ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ゲームマーケット2011に行ってきました
 弊スペースにご来訪いただきました皆様、どうもありがとうございました(ぺこ

 前回の記事にも書きましたが、今回のcomicomi→ゲームマーケットの流れは結構大変で、今までにない4冊同時進行というものでした。まあでも、ゲームマーケットの場合は持ち込みではなく、先にコピー本を送っていたので、前日夜から当日にかけての移動は、かなり楽でした。

 本当なら追加で印刷して持って行く方が良かったのでしょうが、他に持って行く荷物を積み込んでいたら多すぎたのと、作業の時間が取れなかった(昼間は農作業)ので、結局印刷せず出発の時間となりました。

 夕方に高松空港を出発して東京の友人と待ち合わせ。晩ご飯を一緒に食べてから友人宅に泊めてもらいました。そしてゲームマーケット当日。いつもよりかなり遅く起きて、9時過ぎに会場入りできるよう考えて8時過ぎに友人宅を出発。で、到着が9時半という(汗 荷物が重くて歩くの遅かったのと、浅草橋でJRから乗り換えるのに1本躊躇したというのが理由です。都会はやっぱり慣れないですね。

 方向が合ってるのか若干不安になりながらも、去年の記憶をたどる&それらしき人に付いて行くと、なんか見覚えのある建物に到着。ってもう3回目なんだから道とか建物とか覚えろよ、というツッコミが入りそうですが(汗

 建物の中に入るとゲームマーケットのスタッフさんがいたので安心してエレベータで5Fに行って手続き。荷物は無事到着していました(荷物を出してくれたGolemさんに感謝)。箱が重かったので自分で持って行ったキャスター付台が役立ちました。

 自分のスペースでいろいろ準備。前回の記事で自分は『当日会場で遊べるようにコンポーネントを持って行こうと思っています』なんて書いたんですよ。で、実際に持って行ってクエスト1のダンジョンを組み立てていたのですが……

魔法陣が無い!(汗


 まあこれは何か別のトークンで代用するか……って、

オーバーロードカード忘れてるっ!(涙

 実際に来ていただいた方とコンパクトディセントで遊ぶことは断念しました。まあダンジョンは組み立て終了し、フィギュアも並べたので「こんな感じ」はわかるのではないかなぁ、と期待。

 ゲームマーケットは10時から開始。開始そうそうはこちらに来られる方はいらっしゃらないだろう、と油断していたのですが、そうでもなく結構いろんな方がいらっしゃって、とても嬉しかったです。その後も順調で、久々のれらしうさんも来ていただきました。あと前にも書きましたが冬コミでお隣さんだったサークルさんの千葉会さんもお見かけしました。

 実はcomicomiの時にもありましたが、今まで出したコピー本を全部一気に購入して下さる方とかいらっしゃって、「大丈夫ですか?」って思わず声が出てしまいました。本当にありがとうございます。あと女性の方(カップル)もいらっしゃいました。たしか去年もおみかけしたような……違っていたらごめんなさい。あとゲームマーケットのスタッフの方もいらっしゃいました(この方も去年いらっしゃいました、たぶん)。『活動報告記』を購入していただけて嬉しかったです。

 ただ去年お見かけした80くらい(?)のおじいさんはお見かけせず、RtL面白いよ、とおっしゃっていた方もお見かけせず、その代わり若い方でDescentをご存じの方に多くルールサマリ&データ集を手にとって貰えました。そうそう、「クリアファイルに入れた状態での頒布なんですね!」と驚いていらっしゃる方がいて、逆にこちらが驚きました。こちらとしては、読みやすいように、ということでクリアファイルに入れたのですが、どうやら「紙だけ」だと思った方がちょこちょこいらっしゃったようです。きちんと入れた甲斐があったというものです(って入れてくださったのは主にGolemさん&お手玉ピエロさんです>感謝!)。

 「なかなかプレイする人がいないんですよね~」という話をいろんな方とさせていただきました。その流れで『コンパクトディセント』をお薦めする、ということをしました。それで購入された方もいらっしゃって、嬉しかったです。いろいろと感想をいただければ幸いです。

 あと「プレイ回数が少ない」という方とお話をさせていただいた時に、『kitaもいろんな所に行ってDescentをプレイしたい』ということを言うと、「是非うちに来てください」と言われました。Descentに慣れている方に教えて欲しい、ということだそうです。うまくスケジュールが合えばなんとかしたいなぁ、と本当に思っています。たしか東京の方だったと記憶していますが……これをご覧になっていたら、連絡下さい(ぺこ

 そんなこんなで、今回持ち込んだ本はほぼ完売(持ち込み数の読みがかなり当たったため)。特にルールサマリ&データ集はあと何冊かあったら、という感じです。Descentはもう新規ユーザさんを確保するのは難しいかな、だから『ルールサマリ&データ集』の需要はあまり無いのではないかな、と思っていたのですが、そうでもなくて嬉しかったです。皆様、本当にありがとうございました。
次回、夏コミ初日(8/12)西2ホール、つ-05bでお会いしましょう。
#うわ~、新作まだ作って無いのに書いちゃったよ~ (汗
 会場で気になった他のこと。お隣さんのお隣さんは中古ゲームの販売をされていたのですが、その中で異様な雰囲気を醸し出していたのが『まじかーるだよ人生は~ねこねこソフトボードゲーム~』。こんなのを出そう、というメーカさんがあったんですね。面白いのかどうか不明です(システムからして何かわからない)が、持っている人がいたこと、そしてそれが売れたこと(さすがに定価より安かった)に驚きました。

 ちっちゃい男の子が「フィギュアだ~」と近づいて触ろうとしたら保護者の方に「ダメっ!」って引きずられて泣きながら去っていく、というのを見ました。触らせてあげた方がよかったかなぁ、別に売り物じゃないし……フィギュアがいっぱいあるのに触れない、というのはあの子には辛かっただろうなぁ……

 5時に会場から荷物(持ち込んだDescentのコンポーネントとかコピー本少々とか)を会場からゆうぱっくで発送(しかも発払ができた!)。こういうサービスはとてもありがたいですね。是非続けて欲しいところです。ゲームマーケットのスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

 離脱して、のんびりと羽田空港に到着し、家族へのおみやげを購入してさあ乗ろう、と思ったら『天候調査中』の文字。「ひょっとしたら高松から羽田に引き返すかもしれないよ」ということのようです。実際に出発は20分遅れ、しかも高松で2回着陸を試みたのですが結局『霧のため滑走路が見えない』とのことで羽田に引き返しました(涙 羽田に到着してすぐに会社の上司に翌日の欠勤(実際には有給)を連絡し、この日は恵比寿のカプセルホテルで宿泊。次の日、代替便でなんとか香川県に到着しました。偉い目にあったなぁ(涙

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック