ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第61回後編:その2)
 友の会の掲示板で情報をいただいたのですが、ボードウォーク高松店が2月末で閉店だそうです。こちらに記事がありますね。ここでDescentの拡張(AoD)を購入したこともありますし、四国ゲームワンダーランド(旧香川ゲームワンダーランド)でもお世話になりました。残念ですがしかたないですね。とすると今後のSGWとかどうするんだろう? ひょっとしてもう?

 さ、さて(汗 話を変えて前回のレポートの続きです~
--------------------------------------------------------------
 ではプレイ開始です。開始エリアはあっさり突破。というかラウンド1でエリア1を開いていかないと、この先どんどん後ろは崩れていきますからね。ラウンド2でボグランが魔法陣を開いたらこれが『闇の魔法陣(Power:紫)』でびっくりです。ここから街に帰るのはとてもためらわれますが、実際のところ今回のクエストでは街に帰っている余裕は無いと思いますね。オーバーロードの立場としても、普通のダンジョン(クエスト)だったら有効だったかもしれませんが、いずれ崩壊するダンジョンの魔法陣を暗黒にする、というのはちょっと背信コスト(罠2)がもったいなかったかもしれません(その分罠カードを交換できたから)。

 まあともかく、モンスターを倒しつつエリア2への扉を目指して進みます。いきなりビーストマンを召喚されて焦り、モックはついSparks of Painをプレイ。もったいない、と言われてしまいました(汗 まあおかげでビーストマンたちはエリア1の魔法陣の付近に逃げ込み、英雄側への攻撃はなかったんですけどね。

 魔法陣を活性化し、最初からばんばん活力ポーションを使って前に進もうとするスチールホーンでしたが、1カ所見逃した死角があったのでメデューサを召喚されてしまいました。モックのLeadershipでAim攻撃をしかけ、なんとか倒し、Stunを喰らうことを回避します。ボグランは先に泥を抜けています。

 エリア2。ボグランが扉を開きますが奥の方までは突進できません。代わりにモックがCarried By Airで魔法陣と宝箱を開きますが、あっさりマスターフェロックスに一撃されて倒れます。その代わりスチールホーンとボグランが敵を倒していきます。
 宝箱の引きはあまりよろしくなく、奥のオーガまでに時間がかかります。その間にオーバーロードは「Brilliant Commander」をプレイ。後の部屋も3つほどあるので有効と判断されたようです。
 スチールホーンが街に帰り、Axeを売ってWalking Stickを買い、さらに活力ポーションを補充します。火力十分、との判断だったようです。

 すぐ後ろが崩れ去る直前になんとかオーガを倒し、次のエリアへの扉を開きますが、オーバーロードは「Kobold Horde」をプレイ。死角が多いことを利用してエリア3をマスターコボルド3体+コボルド6体で埋めまくります。先に進むためにはこれらを倒していかなければなりませんので、かなり有効な戦術だと思いますね。しかも手前のオーガは「Brilliant Commander」でマスターに変更されています。スチールホーンは一番後ろ(エリア2の東西の廊下の最後尾)にいたのですが、特殊能力を利用して走ってマスターオーガに1撃を喰らわせ、が×(涙 しかしマスターオーガからも岩のせいで英雄に攻撃を当てることができません(隣接していないから)。
--------------------------------------------------------------
 エリア3がモンスターで埋まった状況で今後どうするか? という英雄側ピンチのところで次回に続く~

 何かご意見、記憶違い等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント
そうですねぇ
 ども、コメントありがとうございます。

こういう文化(?)は一極に集中するのかもしれません。ネット通販も発達した昨今では、地方で在庫を抱えて商売する、というのは難しいのかもしれませんね。見て、手にとって、というのも楽しいのですが。難しいものです。
[2011/02/27 18:58] URL | 会長(kita) #UHNIzYAg [ 編集 ]

No title
一方東京の中のブロードウェイでは、輸入ボードゲームショップがOPEN。
ttp://drosselmeyers.com/

需要と供給の原理なんですかね・・・。
何度かボードウォークには行きましたので、さびしいですが。
[2011/02/16 22:41] URL | 神無月 #9pwr7oa6 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック