ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



昨年最後の遊会
年末も年末、12/30に久々にディセントがプレイできました。
今回はGolemさん、お手玉ピエロさんのお2人を相手に、JitD#2「ダルノグ兄弟」をプレイしました。英雄は今回4人(2人で英雄2人ずつ)いるからあっさり終わると思っていたんですが……

まずは英雄とそのスキルです。
カルソス:Blessing、Earth Pact、Vampiric Blood
ボグラン:Unmovable、Appraiser、Crack Shot
ナノック:Brawny、Taunt、Alertness
ヴァリカス:Brawler、Ox Tattoo、Divine Retribution

 強キャラに強スキル、という感じの英雄になりました。カルソスもボグランも+2ダメージ(ボグランはまあ制約ありますが)ありますし、Blessingでダメージの底上げが図られています。さらにナノックにTaunt&Alertnessが、ヴァリカスにOx Tattooがありますから、モンスターの移動&攻撃にはかなりの制約を受けます。オーバーロードにとってはかなり辛い状況です。まあ唯一の救いはヴァリカスのDivine Retributionでしょうか。完全に死にスキルになっていますね(と、この時は思っていました、ええ)。

 開始エリアはあっさり倒し、エリア2に向かう英雄たち。ナノックが扉を壊し、ボグランが一気に駆け抜けて魔法陣を解放して街に帰ります。この後がオーバーロードにとって前半最大の山場でしたが、運が悪かったです。Elite Beastman War PartyによってCommand2を得て、スケルトンとソーサラーの攻撃と、ジャイアントのSweep Attackを組み合わせ、ナノックを倒すことに成功したのですが、次が続かず、英雄たちは銀の宝で得た武器を使ってマスタービーストマンやジャイアントを倒し、悠々と街に引き上げます。ジャイアントは2ラウンド後に復活しますが、英雄はその間にエリア3に入り、マスターオーガを倒します。これによりジャイアントを完全に倒すことができ、さらに金の宝で武器のパワーアップを果たしました。

 このまま一気に行くかと思いきや、エリア1に向かった英雄は何故か銀の宝を入手。さらに街に移動して回復&アイテムのパス回しを行い、万全を期します。もう勝てる見込みが無くなったと思っていたオーバーロードは(何をやってるんだ? 何が狙い?)とか思いながらも万が一を狙ってカードとコストを貯め込みます。おかげでDOOM!とEvil Geniusをプレイすることができました。

 最終エリアとなるエリア4に入った英雄たち(ボグランは開始エリアで見張り)。この間にオーバーロードデッキは1周します。おそらくその後Elite Beastman War Partyまで捨てているのを見て、油断したのでしょう。ここで一気に決めるべく、オーバーロードは動きます。まずはPoltergeistで英雄たちを移動させ、Elite Beastman War Party(2枚仕込んでいました)をプレイしてエリア4の通路にマスタービーストマンたちを発生させます。Command2を得たモンスターたちは一気にナノックを倒し、カルソスにも1撃加えます。そこでオーバーロードターンは終了。しかしこれで終わるわけがありません。Ambushをプレイし、マスタービーストマンとビーストマンでヴァリカスを倒し、最後にカルソスを倒せばオーバーロード勝利、というところで気づきました。

あ、ヴァリカス「Divine Retribution」持ってるやん。

 このスキルのせいで憐れマスタービーストマンたちはあっさり消滅。残り達成トークン1で生き残った英雄たちは、もう1つの金の宝を手に入れ、その後ジャイアントも倒し、見事英雄勝利となりました。う~む、自分の詰めが甘いですね。カルソスを先に倒しておけば、ヴァリカスを倒した瞬間にオーバーロード勝利となったのですが。英雄のスキルを確認、把握しておく、という基本ができていないという証拠。まあ英雄側としても油断すると危ないよ、ということを示せただけでもよしとしますかね。

 プレイ時間は7時間ほどかかってしまいました(涙 次の日の農作業が辛かったです。なおお手玉ピエロさんはtwitterで

結果は英雄側勝利だが、「楽勝ムードで気を緩めると逆転させる隙を与える」 申年前に反省オチの最後でした。

とのコメント。反省はともかく、またお相手していただければ幸いです。
そしたら!


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック