ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



Line of Sight
またちょっとルールの話を。今回は『Line of Sight』について。
Descentでは『射線』と訳しているようです。辞書には「視線」が載っているようですが(汗

まずは射線とは、について(基本ルール9ページ右側より)
In order to attack a space, the attacker must have line of sight to it. In other words, the attacking figure must be able to trace an uninterrupted straight line from the center of its space to the center of the space it is targeting. If attacking with a large monster, the overlord player need only trace line of sight from the center of one of the spaces it occupies to the center of the space it is targeting.
区画を攻撃するためには、攻撃者はそこに対して射線を持っていなければなりません。言い換えれば、攻撃するフィギュアはその区画の中央から目標とする区画の中央まで連続した直線を引くことができなければなりません。もし巨大なモンスターによる攻撃の場合、オーバーロードプレーヤーは、巨大なモンスターの占める区画のうち1つの中央から目標とする区画の中央まで射線を引くのみを必要とします。

具体例を示すために、基本ルールの10ページ上側には、射線の例を示す図が載っています。さて、ここで気になることが1つ。

Silhouetteは、自分のフィギュアの右斜め上に射線を持ちます。これは、右斜め上の区画の中央とSilhouetteのいる区画の中央とで直線を引くことができる、ことを意味します。Silhouetteの右側は壁ですが、壁と瓦礫の間の点は射線を通すことができる、ということになります。

では、Silhouetteから3区画右&1区画上の区画はどうでしょう? 10ページの図では、その区画は射線が通っていない(赤くなっていない)としています。しかし、この区画とSilhouetteとの間に直線を引くことができると思うんですけど……

かくに射線の確認は重要で難しい、ということにしておきましょう(滝汗

何かご意見等ありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック