ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



二刀流ボーナス
 今日(8/19)、ディセントプレイしに出かけてきます。久々なので楽しみ~

 googleの検索以外に、twitterでの検索も相変わらずちょこちょこやってます。その中で見つけた記事がこちら。こういう女の人がいらっしゃるんですねぇ……あの、実はですね、ディセントの基本セットから拡張の全セットまでうちにあるんですが、プレイ環境(自宅)と、いっしょに遊んでくれる仲間(友の会の皆様)も揃ってるんですが、「キミへのp……いや、何でもないです(汗
#この女性がkitaを選ぶとは思えない(涙

 さて本題。ディセントの完全日本語版にエラッタがある、というのをgoogleで検索をかけていて、ここに書いてあるのを見つけました。おそらく本当だと思いますが、念のため友の会の「完全日本語版」をお持ちの方々に確認していただきました。

ルールブック(二刀流ボーナスの部分)
 片手用の(手のアイコンが1つの)武器を同時に2つ装備している英雄は、二刀流ボーナスを得ることができます。攻撃に使用していないほうの武器を二刀流ボーナスとして加えることができるのです

 すでにリンク先をご覧になった皆様&英語版に慣れている方は、どこが間違いかおわかりでしょう。そう、英語版のルールでは「片手用の近接武器(Melee weapons)」なんです。きっと翻訳時に抜けたんでしょうね。

 ということで、wikiサイトの方を修正しておきます。

 この「たいぺい」さん、かなりディセントをプレイされているようですね。例えば「20011/7/3」の記事、ダンジョンクエストの英雄も混ぜてディセントをプレイされているようです(クエストはJitD#3)。ディセントに限らずダンジョンクエストまで持ってるんですね。はっ! この人もディセント持ってるし仲間もいるし……ライバルだなっ(違います

 何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。あと、「ここはどうなんだ? エラッタなのか?」という箇所がありましたら、それもご連絡いただければ幸いです。
そしたら!

コメント
そんなぁ
 ども、コメントありがとうございます。

>ゲロ吐かせたいです(笑)

 そんなキツイことさせちゃダメですよ。ただでさえ少ない(涙 Descentプレイ人数を減らすようなことはできませんね。貴重な女性プレーヤーの方には、是非大いに楽しんでいただきたい、と思うくらいですが、おそらくkitaがこの方とお会いすることは無いでしょうねぇ……

>これからファロー卿とバトルです。敬遠してましたがこの拡張結構面白いです。

 とても羨ましいですね。RtLやSoBは自分が殆ど手をつけていないものなので。定期的に同じメンツが集まってプレイできる、という環境も羨ましいです。頑張ってください。

そしたら!
[2011/09/03 00:16] URL | 会長(kita) #LoJGTAVA [ 編集 ]

No title
この女に伝説への道をプレイさせてゲロ吐かせたいです(笑)

これからファロー卿とバトルです。敬遠してましたがこの拡張結構面白いです。
[2011/08/27 14:01] URL | よちお #i/NsaFro [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック