ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(第2版にあらず)を香川県で楽しんでいるサークルです。


プロフィール

kita

Author:kita
ボードゲーム『Descent Journeys in the Dark』(ディセント)にずっぽりはまってしまった香川県在住のおっさん。
そそのかされて【香川ディセント友の会】の会長を務め、主に自宅をプレイスペースに提供してディセントを楽しんでいる。
メールはjamazake @ gmail.comまで



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



9月のお知らせ
8月の公式サイト(FFG)の更新はありませんでした。(7か月連続)

さて、去る8/13~15は、毎年恒例のゲーム会in善通寺(at西原会館)でした。
ディセント卓は、Golemさんが来られないというのを知っていたため立たないだろうと
kitaは予想してのんびり寝ていたのですが、ウルフウッドさんが希望されたため、
タイマンで勝負してきました。

クエストはJitD#1。ウルフウッドさんはプレイ回数がそれほど多くないのと
英雄3人を1人でプレイする、ということで偉業カード無し&背信コスト無しで
プレイ(つまりオーバーロードカードのカスタマイズ無し&闇の魔法陣無し)

どんな英雄がいたかは今ではさだかではありませんが、
たしか影のボグランがいた、と記憶してます。

というのも、最後のナルサクとの戦いになった時(しかもナルサクは残りHP1)、
金で良い遠距離武器(たしかElven Bowだったかと)を持ち街から出て攻撃する際に、
魔法陣からそのまま攻撃すればよいものをわざわざ近づいたので、OLである私が
Spiked Pitをプレイして穴に落としたため、ボグランは攻撃できず(穴からナルサクに射線が通らず、
穴から出るための疲労もなかった)、そのまま英雄ターンを終了→オーバーロードターンになり、
OLカードを引いたらちょうどカードが無くなったので達成トークンが無くなってオーバーロード勝利となった、
というのを記憶しているからです。

それだけだと「あ~、英雄のプレイミスったのね」なのですが、実はその前のラウンドで
影のボグランがナルサクに攻撃した際、実は影のボグランの特殊能力(ターンの開始時に
ボグランに対して射線の通っていなかったモンスターに対するボグランの攻撃は+2ダメージ)を
すっかり忘れていて、そのターンで実はナルサクは倒されていたのでした。それをお互い忘れて
プレイしてしまい、そのラウンドでナルサクはボグランをタコ殴りにして倒し残り達成トークン1。
復讐に燃えたボグランの攻撃も届かず、となってしまったのでした。
う~ん、まだまだ自分はいろいろ反省すべき点が多いですね。
ウルフウッドさん、すいませんでした(ぺこ)

さて、9月は
第8回四国ゲームワンダーランド
に参加します。当然ディセント初版を持っていきます。
オリジナルクエストに「邪竜神殿」とそれっぽく名前を付けて持っていく予定。
まだ難易度調整してないけどな(滝汗
たぶん立卓しないだろうなぁ……
ということで、ディセント初版に興味のある方、勇気のある方、ご参加お待ちしております(ぺこ)
初心者、未経験者大歓迎です。よろしくお願いいたします。

そしてもう1つ。9/24に実はkitaはとある理由で上京します。その際、eKAZUさんに
ディセント初版プレイしませんか、と持ちかけたところ、快くOKをいただけたので、
遊んできます。楽しみ~

そしたら!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック