ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第15回:その1)
 先日、E.G.G.に参加してきました。卓紹介で

「香川ディセント友の会です。今回はE.G.G.さんの場所を借りて第15回例会を開催したいと思います」と言ってしまった自分。正直、他のどのゲームよりもDescentをプレイしたいので、仮にDescent卓が立卓しなくても、1人で会場でプレイするか、家に帰ってプレイしようと思っていたくらいです。

 で、ふたを開けてみれば、友の会メンバー3人+入会に前向きな初心者Tさんの計4人。やっぱりいつもどおりの遊会になってしまいました(汗 『E.G.G.』代表の偽人さん、ほんますんませんです(ぺこ

香川ディセント友の会 第15回遊会

OL:kita
英雄:Golem(ワン・フィスト)、Tさん(賢者ランドレック)
   瑞兆(精霊語りのモック)、フラヴィーニ男爵(モルドログ)
クエスト:JitD#6「永遠の守護者」

 唯一ネタを知っている瑞兆氏に、「ネタバレ厳禁」と釘をさす自分。とはいえあっさり終わるだろうという読みはありました。このクエスト、かなり英雄に有利ですから。1発ネタなクエストというのが自分の評価。

 しかし、そんなことはつゆ知らず相変わらず真剣に初手をどうするか考え込むGolem氏。彼のワン・フィストはSwift&Skilledという「走り回ってください」と言わんばかりのスキルの引き。ランドレックとモック(Prodigy)が2波動持ちを活かしてSunburstを初期装備に加えています。おかげで1ラウンド目からモンスターは全滅し、さらに銀の宝をあっさり開けられてしまいます。逆にモルドログが何もすることが無いくらい。

 続きはまた後日。
何か記憶違い等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック