ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ディセント第2版完全日本語版の訳を確認してみた(その6)
さきほど遊会が終了しました。Golemさん、お手玉ピエロさんを交えてkitaがオーバーロードで、ディセント第2版「仮面舞踏会」をプレイ。お2人がそれぞれ英雄2人を担当して4人英雄で遊んでみました。お手玉ピエロさんがtwitterに写真をUPしていますので、皆様ご覧いただければ雰囲気が伝わるかな、と思います。

さて訳の確認も今回で最後。大物である『クエストガイド』についてです。

■クエストガイド

★P3:セットアップ
A:自分の体力+英雄の数×2点の体力を持っています。

言いたいことはわかるのですが、表現がなんとなく気になったので。
他のクエストでは「英雄の数×2点の体力を追加で持っています」のような表現方法ですので、このページでも同じ表現をすれば良いのに、と思ってしまいました。

(11/4夜:追記)
★P6:特別ルール
A:村人は求められたいかなる能力判定にも自動的に失敗します。
K:そして村人がするように頼まれた任意の属性テストに成功します。

自動失敗ではなく自動成功となります。遭遇2(P7)と反対ですのでご注意ください。
(11/4夜:追記ここまで)

★P 8:マップ
★P15:マップ
★P18:マップ

A: 9A:廃墟

英語版では9Aは「CARAVAN」となっています。そのまま日本語に訳せば「隊商」。セットアップの文章に「隊商に置いてください。」という表示があっても、実際のマップ上に無いぞ、とか思ってた皆様、マップの表示が異なりますのでご注意ください。

★P10:特別ルール 招待客
A:「招待客」に隣接しているが1アクションを使うことで、
K:アクションとして、客に隣接する英雄またはモンスターは

 モンスターでも「招待客の仮面を剥がす」ことができます。これ以降の特別ルールを読めば、モンスターでもできるんだろうな、ということはわかると思います。

★P19特別ルール 転移の紋
A:この場合の「射線」は、敵のコマであれ味方のコマであれ、遮られることはありません(転移の紋を邪魔しません)。
K:これらの目的のために、味方でも敵でもないフィギュアは射線を妨げます(転送の魔法陣は行いません)。

 元の英文は
--------------------------------------------------------------
For these purposes, neither friendly nor enemy figures
block line of sight (neither do the glyphs of transport).
--------------------------------------------------------------
です。一応Yahoo!翻訳のページを参考にkitaは訳してみたのですが、完全日本語版と逆になってしまいました。どっちが正しいのでしょうか?

(11/4夜:追記)
どうやら完全日本語版でOKのようです。
(11/4夜:追記ここまで)

★P20:特別ルール
A:ルーインのスピードは1です。
★P35:特別ルール
「ドラゴンの頭蓋骨」を持ち運ぶモンスターのスピードは3に減少します。

 「スピード」という定義は完全日本語版には出てきません。これは英語版では「Speed」とそのままなのですが、完全日本語版では「移動力」と訳されています。意味はおそらくわかると思いますが、一応書いておきます。P35の「スピード」に関してはgoldkightさんのblogでも指摘されていますね。

★P20:特別ルール
A:(「ルーイン」は常に橋の向こう側に向いています。)
K:(彼は常に橋を完全に妨げるために橋を横切る方向です)。

 おそらくP20の図に示した方向を常に向きます、という事を言いたいのかな、と思っています。

★P20:特別ルール
A:「ルーイン」の前進を英雄が止めようとするならば、
K:もし英雄によってRuinの前進が妨げられる場合にRuinが前進することを試みる場合、

 「ルーイン」の前進を英雄が止めるためには、移動先に英雄フィギュアがいることが必要ですよ、ということですね。

★P20:特別ルール
A:成功なら、「ルーイン」は現在の場所に留まり、今回の移動は行われません。
K:もし英雄が成功する場合、Ruinは彼がいる場所に留まり、移動は消耗されます。

 能力判定に成功したならば、ルーインは移動アクションを1つ消費します、ということです。完全日本語版だけでは、移動アクションのキャンセル、つまり実行しようとした移動アクションを取りやめる、と受け止められる可能性があるかな、ということで。

★P20:増援
A:オーバーロードは手番の開始時に毎回、いずれかのモンスター1体を「入口」に置くことができます(グループ上限の範囲で)。
K:それぞれのオーバーロードターンの開始時に、彼はオープングループの1つから1体のモンスターを、グループの制限に従って、入口に置いてもかまいません。

 いずれかのモンスター、という表現だけでは、シャドウドラゴンも置ける可能性がある、ということになります。置けるのは選択モンスター2種類のうちいずれかだけです。

★P21:特別ルール
A:モンスターは「牢獄」の扉を開くことはできません。
K:モンスターはPrisonに通じる扉を開閉することができません。

閉じる事もモンスターにはできない、という項目が抜けています。

★P24:増援
A:また、他に置き場がないときを除いて、他の「ゾンビ」と3マス以上の間を空けて置かなければなりません。
K:さらに、他のオプションが無い限り、他のゾンビの3区画以内にゾンビを置いてはいけません。

元の英語は
--------------------------------------------------------------
Also, no zombie may be placed within 3 spaces of another zombie unless there is no other option.
--------------------------------------------------------------
となっています。意訳で「他に置き場がない」となっているのでしょうか?
(11/9追記)
他の選択肢がなければ、という意味だそうですので、この部分の日本語訳は特に問題ありません。
(11/9追記ここまで)

★P25:特別ルール
A:サー・アルカイトの剣です。

 これ、P24のフレーバーテキストでは「聖アルカイト」になってるんですね。重箱の隅をつつかせていただきました。

(11/9修正)
★P26:増援
A:いずれかのモンスター1体を「入口」か「出口」に置くことができます(グループ上限の範囲で)。
K:オープングループから1体のモンスターを入口に、グループの制限に従って、置いてもかまいません。

 選択モンスターである、という制限がつきます。同様の内容は上(P20)にもありますね。


kitaが勘違いしていました。日本語訳に問題はありません。
(11/9修正ここまで)

★P27:特別ルール 扉
A:コマが扉を開けようとする場合は、<シンボル>で判定してください。

 <シンボル>って何でしょうか?(汗 英語版では「力(腕力)」のマークが記載されています。変換ミス? 何かよくわかりません。

ちなみに、goldkightさんのblogで指摘されているP26は、P27だと思います。

★P28:セットアップ
A:「メリック・ファロウ卿」は遺物「邪影の杖」を受け取ります。
K:メリック・ファロー卿をLibraryに示すとおりに置いてください。メリック・ファロー卿に”Staff of Shadows”レリック与えてください。

 メリック・ファロウ卿の置き場所に関する記述がまるまる抜けています。まあ、図に記載されているのでおわかりだとは思うのですが一応。

★P29:セットアップ
K:誰が遭遇1で勝利したかに関係無く、英雄は最初のターンを飛ばします。

 扉に関するセットアップの文章の後ろに、セットアップの最後の英文があるのですが、そこが完全日本語版ではまるまる抜けています。

★P29:報酬
A:また、オーバーロードは購入したオーバーロードカードのいくつか、もしくはすべてを捨て札にすることで、それらのカードの合計コストと等しいXPを得ます。
K:さらに、彼の購入したオーバーロードカードのいくつかまたは全てを利用可能なカードのプールに戻し、これらのカードの合計コストに等しいXPを得てもかまいません。

「捨て札」にすると、15枚使い切った後でそれらのカードが使用可能になる、と誤解される可能性が0では無いので書きました。要は「今まで経験ポイントを使って買ったOLカードを無かったことにできる」ということですね。

★P30:セットアップ
A:選択モンスターは「山小屋」、「墓地」、「小川」のタイルに
K:モンスターグループを、Cabin、CraveyardおよびStreamタイルの間で分けて、

(11/9修正)
選択モンスターだけでは、ゴブリンアーチャーをこの遭遇で置けなくなります。ゴブリンアーチャーも含めて、3ヶ所に均等に置いてください。

均等に、である必要は無いようです。
(11/9修正ここまで)

★P30:特別ルール
A:このトークンは遭遇2で使います。
K:彼はそれぞれの英雄トークンの1つのみを保持します---彼はその英雄の血を持つか持たないかのいずれかです。これらのトークンは遭遇2の間で重要です。

英雄1人につき、保持するトークンは1つのみ、という英文が抜けています。これはgoldkightさんのblogでも指摘されていますね。

★P33:特別ルール
A:プレーヤーは1アクションを使うことで誰にも所持されていないトーテム像を拾い上げて、所持することができます。プレーヤーは1アクション使うことで所持しているトーテム像を隣接するマスに置くことができます。
K:アクションとして、フィギュアは誰にも所有されていないTotemを拾い上げ、運んでもかまいません。アクションとして、フィギュアは彼の運んでいるTotemを隣接区画に落としてもかまいません。

プレーヤー、ではなくコマ(フィギュア)ですね。その後の文章で「英雄が拾い上げる」とか「モンスターが拾い上げる」とか書いてますから、意味は通じるとは思いますけど念のため。

★P33:増援
A:いずれかのモンスター1体(「イライザ・ファロウ」でも構いません)を「入口」に置くことができます(グループ上限の範囲で)。
K:彼のモンスターグループのそれぞれから1体のモンスター(イライザ・ファロー婦人を含みます)をマップ上に、グループの制限に従って、置いてもかまいません。

(11/9修正)
英語版では「入口」という指定はありません。マップ上どこに置いても良いようです。

モンスターによって、置く場所はクエストガイドに(完全日本語版でも)記載されています。「入口」だけが余計でしたね。
(11/9修正ここまで)

★P34:特別ルール
A:コマがこの目標トークン上からいなくなったら、
K:もしフィギュアがトークンから立ち去るか、打ち負かされた場合、

打ち負かされれば、フィギュアは無くなりますから、まあいなくなったと同じと考えられますが、英雄の場合はトークンが残りますから、英語版では指摘があるのだと思いますね。

★P36:セットアップ
A:「書庫」、「聖骨堂」、「クモの巣」に選択モンスターをそれぞれ1種類ずつ置いてください。
K:1モンスターグループをLibrary、Reliquary、Spider DenおよびLaboratoryのそれぞれに置いてください。

「研究室」が抜けてますね。

★P38:特別ルール
A:扉はそのまま閉じています
K:扉は常に通常通り閉めてもかまいません

この文章の直前が「扉を開くための特別ルールの説明」だったために、この文章もその補足だと思って意訳したのだと思いますが、英語は扉を閉める場合の説明だと思います。

★P41:セットアップ
A:箱の中から「ダーク・チャーム」を探しだし

実際のオーバーロードカードは「闇の誘惑」と書かれているカードが対応します。これもgoldkightさんのblogで指摘がありますね。

長かったですが、これで一応指摘は全部終了です。あ~今回長かった(涙

何かご意見、誤りのご指摘等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

goldkightさんのblogの指摘で

P7:全ての能力判定に自動的に失敗する。
->全ての能力判定に成功する

とあるのですが、英語版は

コメント
あぅぅ
ども、コメントありがとうございます。
いやぁ、1週間近くkitaの誤訳や誤解がTOPに表示されっぱなしでしたね(汗

今回ご指摘いただいた内容は、この後修正しておきます。ご協力感謝します。
[2012/11/09 21:35] URL | 会長(kita) #ZbXe0exs [ 編集 ]

誤訳など
既に指摘された部分を除いた誤訳や訳の抜けている部分

>>★P24:増援
A:また、他に置き場がないときを除いて、他の「ゾンビ」と3マス以上の間を空けて置かなければなりません。
K:さらに、他のオプションが無い限り、他のゾンビの3区画以内にゾンビを置いてはいけません。

元の英語は
[2012/11/04 22:49] URL | 川柳 #I7dhRHzc [ 編集 ]

おおっと!
ども、コメントありがとうございます。

>★P19特別ルール 転移の紋
>味方の敵のコマもどちらも射線を遮らないで良いと思います。

ということは日本語版でOKなようですね。了解です。

>P6ページの特別ルールの中の村人の能力値判定のことです。

これは私がチェック漏れでした。blogの記事を修正しておきます。どうもありがとうございました。
[2012/11/04 21:42] URL | 会長(kita) #//fc6wc6 [ 編集 ]

goldkight
またもや誤記でですいません。

>>★P19特別ルール 転移の紋
通常の射線のルールの例外をいっていると思うので、neither ~ norで、味方の敵のコマもどちらも射線を遮らないで良いと思います。

>>追記のP7の所
ページの間違いですいませんP7ではなく、
P6ページの特別ルールの中の村人の能力値判定のことです。

英語版は以下の様になっていて
判定を失敗する様に私は読めなかったので。
they pass any attribute test they are called upon to make
[2012/11/04 10:47] URL | またもや #uGcnsdXw [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック