ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



行ってきました
 ども、kita@香川ディセント友の会です。今回も弊サークルにお越しいただいた皆様にまずは御礼申し上げます。
--------------------------------------------------------------
 前々回の記事で「荷物どうしよう」とか書いていたのですが、夏コミ用に作成したコピー本は、結局神無月さんのご自宅にお送りして、一緒に運んで貰いました。本当に感謝しております。

 さて当日、東京駅からタクシーで(体力の無さを金銭で解決する)会場に向かい、7:30ちょうどに到着。すぐに荷物を運んでセッティング。30分ほどで終了し、あとはぼんやり待つだけとなりました。

 10時の夏コミスタートと同時に、神無月さんは予定があるとのことでここで退場し、自分1人です。右隣のサークルさんは前回も書きました「さいたまオフライン」さん。左隣は「希望の船」さんです。この方からはコピー本の最新刊をいただいちゃいました。すいません、何も返せなくて(汗 さすがに「Descent」みたいな何時間もかかる重いゲームをプレイされるとは思わなかったので。

 今回もいろいろな方に弊スペースにお越しいただきました。毎回来てくださっている「れらしう」さん、前回の記事に書きましたFlashを作成された「Justy」さん、ディセントの布教について質問してくださった方、最新刊だけでなく過去のコピー本全てをご購入いただいたコミケのスタッフの方、などなど……

 さらに、E.G.G.でよくお見かけする方が差し入れをくださいました。ついでに自分がトイレに行く間、スペースの番をして貰いました(汗

 あと、特に驚いたのが外人さんがいらっしゃったことです。さすがに日本語で書かれたコピー本を購入する、ということは無かったのですが、スペースの番をしていただいている時に外人さん2人組の方がいらっしゃった、とお聞きしましたし、その後自分がいる時にもいらっしゃって、コピー本をチラ見していきました(たぶん同じ方じゃないかなぁ、と思います)。

 さらに、もう1人外人さんがいらっしゃって、その方とはお話をさせていただきました。そこで自分は、とんでもない話を聞いてしまったのです。曰く

・DescentのSecond Edition(D2E)の発売により、今のDescent(First Editionと言うべき?)は廃版になる。
・D2Eでは、脅威トークンが無くなる。
・そのため、オーバーロード側にとって、戦いの面白さ(戦術を練る等)がなくなるのではないか、とBoardGameGeekで話題になっている

 とのことなんです。「え~!」とびっくりしてしまいました。外人さんだけあって英語は堪能でしょうから、公式サイトのメッセージボードやBoardGameGeekの書き込み等もチェックしやすく、情報が入手しやすいのでしょうね。その方は「今のDescentを持っていたら値上がりするんじゃないか」ともおっしゃってました。

 ちょっとショックを受けつつ、最後(午後4時)までスペースにいて、その後重いままの荷物を実家に送り返して会場を後にしました。前日と同様、この日も神無月さん宅にやっかいになりました。

 次の日は1日フリー。実はゲームマーケットでお声をかけてくださった方から「ひょっとしたらDescentのプレイに誘われるかも」と期待していたのですが、さっぱり連絡も無かったので、フリーになったのです。で、のんびり遅く起きて、以前から気になっていた『テーブルトークカフェDaydream』さんに行ってきました。時間は午前11時を少し過ぎたくらい。

 残念ながらボードゲームの担当の方はいらっしゃらなかったのですが、雑誌Role&RollのバックナンバーでDescentが載っている「21、49、66、69」を拝見しました。また、弊サークルの同人誌が置かれていたことに気づきました。ありがとうございます(ぺこ

 唯一気になったのは、Descentが基本のみだったこと。もしコミケでお会いした外人さんの言葉が正しいのなら、今のうちに拡張も手に入れておかないと、もう入手不可能になるかもしれません。お早めにどうぞ、と個人的に思います。

 その後うどん屋さんを探しに行ったり(実は閉店してた)、ネカフェでのんびりしたり以前からのネット上で知り合った方とお会いしたりして、その日は過ぎ、次の日(つまり今日)、朝一番の新幹線に乗って帰ってきました。
--------------------------------------------------------------
 Descentの未来は不安な点がありますが、kitaは変わらず今のDescentをプレイしていけたらな、と思っています。まあD2Eも買ってみますけどね(ひょっとしたら面白いかもしれないし)。また冬コミに出展できるようであれば、その時はよろしくお願いいたします(ぺこ

そしたら!

コメント
ありがとうございます
 ども、ここでは初めまして。ご購入&コメントありがとうございます。

>ルールなど間違ってる部分を見直す作業中になってます

 日本語訳付き版との差、ということでしょうか? その場合はwikiサイトも参考にしてみて下さい。思ったより違ってる点が多いことに気づかれると思います。

 ただし、こちらは英語版を元にしているとはいえ、間違った解釈をしている場合もありますのでご注意を(ってどうやって注意するんだか>自分)。何か「これホント?」というのがありましたら、質問をメールやコメント等でお送りいただければ、対応します。
[2011/09/10 21:57] URL | 会長(kita) #KzrA9f8Y [ 編集 ]

夏コミお疲れ様でした
一式購入させて頂きましたm(_ _)m ありがとうございました。
いろいろディセントについてお話できて楽しかったです。
購入させていただいたものは現在、うちのOL宅にありまして、ルールなど間違ってる部分を見直す作業中になってます
(僕も全部見ていないのですが・・・)

あー早くディセントやりたいなぁ。
そしてD2Eが出る前にせめて基本シナリオは達成したいところです。
[2011/09/05 19:49] URL | なかじ #uIclbFAo [ 編集 ]

どうなんでしょうねぇ?
 ども、コメントありがとうございます。

>脅威トークンが無くなるとゲームの面白味が
>減るんじゃないかって
>話題になってるんですね。

 そういうことのようですね。実際にBGGを自分が確認したわけじゃないので確証は無いですが。

 ひょっとしたら、サンダーストーン等のデッキ構築型カードゲーム(&RPG)に近くなるのかもしれません。オーバーロードの概念が無くなるかもしれない、とも思っています。アーカムホラーとかオーバーロードの役割をする人がいないらしいですし、そんな感じかも? と思ってます。

 ただディセントは個人的に英雄vsオーバーロードのガチバトルの図式が面白いと思っているので、D2Eでそれが無くなるのは個人的には寂しいと思いますね。
[2011/08/16 21:41] URL | 会長(kita) #w.pv9xqs [ 編集 ]

お疲れさんです。
こんにちはお手玉ピエロです。
まずはお疲れ様でした。

脅威トークンが無くなるとゲームの面白味が
減るんじゃないかって
話題になってるんですね。
(脅威トークンが無くなるだけで
OLカードのコストが無くなるとは
思えないけど。)
”D2E”色々と話題沸騰中ですね。

PS:27日のデッキ構築完了しました。 
[2011/08/15 08:08] URL | お手玉ピエロ #hwGMPlyo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック