ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



最新FAQがUPされました(その6
 前回の続きから(前置きが短いのはネタが無いため)。

一般的なゲームの質問

[射線]
Q:(Command、Word of Vaal、Spiritwalker、Alter of DespairにおけるKirgaの英雄の能力等の)射線を必要としない範囲を備えた能力は、壁および/または扉を通り抜けますか? これらの能力の距離をチェックする時、目標の区画またはフィギュアは区画を移動する数が範囲以下で到達可能である必要がありますか? またはこれらの能力はBreathの例のように働きますか?(テンプレートの内部のどんな場所でも飛ぶ、この場合、フィギュアを中心として2×範囲+1の長さの端の四角)
A:攻撃ではない、範囲を備えた能力は扉を通り抜けてもかまいませんが、壁を通り抜けられません。これらの能力はBreathの例のように働きます。攻撃は閉じた扉を通り抜けないことに注意してください。


 Breathの例のように、というのが個人的には残念というかなんというか……マスタービーストマンを別エリアに召還しておいて、安全な位置からCommandによる援護、を企んでいるOL(自分)にとってはちょっと辛いかなぁ、という感じですね。まあSpiritwalkerも同じ処理になったので引き分けでしょうか? 以前JitD#9で、開始エリアにいる英雄がエリア3にいる英雄からSpiritwalkerで攻撃したことあったもんなぁ……あ、でも扉は開いてたか(涙

Q:攻撃以外の目的のために階段を通って射線を通すことができますか? もし階段の他端が明らかにされていない場合、英雄が階段に隣接する区画(彼がそこから他端を攻撃することが可能な場所)に移動する時にそれは明らかにされますか?  英雄が階段の上に移動した時ですか? または英雄が実際に階段を使ってまだ明らかにされていないエリアに移動するまでですか?
A:いいえ。階段の他端は、フィギュアが階段を通って移動する時にのみ明らかにされます。


 個人的には当然のこと、と思っていたのですがこういうのもFAQに載るんですね。ま、自分がOLとしてプレイしていた場合と同じなので特に気にしない方向で。

[スキルおよび能力]
Q:Aura、Spiritwalker、CommandおよびAlter of DespairにおけるKirgaの英雄の能力の効果は階段を通って拡大しますか?
A:攻撃の非エリアの効果のみ階段を通り抜けてもかまいません。


 つまりここに挙げているAura、Spiritwalker、CommandおよびAlter of DespairにおけるKirgaの英雄の能力の効果は階段を通り抜けない、と。前にJitD#5で階段を通り抜けるようプレイした記憶があるので、今度から気をつけたいと思います。

[移動]
Q:フィギュアは通常そこでその移動を終了することができない区画に、もし立ち去ることができないであろうチャンスがある場合(しかし確実ではない)、入ることができますか?
A:はい。


 これは面白い質問ですね。例えばGrappleを備えた英雄が仮にいたとして、その英雄に近接攻撃をして倒す可能性があるのなら、その英雄に隣接する活性化した魔方陣の上にモンスターは乗って攻撃をすることができる、と。で、モンスターは通り抜けができないので、英雄が魔方陣から街に帰ることを阻止できる、という使い方ができますね。まあこんな状況はめったに無いと思いますけどね。

 今回はこんな感じで。何かご意見、質問等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック