ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



油断してたら(汗
 またしてもご無沙汰です。kita@香川ディセント友の会です。
前回の記事から早3週間。ホント申し訳ない(汗

 ということで、前回の記事の川柳さんのコメントどおり、公式HPには最新の拡張セット「Labyrinth of Ruin」(破滅の迷宮と訳せば良いのかな?)の情報が2回分発信されています。1回目はしばらくの間、D2EのHPにも拡張の公式HPにもリンクが無かったため、川柳さんですら気づくのにしばらくかかった(というかこれはFFGが良くないですよね~)のですが、2回目の発信の際にリンク忘れに気づいたようで、修正されています。

 あと公式HPから最新のFAQがUPされています。4ページしかないのにやたら重い(涙)ので、注意してご覧ください(PDFで5M以上あります)

 というかですよ

なんで「Ver1.2」やねん!

とFAQを見た瞬間にツッコミを入れてしまいましたよ。いつVer1.1が出たんだよ! と思っちゃいました。公式HPでアナウンス無かったですよね?

 そんなこんなでkitaの方はほとんど余裕が無い状態が続いているのですが、日本では無事拡張第1弾の「竜の棲み家」も発売されているようでなによりです(何様やねん>自分)。というか拡張に併せて第2版の基本セットも再販する、とかいう話をネットで見たようなきがするのですが、売り切れ状態が続いているみたいですね。2個同時購入セットも売り切れちゃっているようで、本当にディセント第2版って人気が出たんだなぁ、と感心しきりです。次の拡張の日本語化も決まるんでしょうか? アークライトさんには引き続き頑張っていただきたいな、と思います。余裕ができたらkitaもおっかけます(主に公式FAQとか日本語訳のエラッタの部分で)。

 で、先週末久々にGolemさんと2人でディセント(当然オリジン=初版)を遊びました。いやぁ、楽しかったですね。今回はToI#5という英雄側にとっては高難易度のクエストですが、英雄2人を好きに選ばせ、さらにスキルも好きに選ばせる、という大盤振る舞いをした結果、見事英雄(Golemさん)勝利! という結果となりました。やっぱAcrobatって凶悪スキルだよなぁ(=ザイラも凶悪だよなぁ)……今度はAcrobat無しで勝てるかどうかやってみたいものですね。時間がいつ取れるかわかりませんが(涙

なお選んだ英雄、スキルに関してはGolemさんコメントよろしくね~(ぉぃぉぃ!>自分)
そしたら!
そうそう、忘れていました。香川TRPGガイドの掲示板に、偽人さんが書き込みされています。

MOTTO Game Day in GW 2013開催決定!

日時:2013/5/4 10:00 ~ 5/5 17:00
場所:香川県善通寺市与北町3098 付近の「西原会館」

会場手配がkitaということで、(弊サークルの掲示板にも書きましたが)ディセントは必ず持っていきますので、もしよければご参加ください(ぺこ)。

コメント
6枚のスキル
グレイ・カーとモックは悩んでいた。
フリーコンストラクトという好条件は、逆に選択肢の多さによって我々を苦しませていたのだ。
視線の増加は必須。グレイボグの登場は当然の帰結であった。
せっかくのファイテングスキル、モックにタイガータトゥを持たせるのも妥当である。
モック&コーシャスでスレット縛りを狙っていたので、グレイボグのサブターフュージが1枠埋まる。
ここにきて火力不足に思い至る。
マスターアーチャー、イーグルアイ、レンジャー、インナーファイア、プロダイジー、数々の候補が上がる中、英雄が2人なのだからモンスターのhpは低くなることに気付く。
そうだ、大事なのは火力ではない、手数だ!
モックのウィザードリィスキルがクイックキャスティングとバンプリックブラッドに決まった瞬間だった。
あと1枚のスキルが決まらない。
これだけの好条件である、できれば楽しむだけでなく、勝 ち た い !
あえて禁じ手としていたアクロバットに手が伸びかける。
そういえば、グレイ・カーのアクション変更を活かしたいなら疲労移動が基本だよな。ふと、スキルドが目に止まる。
いつの間にやらグレイボグがアクロバットを習得していた。

ちなみに私が自由選択の際、自粛するのはアクロバット、テレキネシス、ウィンドパクトの3枚である。
タイガータトゥ、スキルド、スウィフトは超強スキルではあるが、ゲームの自然な枠の中におさまる。
しかし、アクロ、テレキはゲームの前提を覆し、ウィンドはシステムそのものを崩壊させるチートスキルだからである。

初期装備はスリング+チェイン+ビットポーション×2、インモレ+レザー+ビットポーションにした。
クロスボウよりもビットポーションがもう1本必要だと思ったのだ。

スタートエリア、バトル宣言のモックが×を1回振り、クイックキャスティングはラウンド1回のみ使用なのを忘れて4発撃とうとしかけた。
OLにカードを消耗するよう指摘され慌てて気づく。
そういえば、最近、クリービングかラピッドファイアしか使っていなかった。
グレイボグが3匹目のビーストマンを倒し、ポーションを拾ってエンド。

以下、続かない!
[2013/04/21 11:54] URL | Golem #Gwp9B2CA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック