ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



第10回遊会より
確認したルールについて

・Mata&Kata
モンスターフィギュアが活力ポーションを踏んでいた時、MataかKataでその活力ポーションを取ることができるか?

まずはファミリアのルールから(抜粋:基本ルール14ページ左下より)
Familiars move like heroes, except that they can move through enemy figures and can end their movement in the same space as another figure.
ファミリアは英雄たちのように移動しますが、彼らは敵フィギュアを通って移動可能で、さらに彼らの移動を他のフィギュアと同じ区画で終了することができます。

さらにMata&Kataのルールから(抜粋:同ページ中央上より)
The familiars can each be given or pick up and carry one item (including potions). They can give a carried item to an adjacent hero (or each other, if they are adjacent) for one movement point.
ファミリアたちはそれぞれ(ポーションを含む)1つのアイテムを与えるまたは拾い上げるおよび運ぶことができます。彼らは運んでいるアイテムを隣接する英雄(または、もし彼らが隣接している場合は互い)に、1移動ポイントで与えることができます。

ということで、モンスターに踏まれているアイテム(活力ポーション)をMata&Kataは拾って運ぶことができる、という結論に達しました。

何かご意見がありましたらコメントよろしくです。
そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック