ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



活動報告(第77回&第78回)
 ふと気がついたのですが、『アークライトさんのディセント第2版完全日本語版のエラッタ更新が11/19にあった』って、blogで紹介して無かったですよね? 更新されてます! FFGの公式FAQ内のエレメンタルのエラッタの反映と、このblogでも紹介した差異の1つが盛り込まれています。うちのwikiサイトの方では、すでに11/19エラッタ分を反映してあるのでご確認ください。(英語版公式FAQの訳のほうはこちらにあります)

#wikiを11/23に更新したので、すでに告知した気分になってた(汗

 つぎに、ディセント第2版のプレイ動画をUPされている「のさん」の動画の続きが公開されています。これこれですね。自分はまだ見てないのですが、順調に公開されているようで嬉しく思います。引き続きがんばっていただければ、と思います。

 さて本題。22日夜、23日昼と、連続でディセントをプレイしました。twitterでディセントをプレイした、というと90%以上の確立でディセント第2版のことで、残りの10%のうち9%がプレステのゲームですが、幣サークルの場合はもちろん前版(Golem氏曰くオリジン)です(注:数値はデタラメです)。

 22日夜は先週と同じ「JitD#9 旧友」を、そして23日昼間は「ToI#3 巣」をプレイしまし。23日にプレイした際のインパクトが強すぎて、22日のプレイ内容を思い出したくないくらいなのですが、kitaがオーバーロードをやって、Golemさん&お久しぶりのカルマさん(英雄は4人)にボコボコにされました(涙

 そして23日昼。オーバーロードはカルマさん。橋架さんにも英雄プレーヤーに入っていただき、後はGolemさん&kita。で、プレイしたのですがこれがもう大変。6時間ほどのプレイ時間はいつものとおりなのですが、お互いにぎりぎりの勝負を連発。スキルは英雄側にすさまじく有利なのにもかかわらず肝心なところで攻撃失敗するわOLカードの罠のキャンセル(偉業カード)を失敗するわで、最後の最後まで「この勝負は負けたかな?」とか考えてました。

 おまけに最後の最後にkitaの大チョンボ発覚。もうね、自分自身にホトホト呆れましたよ。おそらく英雄、オーバーロードも合わせて日本で5本の指に入るくらいディセント(前版のこと)をプレイしておきながら、未だにこんなミスするか~! っていうミスです。

 このミスが発覚するまでは、録音してあったこともあり、内容を活動報告記(コピー本)のほうに載せようか、と思っていたのですが、さすがにこのチョンボをそのまま載せるのはまずいと思っています。なんとかテキスト起こしはするつもりですが、果たしていつになるやら(ぉぃ!

 ということで今回はあいまいに。そした
って、そうそう、大事なことを忘れていました。
すでに川柳さんが書き込まれていますが

Descent: Journeys in the Dark Second Edition 拡張 Lair of the Wyrmついに発売!


 で、注文しようと22日朝に公式HPの通販サイトにアクセスしたわけですよ。SoBのフィギュアとかスリーブも注文したかったので。そしたら……



「Out of Stock」


なんかもう、どうしてやろうかと。おそらく年内の再販は無いと思います。Amazon.comに注文? ……アカウント新規ですよね?(Amazon.co.jpのアカウントじゃ買えませんよね? 国内じゃ売ってないし) 書泉ブックマートで入荷してないかなぁ……はぁ(ため息

そしたら!(涙を拭きながら


コメント
無理なさらないように
ども、コメントありがとうございます。

前版(オリジン)は入手も難しいので、なかなか機会は無いと思いますが、頑張ってみてください。ただし「無理なさらないように」

第2版キャンペーンの「幕間」とか「ファイナル」クエストで「長いー!」とか感じるようですと、肌に合わない可能性がありますのでご注意を。
[2013/01/06 22:04] URL | 会長(kita) #zJVVYSDo [ 編集 ]

No title
皆さんありがとうございます、大変参考になりました。
2版のキャンペーン進めるのもヒィヒィ言ってるような面子ですが、運よく機会があればオリジンの方も試してみたいと思います。
[2013/01/02 07:12] URL | teko #zymSCvsA [ 編集 ]

2つ?
ども、コメントありがとうございます。

>まだACT1のクエスト2つ位残ってるよなぁ

キャンペーンやるとしたら、5つのクエストから選びますから残り2つですけど、単体で遊ぶとしたら別に他のクエストでも良いわけですから、残ってるのはもっともっとあると思いますね。

まあ第2版をプレイするかどうかは、私以外の皆さんの気分しだいですね。
[2013/01/01 21:32] URL | 会長(kita) #GA2y3B9U [ 編集 ]

運が良ければ近々
こんばんわお手玉ピエロです。だいたい会のメインのメンバーの考え方では「2版は2版で良いゲーム。だけどディセントと言えば1版。」が強いです。まあ会長が拡張を手に入れたら又2版をやると思うので2版の記事 は(運が良ければ)近々載ると思います。(と言うかまだACT1のクエスト2つ位残ってるよなぁ。)
[2012/12/31 20:10] URL | お手玉ピエロ #oF4TwAo6 [ 編集 ]

そうでしょうね
ども、コメントありがとうございます。

■tekoさん

>そちらでは2版より初版が好きな人が多いんでしょうか?

 そう思います。もともと第2版が発売されるかなり前からDescentをプレイしていましたので、これに慣れちゃってる、というのもあると思いますね。

>初版は2版よりもルールがかなり煩雑でプレイ時間も長い

 え~、事実です(滝汗

現につい最近もとあるクエストをプレイして、勝敗が決定するまでに9時間かかりました(汗

>それを乗り越えられれば

 問題はここですよね。どれだけ大変か、がおそらく皆さんには想像できないのじゃないかな? と思います。

 イメージとしては、第2版でキャンペーンをプレイする際に「最初の流血」からAct Iの3つのクエストの合計4つを一度にプレイする感じ、と思っていただければ良いのではないかと勝手に思っています。

 ルールの煩雑さ、についてですが、例えば幣サークルのwikiの公式FAQや、goldkightさんのblog『理想の名において』の「Descnet FAQ Final July-11-2012」
という記事(最終FAQ)の長さを見ていただければ、FAQやのにこんだけ長いんかい! とツッコミを入れたくなると思います。

 あと前版の最大の特徴だと個人的に思っているのは、ゲームプレイにおける緊張感です。

■Golemさん

>コレジャナイ感が「はぁんぱない」

モンスターを一撃で倒す、等の爽快感も無くなってるので、前版のプレイに慣れていると、実はストレスが貯まりやすいのではないか、と思ったりもしますね。

>私としては、#1~5までのWIZ信者がBofCF以降を否定する勢いに近いかな?

すいません、さっぱり意味がわかりません(涙 あえて自分がたとえるなら、前版をWIZとするなら、第2版はドラクエ、みないなイメージだったりします。
[2012/12/31 00:04] URL | 会長(kita) #b9.tf.jo [ 編集 ]

個人的には
より手軽に楽しみやすくなった感のある2ndですが、買い物や休息、回復も含めて街の存在。フィートカード。OLカードの使用コスト(スレット)等、お気に入りの部分が削られてしまったので、コレジャナイ感が「はぁんぱない」んですよwww
あくまで、個人的に。
私としては、#1~5までのWIZ信者がBofCF以降を否定する勢いに近いかな?

別物であると考えれば、これはこれで面白いゲームであることは保証します!
だからこそ「オリジン」「2nd」と呼んで強く区別していますのですしおすし。
[2012/12/29 13:03] URL | Golem #EpUV/fvM [ 編集 ]

No title
kitaさん達の所では初版の方がよく遊ばれているみたいですが、そちらでは2版より初版が好きな人が多いんでしょうか?
初版は2版よりもルールがかなり煩雑でプレイ時間も長いみたいな話を聞いたのですが、それを乗り越えられればガッツリ楽しめるとかですかね?

今から初版を揃えるのは相当しんどそうですけど!
[2012/12/26 03:24] URL | teko #nqqk/ErM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック