ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



帰ってきてます
 昨日、無事香川県に帰り着きました。

 Game Market 2010の弊サークルに来てくださった皆様、どうもありがとうございました。

 前日のANAに乗り込む時に荷物を預けたら20kgを超えたらお金がかかることを初めて知ったり、東京でお世話になった神無月さんに渡したおみやげにちょっとあきれられたり、当日会場へ行こうと駅でSuicaをチャージしていたらおばあさん寸借詐欺に500円取られたりしたのですが、おおむね楽しい上京でした。

 会場は去年と同様なかなか混雑しているようでした。我がサークルは最初から最後まで暇でしたが、お隣さんは『ウボンゴ』とかいうボードゲームを輸入して販売していて、開始から頻繁にお客さんが来ていて大変そうでした。またこのサークルさんの中の1人がとてもとても商売が上手な方で、自分も横で聞いてて感心してしまい、思わず1つ購入しようかな? とか思ってしまったくらいです。立て板に水、という模範のような見事な説明でしたし、元々自分はパズル系は好きですから(5Fで売ってるより安く売ってたし)。

 弊サークルにはいろんな方がコピー本の見本を手にとってくださいました。どう見ても80以上に見えるすごく腰の曲がったおじいさんとか(Descentを持っていないようでしたので「持ってないと面白くないと思いますよ」と説明しましたが)、ゲームマーケットのスタッフさんとか他のサークル参加者さんとか(たしかここの方含む)。自分のお隣サークルさんのお知り合いの方も全4冊ご購入いただきました。というかこの方すさまじい買い方してて、衣装ケース4~5箱分くらいは購入してましたね(それでも今年は少ない方、とはサークルさん談)。ToIの偉業カードの訳はしたがルール訳をしていない、という方もいらっしゃいましたし、完全日本語版のみ購入されてる方も何名かいらっしゃいましたね。

 ということで次は大阪、Comic Communication 14です。ここは普通の同人誌即売会なのでゲームマーケットのようなボードゲームに関するサークルはうち以外ほとんど無いとは思うのですが、もしこれをご覧の関西在住の皆様。できましたら弊サークル(I-23a)まで足をお運びください。よろしくお願いいたします。でないとトイレに行く暇が無いので(涙

#実際うちの周りのサークルさん、どう見てもボードゲームに
#関するサークルじゃないんですよねぇ……

 そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック