ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第41回:その13)
 昨晩、Golemさんと一緒に、kitaの頭を悩ませている「Into the Dark, Again」を見ていただいた(Golemさんの方が自分より英語が得意そうなので)のですが、どうもフレーバーテキストが「ふざけた」もののようです。自分の中のイメージが……イメージがぁぁぁ(涙 実際のダンジョンの難易度とかはどうなのかはちょっとわかりません。たぶんこういう処理をするんだろうなぁ、というのは想像できるのですが、きちんとルールの説明の文章として書いていない部分があるのもちょっと……公式HPのBBSを見に行くしかないのかなぁ?

 では前回の続き~
────────────────────────────────────────
13ラウンド目

カーノン:進む宣言。移動してエリア1への扉を開き、メデューサに攻撃するも×。
カルソス:戦う宣言。

kita「メデューサ活躍せずに消えるのか。辛いなぁ」
(カルソスがダイスを振る)
kita「ダメージを」
ピエ「7」
瑞兆「ぴったり。さようなら~」
kita「メデューサさようなら~」
瑞兆「お前は強いヤツだった、確かに」
kita「辛い~」

カルソス(続き):メデューサに攻撃して倒す。
ランドレック:構える宣言。Guardを乗せて終了。

OL:モンスターを移動させて終了。
────────────────────────────────────────
14ラウンド目

カルソス:走る宣言。7区画移動して残り1移動と1疲労で自身の負傷値2点回復(Greater Healing)。
ランドレック:構える宣言。移動してRestを乗せて終了。
カーノン:構える宣言。Restを乗せて終了。

瑞兆(かすれるような声で)「みみずだ~って、おけらだ~って~、あめんぼだ~って~~、みんなみんな~、生きているんだ友達な~ん~だ~♪」
kita「行きま~す」
瑞兆「挑発中。挑発中」
kita「4点消費して、Bane Spider Swarm」
瑞兆「どっか死角を見逃していたところあったっけ?」
kita「ここ」(エリア4にモンスターを配置する)
瑞兆「あ、完全にあほみたいな簡単なところを見落としてた(笑)」
kita「行きます」
瑞兆「白が開ける?」
kita「はい。白から活性化」
(ノーマルベインスパイダーで扉を開いた後、そいつを後方に引っ込める)
瑞兆「せこい」
全員(笑)
瑞兆「せこいぞ、ちょっと待て、ひょっとしてまさかその赤」
kita「行きます。(マスターベインスパイダーを移動させ)そして、攻撃時にAimをプレイ」
瑞兆「しまった、頭がぼけていた。これを考えてしかるべきだった」

OL:Bane Spider Swarmをプレイ。エリア4に発生させ、ノーマルベインスパイダーでエリア1に通じる扉を開き、下がる。マスターベインスパイダーでカーノンに攻撃。このときにAimをプレイし、カーノンに6点ダメージを与える。
────────────────────────────────────────
 いろいろと扉を開けまくって総モンスター数を減らした場合の唯一の弊害がこれですね。扉が閉まっているため油断してしまい、その奥からのモンスターの発生、というやつです。さぁ英雄側はどう挽回するのか? というところで以下次回以降に~

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!


コメント
そうそう!
 ども、コメントありがとうございます。

>スケルトンと獣人が逃走すると言う記述
 その記述なんですよ! どう処理するか悩むところは。おそらく、goldkightさんの書かれているとおり魔法陣まで移動したら自動的に廃棄、で良いのでしょうけれど。ひょっとして英雄と同様、魔法陣の上で1移動ポイントが必要なのかな?(要らない方に1票)

 もし計算通りナルサク一直線でOKなんだったら、OLにとってキツイクエストかもしれませんね。元からいるスケルトンとかビーストマンは英雄側がかなり用心しながら掃討するでしょうから。
[2011/05/01 09:02] URL | 会長(kita) #HvvZdU6s [ 編集 ]

ナルサク一直線でもいける?
2回目以降だとスケルトンと獣人の他に、ナルサク+床のコインで各英雄2100コイン手に入るので、床に落ちてるコインは最後の方まで放って置いて進むのが良いのでしょうか。
スケルトンと獣人が逃走すると言う記述をどう取るかですね。
活性化された転送の魔法陣まで逃げたら、通常のルール外でゲームから取り除くのかどうかって所ですかね。
[2011/05/01 07:14] URL | goldkight #31OigvtU [ 編集 ]

なるほど
 ども、コメントありがとうございます。

>エラッタでクエストの目的が一人2000コイン集める事に修正されている

 そういえばエラッタが出ていたんですね(汗 すっかり忘れていました。公式FAQじゃなくて独自のエラッタだったのでチェックしていませんでした。


>、クエストの目的のところで追加されているので
 そうですね。おそらく英雄側の敗北と見なすのでしょう。つまりバランス良く英雄側はモンスターを倒さなきゃいけない、ということになりますから案外大変そうなクエストですね。変なところに頭を使わなきゃいけない、という。モンスター数を見てみると、合計4100コイン(ナルサク&発生分はカウントせず)だから、英雄4人パーティでもなんとかなるのかな? あ、でも死んじゃうとコイン半分だから、クエスト後半で英雄が死ぬと一気に英雄側が不利になりますね。ちょっとやってみても良いなぁ……

 どこかにも書いたかもしれないのですが、このクエストで一番納得いっていないのはナルサクの行動です。なんでラスボスで出てくんねん! お前のために行動してるのに! って思うんですけど。
[2011/04/24 02:09] URL | 会長(kita) #229pvBu6 [ 編集 ]

そうですね
一応エラッタでクエストの目的が一人2000コイン集める事に修正されているので、最終的にエリア4のボス倒したとしても、コインを足りなければ負けなのかなと思いました。
フレーバー的には集めなくても良い気がしますが、クエストの目的のところで追加されているので、コインを失わないようにできるだけ死んではならないと言う条件があると考えられるので。
[2011/04/18 12:48] URL | goldkight #8OhNLMOw [ 編集 ]

素晴らしい!
 ども、コメントありがとうございます。

>フレーバー部分は人を選ぶと思います
 自分もそう思いますね。ただ、通常のクエスト(ToIとか)を遊ぶ場合でもフレーバーテキストは無視してたりすることが多い(クエストゴールは示してますが)ので、実際に遊ぶ時はそんなに問題にはならないかもしれません。

>宝箱無しで、獲得するお金の目標があるシナリオ

 クエストの内容を今ひとつ思い出せないのですが(汗 獲得金額の必要最低値って指定されてましたっけ? 結局はエリア4でモンスターを倒せば終わり、なクエスト(しかも相手がアレだし)が個人的には「なんでやねん!?」って思うんですよねぇ。フレーバーテキストを無視してるせいでしょうかね?
[2011/04/17 20:08] URL | 会長(kita) #zeemCncw [ 編集 ]

Into the Dark, Again
Into the Dark, Again翻訳終了しました。
私もFFGのエラッタ以外情報が無かったので、
FFGの掲示板をサーチしましたが特に情報無く。
Kitaさんの書かれているふざけているテキスト部分は、
多分ユーモア・ファンタジーもしくはメタ的な要素の一種として見るべきなのでしょう。
フレーバー部分は人を選ぶと思いますが、宝箱無しで、獲得するお金の目標があるシナリオは
遊んでみる価値はあるのかなと思います。
[2011/04/07 12:12] URL | goldkight #BghbKX9Q [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック