ~、Hordes of the Thingsなんてカードをプレイする人がいるんだ~、という感じでしょうか(汗 あのカードは脅威を得るため「のみ」に存在するのではないの? なんて思っちゃいけないのでしょう、きっと。まあそれはともかく、新たに明らかにされたエリア上に頑張って配置してね、というカードだそうです。

 では今回はここまで。何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック